メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

トップページ > 産業・事業者 > 商工業 > お知らせ(商工業) > 令和3年度名張市テレワーク施設等整備事業の募集について

令和3年度名張市テレワーク施設等整備事業の募集について

更新日:2021年5月21日

名張市テレワーク施設等整備事業~名張でニューノーマルライフを!!~

名張市内の空き店舗、空きスペース、空き家等を活用し、テレワーク施設等として整備する経費の一部および施設運営にかかる経費の一部を支援します。
新型コロナウイルス感染症の影響で、社会の情勢も大きく変わる中ニューノーマル時代のベッドタウン名張として魅力を発信するためにテレワーク施設等を整備するとともに、企業移転、移住を通し、魅力ある暮らしと仕事づくりを応援できる環境づくりを進めていき、ライフスタイルも含め、様々な情報を全国へ発信し、名張の魅力を伝えます。この機会にぜひご応募ください!

採択件数 各事業1件
応募数 1法人につき1応募

 

各事業の説明

ア)空店舗活用型テレワーク事業
 現在名張市内で利用されていない空店舗をテレワーク施設等として整備し、空店舗の利活用を行う事業とする。
 施設整備・運営に係る経費として、上限4,500万円、プロモーション、マッチング等プロジェクト推進に係る経費として上限400万円の補助を行います。

 イ)スペース活用型テレワーク事業
 現在名張市内の事業所等で空いているスペースを活用しテレワーク施設等として整備し、事業所スペースの有効活用を行う事業とする。
 施設整備・運営に係る経費として、上限2,000万円、プロモーション、マッチング等プロジェクト推進に係る経費として上限200万円の補助を行います。

 ウ)空き家活用型テレワーク事業
 現在名張市内の古民家等の空き家を活用しテレワーク施設等として整備し、空き家の有効活用を行う事業とする。
 施設整備・運営に係る経費として、上限2,000万円、プロモーション、マッチング等プロジェクト推進に係る経費として上限200万円の補助を行います。

【共通事項】
 上記事業について、当該施設の利用促進や、様々な波及効果をもたらす特色ある設備・機能を付帯した場合、その整備費用も補助対象とします。ただし、付帯施設整備に係る経費は、施設整備(付帯施設含む)・運営経費の20%以内の金額が上限となります。
 なお、施設整備費用については、パソコンや什器類等の設備も含まれます。

募集対象企業 

本事業の募集対象企業は、以下の要件をすべて満たす企業であることが必要です。

(1)企業が応募時点で法人格を有し、当事業において利用企業から使用料等を徴収でき、利益を得ることができること。
(2)訴訟や法令順守上の問題を抱えている企業でないこと。
(3)応募時点での所在地において国税及び地方税等に滞納がないこと。
(4)法人役員が、暴力団等の反社会的勢力でないこと、また、反社会的勢力との関係を有しないこと。また、反社会的勢力から出資等の資金提供を受ける場合も対象外とします。
 

募集要件

募集については以下の要件をすべて満たすことが必要です。

(1)令和3年度内にテレワーク施設等を整備し、かつ、テレワーク施設等を利用した事業を開始できる企業
(2)公序良俗に問題のない事業であること
(3)公的な資金の使途として社会通念上、適切であると判断される事業であること
(4)国、県及び名張市の他の補助金を活用する事業でないこと
(5)本事業と同一部分で他の補助金を活用しないこと
(6)事業開始前後において名張市や各種メディアからの取材依頼やメディアへの出演依頼があった場合に誠実に対応できる企業であること
(7)名張市内の空き家、空き店舗、自己等が所有する建物等既存の建物を利用した事業であること。
(8)事業を行う前、また、事業開始後において関係する法律や条例等を遵守し、抵触することがないよう十分注意すること。
(9)事業開始後、令和6年度末までに下記に定める事業におけるKPI(重要業績評価指数)を達成できる見込みのある企業

KPI値 施設利用企業数 施設利用企業のうち、三重県外の企業数 施設利用者数
(のべ年間利用者)
施設利用者のうち、県外の利用者数の割合
ア)  空店舗活用型 5社以上 3社以上 8,000人 60%
イ)スペース活用型 5社以上 3社以上 4,000人 60%
ウ)  空き家活用型 5社以上 3社以上 1,000人 60%

