メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

トップページ > くらしの情報 > International Residents がいこくじん の みなさんへ > 【COVID-19】新型(しんがた)コロナウイルスについて > 【COVID-19】がいこくじん の みなさんへ オミクロン株対応(かぶたいおう)ワクチン接種(せっしゅ)について(2022年11月11日更新)

【COVID-19】がいこくじん の みなさんへ オミクロン株対応(かぶたいおう)ワクチン接種(せっしゅ)について(2022年11月11日更新)

更新日:令和4年11月11日

オミクロン株対応(かぶたいおう)ワクチンを打(う)ってもらうためのお知(し)らせ

名張市(なばりし)では、国(くに)の考(かんが)えに従(したが)って、新型(しんがた)コロナワクチンの1回目(かいめ)と2回目(かいめ)を
打(う)った12歳(さい)(いじょう)の人(ひと)に、オミクロン株対応(かぶたいおう)ワクチンを打(う)ちます。無料(むりょう)です。

オミクロン株対応(かぶたいおう)ワクチンは、新型(しんがた)コロナワクチンの中(なか)でオミクロン株(かぶ)に対応(たいおう)した
成分(せいぶん)が入(はい)っているため、短(みじか)い時間(じかん)ではあるものの、今(いま)までのワクチンより
強(つよ)い予防効果(よぼうこうか)と、新型(しんがた)コロナウイルスに感染(かんせん)することや、症状(しょうじょう)が出(で)ること、重症(じゅうしょう)になることを防(ふせ)ぐ効果(こうか)があると考(かんが)えられています。
オミクロン株対応(かぶたいおう)ワクチンを打(う)ちたい人(ひと)が、早(はや)くワクチンを打(う)てるように、
個別接種(こべつせっしゅ)〔個人(こじん)の病院(びょういん)で打(う)つ〕方法(ほうほう)と、
集団接種(しゅうだんせっしゅ)〔名張市(なばりし)の会場(かいじょう)などで打(う)つ〕を始(はじ)めます。

オミクロン株対応(かぶたいおう)ワクチンは誰(だれ)が打(う)てますか?

新型(しんがた)コロナワクチンの1回目(かいめ)と2回目(かいめ)を打(う)った12歳(さい)(いじょう)の人(ひと)が、
オミクロン株対応(かぶたいおう)ワクチンを打(う)つことができます。

オミクロン株対応(かぶたいおう)ワクチンはいつ打(う)てますか?

前回(ぜんかい)のワクチンを打(う)ってから3か月(げつ)がたった日(ひ)です。

【例(れい)】2022年(ねん)6月(がつ)15日(にち)に前回(ぜんかい)のワクチンを打(う)った人(ひと)は、
2022年(ねん)11月(がつ)15日(にち)からオミクロン株対応(かぶたいおう)ワクチンを打(う)つことができます。

※2022年(ねん)10月(がつ)21日(にち)から、オミクロン株対応(かぶたいおう)ワクチンを打(う)てる日(ひ)が5か月(げつ)から
 3か月(げつ)になりました。。

ワクチンはいつまで打(う)てますか?

ワクチンを打(う)つことができるのは、2023年(ねん)3月(がつ)31日(にち)までです。

どんなワクチンを使(つか)いますか?

オミクロン株(かぶ)と、これまでに流行(はや)った株(かぶ)に対応(たいおう)したワクチンを使(つか)います。
1人(ひとり)につき、1回(かい)だけ打(う)つことができます。


使(つか)うワクチンと、ワクチンを打(う)てる年齢(ねんれい)

使(つか)うワクチン ワクチンを打(う)てる年齢(ねんれい)
ファイザーという会社(かいしゃ)のワクチン 12歳(さい)以上(いじょう)の人(ひと)
モデルナという会社(かいしゃ)のワクチン 18歳(さい)以上(いじょう)の人(ひと)

10月(がつ)1日(にち)からは、12歳(さい)以上(いじょう)の人(ひと)は、1回目(かいめ)と2回目(かいめ)以外(いがい)に打(う)つワクチンが
オミクロン株対応(かぶたいおう)ワクチンになります。
11月(がつ)1日(にち)から、今(いま)までの新型(しんがた)コロナワクチンが、オミクロン株(かぶ)(BA.4-5)に対応(たいおう)したワクチンになります
名張市(なばりし)では今年(ことし)の10月(がつ)1日(にち)から、病院(びょういん)で、オミクロン株(かぶ)(BA.1)と、
これまでに流行(はや)った株(かぶ)に対応(たいおう)したワクチンを使(つか)っていましたが、オミクロン株(かぶ)(BA.4-5)に
対応(たいおう)したワクチンがこの前(まえ)認(みと)められたので、国(くに)から名張市(なばりし)に届(とど)くことになりました。
そのため、11月(がつ)から、名張市(なばりし)の個人(こじん)の病院(びょういん)と、集団接種(しゅうだんせっしゅ)の会場(かいじょう)で
使(つか)うワクチンは、オミクロン株(かぶ)(BA.4-5)に対応(たいおう)したワクチンになります。

