メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報なばり > 広報なばりメールサポーター(「広報なばり」へのご意見) > 「広報なばりメールサポーター」によるアンケート結果 > 令和元年度アンケート結果 > 3-1号についてのアンケート結果

3-1号についてのアンケート結果

更新日:2020年03月16日

今号は、43人の「広報なばりメールサポーター」からアンケートが寄せられました。

ご協力ありがとうございました。

特集 「この春、誕生!人が集い、人がつながる、新しい交流拠点」について

この春、赤目四十八滝の入山口にオープンする赤目自然歴史博物館と市民情報交流センター内で本格始動する多文化共生センターを紹介します。

特集の内容は理解できましたか?

  • よく分かった…23人
  • だいたい分かった…17人
  • 少し分かりにくかった…1人
  • よく分からなかった…2人

興味が持てましたか?

  • 興味が持てた…36人
  • 興味が持てなかった…7人

分かりにくい記事はありましたか?(主な物を抜粋)

特になし

ご意見・ご感想(主なものを抜粋)

特集 この春、誕生!人が集い、人がつながる、新しい交流拠点

  • 名張も忍者ゆかりの土地なので、観光客誘致のためにも、忍者に関することをもっとPRした方がいいと思います。

  • コロナウイルスで各イベントなどが中止、延期で残念です。早く安全になって欲しいです。

  • こういった場所があると、親戚や友達が来た時に、その場所の歴史を知ることができるのでいいと思う。

  • 観光客増加につながるといいですね。

  • 赤目に新たな観光スポット誕生ですね。忍者というとお隣の伊賀市の方が有名ですが、歴史的には名張でも活動していたということで、観光資源として活かしていって欲しいと思います。

  • 名張の良さや歴史などに触れる良いスポットとして、多くの人が利用できるのは素晴らしい事だと思います。

  • 忍者のルーツに興味があるので、楽しみです。

  • 自然歴史博物館、ぜひ行ってみたいと思った。

  • どんな自然歴史博物館か観に行ってみようと思いました。

  • 多文化共生センターの記事に興味を持った。子供にも手がかからなくなって来たので、サポーター募集に興味を持ちました。

  • 隣市の伊賀市を含めると約6000人ほどの外国人の方が伊賀地域に住んでいます。出生率が増えても出生数が増えない人口減少をむかえることを考えると、名張市が心身ともに安心して住める街であると遠来の外国人の方に体感してもらい、彼らがもっている多様な文化も活用して地域を活性化し、彼ら自身にも活躍してもらって新しい形の日本の社会を築いてほしいと思います。

  • 赤目が地元なので、あんな素晴らしい滝も珍しいオウサンショウウオもあるからもっと人気になったらいいなと思っています。有名な忍者のことを打ち出していくのもいいなと思いましたが、からくり屋敷などもっと体験型の楽しめるものがあればなと思っています。

  • 赤目の忍者の道具や生活用品などを見てみたいので見学したい。

  • 赤目の自然歴史博物館に行ってみたい!沢山のイベントや行事が中止になってますが、早く感染症が落ち着いて、普通の生活に戻るよう願ってます。

  • 新型ウィルスのおかげで、春に訪れてみたいなあというのが、そんな気になれてません。世相にあわせたタイムリーな記事を期待します。批判ではありませんのでご気分悪くしないでください。すみません

  • 赤目自然歴史博物館のオープン、楽しみですね。ただ、新型コロナの影響でセンバツ高校野球も中止が決まったようですが、こちらのオープンは予定通り行われるのでしょうか?

 

4月からのごみの日程表について

  • 4月からゴミの分別も変わるので気をつけていこうと思う。

  • ごみの分別方法変更についてですが、容器包装プラのゴミが燃やすごみになったことは了解しました。ただ、それならば可燃ごみのゴミ収集の回数を週2回を3回に変更してくださることを強く要望します。理由は容器プラ分のゴミが増えるとゴミ出しの日にゴミが溢れることが予想されるからです。私達の班はゴミをすてる大きな鉄の箱を共同で購入して利用しています。現在でも可燃ごみの日は箱がいっぱいになります。正月明けのゴミの日は箱に入りきらず箱の外にゴミを出すほかありませんが、カラスや猫のいたずらの害をいつも心配しています。私の家はちょうどゴミ出しの場所の前なので動物にゴミを荒らされるととても困ります。それが我慢できず、みなさんに声をかけて大きな箱を購入したのです。それなのに今後収集回数が今までの2回で容器プラが同じ日にゴミに出されるとなると箱に入りきりません。きっとトラブルになると思います。年明けのゴミ収集のことも考えると今から心配です。ですので可燃ごみの収集回数を3回にしてください。お願いします。

  • ゴミの出し方がかなり変わるので気を付けなければならないと思っています。なんだか昔に戻ったような分別になっているような気がしています。今後もゴミについては、情報共有いただきたいことと私個人の行動についても考えていかなければいけないと改めて思いました。

  • ゴミの分別変更は、今までプラスチック包装を指定のゴミ袋でなくても出せたので良かったが、今後は指定ゴミ袋なので費用が高くなるので、残念です。ゴミ袋安くして欲しいです。

  • 今号3面以下にもあるが、「ごみの分別方法」が4月から変更と記されている。しかしながら市民に経過について説明していないことを記していない。13年間現在の分別方法を厳しく遵守してきたことへの敬意も見られない。しかも唐突な変更実施である。市民感覚からするとあり得ない。これまで無料であった容器包装プラスチックごみは今後は有料袋使用になる。実質に、市民に負担増をさせるものである。しかも伊賀市と同じ焼却炉を使用しながら、市民が使用するごみ袋の単価は名張市がはるかに高価である。二重に負担感が増す。行政は丁寧に経過説明をしなければならないし、4月実施は避けるべきである。少なくとも経過については記事にすべきではなかったか。

編集後記<担当者からヒトコト…>

新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策にかかる対応について、国からの要請等に基づき、市では、小中学校の臨時休業や図書館をはじめとする文化施設等の休館、大人数が集まる多くのイベント等も中止の決定をしています。広報なばりでお知らせした内容も中止などが相次いでいますので、ご了承ください。市民の皆さまには、手洗いや咳エチケットなど感染症予防にしっかりと取り組んでいただきたいと思います。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。