メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

10-2号についてのアンケート結果

更新日:2018年11月2日

今号は、40人の「広報なばりメールサポーター」からアンケートが寄せられました。
ご協力ありがとうございました。

 

私、名張に決めました について

少子高齢化が進み、全国的に人口が減少していく中、名張を選んで移住してくれる人がいます。今号では、2人の移住者から話を伺うとともに、本市の移住・定住の取り組みをお知らせします。

  • よく分かった…23人
  • だいたい分かった…16人
  • 少し分かりにくかった…1人
  • よく分からなかった…0人

興味が持てましたか?

  • 興味が持てた…37人
  • 興味が持てなかった…3人

分かりにくい記事はありましたか?(主なものを抜粋)

  • 移住取り組みの成果

ご意見・ご感想(主なものを抜粋)

私、名張に決めました について 

    • 移住して来られた方の経験談読みました。他には、大阪が近いから働きに出る人達も多いとは思うが、住むのはやっぱり名張が良いって思ってもらえたら何より嬉しい。住み心地が良いって思ってもらうには、物理的な面で主に買い物・病院・保育園が充実しているか。それに関しては、待機児童もまだあり私も一人親でフルタイムで働いているのに落ちたので保育園(保育士)が足りてないと実感しました。また、雑貨店がなくて人にちょっとプレゼントしたい時にわざわざ他の街にまで出かけないといけなくて大変という話をよく周りとします。また、精神的な面では、やっぱり人が良いと住み続けたいと思ってもらえると思います。都会にない田舎の良さでよく、人の温かさ、密な人間関係をイメージする人も多いと思います。長年、この地に住んでいる人も多いとは思いますが、新しく来た人を温かく迎え入れる気持ちをみんなが持てるといいなと思います。
    • 移住してよかったと思ってもらえるように、人の暖かさで盛り上げていきたいです。
    • 他県から名張に移住される方も居るけど、名張出身の方で20代は仕事で他県へ行き、30代になって結婚とともに名張へ帰ってくる方もたくさん居てくれてると思います。そういう話しを聞くと、名張は帰ってきたくなる場所、子育てしやすい場所なんだな。と感じます。
    • 名張に移住されて子供が増える事は大変いいことと思います。これからも移住者が快適に住めるように支援が必要でしょう。
    • 名張へUターンしてきてほしいですね。名張を盛り上げて良いところにしていきたいですね。
    • 名張市に空き家バンクがあるのを初めて知りました。これから、どんどん空き家が増えると思うので、活用してもらいたいです。
    • 名張に移住された方の記事を読み、名張の良さを再確認しました。移住・定住がさらに増えることを願っています。
    • 市の移住の取り組みは内容がしっかりしていると思った。
    • 確かに、田舎過ぎず、都会へのアクセスもいいとは思う。でも私自身は大阪で生まれ育って名張で家を建てたのですが、住んでみて思ったのは、環境も大事ですが子供の学校、就職、病気になった時の病院など考えたとき。あと、夫婦二人だけになった時にいつまで運転できるのかなど都会の便利さを求めてしまうことがあります。
    • 6年前結婚を機に名張に住むことになりました。三重県内ですが、私の地元よりも名張市はとても住みやすいです。もっとそれを発信して名張市に移住、定住する人が増えることを願います。
    • 中古住宅のリノベーション支援の対象が、移住者のみなのが以前から気になっています。なぜ在住者には支援がないのでしようか?他の市でも、移住者に対する支援をしているので、そちらへ流れてしまうような気がします。
    • 退職を目の前に、地元名張での仕事を探しています。永住を視野にいれての転職。もっと受け入れ態勢が整うことを願います。
    • なかなかな名張市の人口が増えないことは残念であるが、様々な施策で若い人が家庭を持ち生活できる環境であることを特集で知っていただきたい。第2弾、3弾もお願いしたい。
    • 空き家対策にもなると思いますし、積極的な受け入れに大賛成です。
    • 今の時代、若い世代の移住は大歓迎だ。名張市は大阪のベッドタウンという位置のため住宅は手に入りやすいが転居した後の女性の仕事を探すのが難しい。子どもを持つ親として名張市内の仕事が望ましいが実際のところ市外の求人が多い。それと働く女性として保育園等の待機児童問題や学童の預けられる時間が18時と短いので、共働きの夫婦がどちらも突然の残業しなければならない場合、お迎えをどう解決していくのか。
    • 特集で紹介されている公的移住施策には空家バンクやリノベーション支援などが有るようですが、特集版として他の施策も具体的に紹介した方が良いと思いました。
    • 毎号を入手するときに人口を確認するのですがここ連続して減少傾向ですね。大きな企業や学校を誘致するのが手っ取り早いのでしょうが容易ではありませんね。私は桔梗が丘に住んでいますが、空き家の販売広告をよく見かけます。転出の主原因は何なのでしょうか?
    • 最近空家が増えていますが、これといった対策が見られません。自治会サイドからも何か方策が必要ですね
    • 大阪に住んでおられたご夫婦が老後を田舎ですごしたいと赤目に越して来られました。が、歳を重ね車も運転出来なくなった時、大阪の方が便利だとまた大阪に戻られました。若者が名張に移住してくれるのは、勿論有難い事ですが、お年寄りにも優しい町であってほしいと思います。


その他のご意見 

  • 今年は、夏から秋になった花火大会楽しみです。日にちがわかって良かったです。
  • 11月の花火は初めて。とても楽しみです。
  • 最後のページのひまわりの話は良かったです!

 

編集後記<担当者からヒトコト…>

  今回、名張に移住してくれた人たちの話を伺うことができました。自分の将来を見据えながら、名張での暮らしを見つけていらっしゃることが印象的でした。
 それから、空き家バンクについて紹介するにあたって登録物件を見ていると、住宅街の物件だけでなく、静かな田舎の古民家もあります。ぜひ、一度サイトをご覧になって欲しいと思います。

 

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、リンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815
メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

広報なばり10-2号についてのアンケート結果を公開しています