メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > くらし > 人権 > 新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

更新日:2020年05月19日

新型コロナウイルスの感染が全国的に拡大する中、インターネットの掲示板やSNS等で、感染された方やその家族、外国から帰国された方や外国人の方、医療機関従事者やその家族などに対する心ない誹謗中傷、勤務先や行動先への風評被害が懸念される情報、根拠のない差別的な書き込み等が広がっています。新型コロナウイルスの感染を理由とした不当な差別、偏見、いじめは決して許されるものではありません。

ウイルス感染は他人事ではありません。今日にも自分や大切な家族にも起こりうる事態であるということを認識し、偏見や差別につながる行為、人権侵害、誹謗中傷等は絶対に行わないでください。感染された方は社会全体で守るべきです。誤った認識や不確かな情報に惑わされて、人を傷付けることのないよう、また、不確かな情報を拡散しないよう、国や県・市が発表する正しい情報に基づいて、冷静な行動をお願いいたします。

○法務省の人権擁護機関では、不当な差別やいじめ等の様々な人権問題についての相談を受け付けています。

 みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)

開設時間   平日8時30分から17時15分まで
電話番号   0570-003-110

〇法務大臣メッセージ

令和2年5月1日(金曜日)に森法務大臣より、新型コロナウィルス感染症に関連する不当な差別や偏見は決してあってはならない旨の緊急メッセージが発せられています。同メッセージは以下のYouTube法務省チャンネルにアップされるとともに、法務省人権擁護局公式ツイッターなどの同局公式SNSで発信されていますのでご覧ください。

 ・YouTube法務省チャンネル https://youtu.be/RYS00qCxo-0
 ・法務省人権擁護局公式ツイッター https://twitter.com/MOJ_JINKEN/status/1256054316156112896


【関連リンク】

厚生労働省:新型コロナウイルス感染症に関して厚生労働省を装った詐欺にご注意ください

法務省人権擁護局:新型コロナウイルス感染症に関連して

三重県|新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

三重県|感染症:新型コロナウイルス感染症について

三重県|新型コロナウイルス感染症に関連した肺炎に関する電話相談窓口の設置について

名張市役所|新型コロナウイルス感染症について

このページに関する問い合わせ先

地域環境部 人権・男女共同参画推進室
電話番号:0595-63-7909(人権啓発)・ 0595-63-7523(同和対策)・ 0595-63-7559(男女共同参画)
ファクス番号:0595-63-4677

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。