※施設の利用者数とは1年間に施設を利用した延べ人数となります。
 例えば、1人(同一人物)の人が毎日1年間利用した場合は365人になります。
※応募企業がテレワーク施設を利用することは可能ですが、上記の目標を達成する必要がありますので、同一施設に他社の企業を誘致する必要があります。
※その他、目標値に関する考え方については、「内閣官房・内閣府総合サイト 地方創生」ホームページ内、地方創生未来技術支援窓口に掲載の「地方創生テレワーク交付金に関するQ&A」の記載内容に準拠しますので、当該資料を確認ください。
 

補助金区分および補助内容

 補助区分及び補助対象事業

 補助金名称 施設の利用定員 補助対象事業
ア)空店舗活用型テレワーク事業 整備・運営補助金 20人以上50人未満 施設整備・運営に係る経費(施設改装費、設備費、運営経費等)
プロジェクト推補助金 プロモーション、マッチング等プロジェクト推進に係る経費
(謝金、旅費、マーケティング調査費、広報費、外注費等)
イ)スペース活用型テレワーク事業 整備・運営補助金 20人未満 施設整備・運営に係る経費(施設改装費、設備費、運営経費等)
プロジェクト推補助金 プロモーション、マッチング等プロジェクト推進に係る経費
(謝金、旅費、マーケティング調査費、広報費、外注費等)
ウ)空き家活用型テレワーク事業 整備・運営補助金 20人未満 施設整備・運営に係る経費(施設改装費、設備費、運営経費等)
プロジェクト推補助金 プロモーション、マッチング等プロジェクト推進に係る経費
(謝金、旅費、マーケティング調査費、広報費、外注費等)

 

※施設の利用定員については、おおよその目安となります。KPIを達成できる利用定員を設定してください。ただし、空店舗活用型テレワーク事業については必ず20人以上の定員を設定してください。

〇補助区分及び補助率について
補助区分及び補助率については下記の2種類になります。
1、高水準タイプ
単なるテレワーク施設としてではなく、地域資源の活用や名張市でテレワーク施設を行うメリットを打ち出す施設として整備する場合や、当該施設の利用促進や、様々な波及効果をもたらす特色ある設備・機能を付帯した場合は高水準タイプとして補助率が10分の9となります。

2、標準タイプ
単なるテレワーク施設として整備する場合は標準タイプとして補助率が3分の2となります。
 
※補助金については令和3年度のみとし、令和4年度以降は企業の自主財源で運用を行うこと。

補助金名称  補 助 額 補 助 率
ア)空店舗活用型テレワーク事業 整備・運営補助金 上限4,500万円 【高水準タイプ】経費の10分の9

【標準タイプ】経費の3分の2
プロジェクト推進補助金 上限400万円 経費の10分の10
イ)スペース活用型テレワーク事業 整備・運営補助金 上限2,000万円 【高水準タイプ】経費の10分の9

【標準タイプ】経費の3分の2
プロジェクト推進補助金 上限200万円 経費の10分の10
ウ)空き家活用型テレワーク事業 整備・運営補助金 上限2,000万円 【高水準タイプ】経費の10分の9

【標準タイプ】経費の3分の2
プロジェクト推進補助金 上限200万円 経費の10分の10


 

事業スケジュール

募集期間 令和3年5月21日(金曜日)~令和3年7月9日(金曜日)17時まで

            ※郵送の場合は7月9日の消印有効
審査日程 1次審査  書類審査          (7月中旬)

2次審査  面談・プレゼンテーション  (7月下旬)
補助事業期間 令和3年8月1日(日曜日)~令和4年2月28日(月曜日)
完了報告日 令和4年3月10日(木曜日)まで
補助金支払 令和4年3月末
※スケジュールは変更になる場合があります。

※詳しくは下記ファイルの募集要綱をご覧ください。
AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、リンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

産業部 商工経済室
電話番号:0595-63-7824
ファクス番号:0595-64-0644
メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

令和3年度名張市テレワーク施設等整備事業の募集について