メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

トップページ > くらしの情報 > 地域づくり・市民活動 > 地域づくり > 区長・自治会長(基礎的コミュニティ代表者)のみなさまへ

区長・自治会長(基礎的コミュニティ代表者)のみなさまへ

更新日:2021年3月5日

名張市では、区・自治会のことを「基礎的コミュニティ」、区長・自治会長を「基礎的コミュニティ代表者」といいます。
関連する支援、制度等をご案内いたします。詳しくは地域経営室まで。


 

【届出関係】

●「区長をすることになったが、役所への届出は必要?・・・」
基礎的コミュニティ代表者届
区や自治会といった基礎的コミュニティにおいて、その代表者が選出(変更)されたときは、「基礎的コミュニティ代表者届」により、市長に届け出ていただくこととなります。
 →認可地縁団体の場合は併せて「告示事項変更届出書」が必要となります。

基礎的コミュニティ代表者の個人情報の取り扱い
基礎的コミュニティ代表者届の提出により届け出いただいた事項(代表者の氏名、住所及び電話番号)について、市関連機関の利用及び下記からの照会があり必要と判断される場合には、窓口において依頼者の本人確認を経てお答えしています。
⇒区域内で作業する工事業者等、区域内の不動産を所有・使用する者、その予定の者(委任を受けた者を含む)、区域内住民・団体、公的機関等


 

【支援関係】

●「集会所が雨漏りしている・・・地域で修繕したいけど負担が大きい。」
集会所等の新設等および修繕に対する補助金
各地域における集会所等住民共通の施設の建設や修繕に要する経費の一部を補助します。例年実施の前年の9月末日まで要望書を受け付けています。
 

●「区の備品が老朽化している・・・買い替えの資金を助成してほしい」
コミュニティ助成(宝くじ助成)
一般財団法人自治総合センターが、宝くじの社会貢献広報事業として、コミュニティ活動に必要な備品や集会施設の整備等に対して助成を行っています。例年夏頃に事前相談を受付け各地域の申請を地域経営室が取りまとめ、三重県を通じ財団に提出しています。


●「地域で大量の配布物を印刷しなきゃならなくなった・・・どうしよう。」
名張市市民活動支援センター
名張駅近くの複合施設 「Navarie(なばりえ)」内で、市民活動に関わる、場所(会議室)や設備(大判プリンターや印刷機など)の提供、助成金や各種セミナーなどの募集情報の収集や提供、講座の開催などの事業を行っています。



 

【制度関係】

●「地区の清掃活動中に足をねん挫してしまった・・・」
公益活動補償制度
市民が公益活動中に万一事故が起こった場合にケガ等を補償します。
(市から地域への委託契約による草刈業務は公益活動にあたらないため対象外)


●「区で持っている土地の名義が昔の会長の個人名義なんだけど・・・」
認可地縁団体
基礎的コミュニティが法人格を取得し、当該団体名義での不動産登記等が可能となります。名義変更や相続などの問題が一定解消されます。


●「高齢で一人暮らし・・・大きな災害が起きたらどうしよう。」
災害時要援護者支援制度
災害が発生したときや災害のおそれのあるとき、支援が必要な高齢者や障害者の方などに対し、安否確認や情報の提供、避難の誘導などを、地域の助け合いの中で行われるよう支援します。(支援希望者の情報を示した個別台帳を作成していただく必要があります。)


●「公園や道路を地域できれいに・・・」
除草作業等地域委託
市が管理する公園緑地・道路等の草刈や清掃の作業を基礎的コミュニティ、地域づくり組織等に業務委託しています。
⇒各地域の担い手不足が深刻です。他地域での草刈りも行っていただける地域を随時募集しています。(地域経営室までご連絡ください)



 

【基礎的コミュニティ関連行事】

名張クリーン大作戦 (6月上旬)
市民の呼びかけから始まった市民、市民団体、行政、企業が協働で行う市内一斉の清掃美化活動。


市総合防災訓練(11月上旬)
市民が主役の実践的な総合防災訓練。
地域において主に以下のような訓練が行われています。
・避難訓練
・避難所開設・運営訓練
・避難地運営訓練
・地域災害対策本部設置・運営訓練 等
市も地域と連携し避難広報訓練、市災害対策本部設置・運営訓練を行います。


このページに関する問い合わせ先

地域環境部 地域経営室
電話番号:0595-63-7484
ファクス番号:0595-64-2560
メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。