メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > テーマで探す > スポーツ > 三重とこわか国体・三重とこわか大会関連情報 > 名張市民ホッケー場のオープニングセレモニーが開催されました。

名張市民ホッケー場のオープニングセレモニーが開催されました。

更新日:2019年08月19日

令和元年8月10日(土曜日)、この度完成した「名張市民ホッケー場」のオープニングセレモニーが開催されました。

200名を越える方々が会場に集まり、セレモニーを盛り上げてくれました。

 名張市民ホッケー場は、三重県では初となる、日本ホッケー協会の公認人工芝競技場であり、2年後の令和3年に開催される、三重とこわか国体・三重とこわか大会の「ホッケー競技」の競技会場地にも選定されています。

                              【テープカットの様子】
te-pucut.JPG


テープカット後、百合小のこどもたちによる「とこわかダンス」の披露、亀井利克市長の始球式、古里竜二選手と津田志穂選手の元日本代表の2選手による、ホッケーテクニックの紹介がありました。

  • dance.JPG
  • sikyusiki.JPG
  • demonsuto.JPG


オープニングセレモニー終了後、会場に集まった方々もホッケー場に入り、ホッケーを体験しました。また、その後には、毎月第2,4土曜日を中心に行われているホッケースクール、名張青峰高ホッケー部の練習等が行われました。



toto.jpg
名張市民ホッケー場は、スポーツ振興くじ助成金をうけて整備されたものです。


このページに関する問い合わせ先

教育委員会事務局 国体推進室
電話番号:0595-63-7260
ファクス番号:0595-63-9848

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。