メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

トップページ > 子育て・教育 > 小・中学校 > 調理員が新型コロナウイルスに感染した場合の学校給食の取り扱いについて

調理員が新型コロナウイルスに感染した場合の学校給食の取り扱いについて

更新日:2021年5月7日

 

 学校給食を安全・安心に提供するため、常日頃から職員の感染症予防に努めており、健康観察を含めた健康管理にも細心の注意を払っているところです。
 しかしながら、給食調理員等が新型コロナウイルス感染者になる可能性もあり、その場合は施設消毒により給食調理場の閉鎖や給食調理員の不足により、給食の提供ができなくなる場合があります。
 つきましては、このような状況が発生した場合、下記の対応をとることといたしますのでご理解いただきますようお願いします。

1.給食調理員が感染者となった場合
(1)感染が判明した日の翌日までに施設の消毒を実施します。そのため、感染が判明した日の翌日は給食の提          
  供ができないため、短縮授業(給食の提供は休止)とします。
(2)同じ職場の給食調理員が感染者または濃厚接触者、接触者となっている可能性があるため、感染が判明し
  た日の翌々日から2日間の給食も提供ができないため、保護者の方でお弁当の準備をお願いします。
(3)感染等の状況により、給食調理員が不足し、調理が困難な場合は当面の間、給食の提供を休止いたしま
  す。その間、職員の勤務体制が整うまでは保護者の方によるお弁当の準備をお願いします。

2.給食調理員が濃厚接触者、接触者等となった場合
(1)給食調理員が濃厚接触者、接触者となった場合、あるいは同居の家族がPCR検査等を受けた場合は、その
  職員を自宅待機とします。
(2)自宅待機となった以外の給食調理員で給食を提供できる体制が整っている場合は、適切な衛生管理のうえ
  通常の給食を提供します。
(3)複数の給食調理員が濃厚接触者、接触者となった場合は、職員の不足により調理が困難となるため、給食 
  の提供は休止します。
(4)給食の提供が休止となった場合、保健所の指示等により給食調理員の勤務が認められるまでの間は、保護
  者によるお弁当の準備をお願いします。


このページに関する問い合わせ先

教育委員会事務局 教育総務室
電話番号:0595-63-7849(総務担当)・0595-63-7873(施設・学事担当)
ファクス番号:0595-63-9848
メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。