【個別接種(こべつせっしゅ)[個人(こじん)の病院(びょういん)で打(う)つ]】
名張市内(なばりしない)の30軒(けん)の病院(びょういん)では、11月(がつ)1日(にち)〔火曜日(かようび)〕を
過(す)ぎてから順番(じゅんばん)に、オミクロン株(かぶ)(BA.4-5)に対応(たいおう)したファイザーという会社(かいしゃ)の
ワクチンを使(つか)うようになります。
病院(びょういん)によって、オミクロン株(かぶ)(BA.4-5)に対応(たいおう)したワクチンを打(う)てるようになる日(ひ)や、
予約(よやく)の方法(ほうほう)が違(ちが)います。
それぞれの病院(びょういん)の予約(よやく)の方法(ほうほう)、受付時間(うけつけじかん)を確認(かくにん)して、予約(よやく)してください。

【集団接種(しゅうだんせっしゅ)【名張市(なばりし)の会場(かいじょう)などで打(う)つ】
集団接種(しゅうだんせっしゅ)は、11月(がつ)1日(にち)〔火曜日(かようび)〕を過(す)ぎると、全部(ぜんぶ)の会場(かいじょう)で、
オミクロン株(かぶ)(BA.4-5)に対応(たいおう)したファイザーという会社(かいしゃ)のワクチンを使(つか)うようになります。
ワクチンについて
今(いま)の国(くに)の考(かんが)えでは、
・免疫(めんえき)を刺激(しげき)する性質(せいしつ)を比(くら)べたとき、今(いま)までに流行  (はや)った株(かぶ)と、
今(いま)流行(はや)っているオミクロン株(かぶ)との差(さ)を比(くら)べると、オミクロン株(かぶ)の中(なか)で
種類(しゅるい)の差(さ)はあまりないとされています。
・オミクロン株対応(かぶたいおう)ワクチンは、オミクロン株(かぶ)成分(せいぶん)が入(はい)っているので、オミクロン株(かぶ)の
(BA.1)と(BA.4-5)のどちらにも、今(いま)までのワクチンより効果(こうか)が大(おお)きいと考(かんが)えられています。
・また、オミクロン株(かぶ)と今(いま)までに流行(はや)った株(かぶ)の2つの成分(せいぶん)が入(はい)っていることで、
これからの変異株(へんいかぶ)にも効果(こうか)があると考(かんが)えられています。

国(くに)では、オミクロン株(かぶ)の成分(せいぶん)が入(はい)ったワクチンは、オミクロン株(かぶ)(BA.1)と(BA.4-5)のどちらも、
今(いま)までのワクチンより大(おお)きい効果(こうか)があると考(かんが)えられているので、
早(はや)めにオミクロン株(かぶ)(BA.1)と(BA.4-5)のどちらかのワクチンを打(う)ってください。

接種券(せっしゅけん)〔クーポン券(けん)〕を送(おく)る日(ひ)、
予約(よやく)について

ワクチンを打(う)てる人(ひと)
接種券(せっしゅけん)を送(おく)る日(ひ)
・3回目(かいめ)の接種券(せっしゅけん)を持(も)っている人(ひと)
(3回目(かいめ)のワクチンを打(う)ってない人(ひと))
前(まえ)に名張市(なばりし)から送(おく)ってある、3回目用(かいめよう)の接種券(せっしゅけん)を使(つか)ってください
 ・4回目(かいめ)の接種券(せっしゅけん)を持(も)っている、
60歳(さい)以上(いじょう)の人(ひと)
・4回目(かいめ)の接種券(せっしゅけん)を持(も)っている
12歳(さい)から59歳(さい)の人(ひと)で、基礎疾患(きそしっかん)の病気(びょうき)がある人(ひと)や、病院(びょういん)などで仕事(しごと)をしている人(ひと)〕
前(まえ)に名張市(なばりし)から送(おく)ってある、4回目用(かいめよう)の接種券(せっしゅけん)を使(つか)ってください
・3回目(かいめ)のワクチンをすでに打(う)っている、12歳(さい)から59歳(さい)の人(ひと) 
・3回目(かいめ)のワクチンをすでに打(う)っている60歳(さい)以上(いじょう)の人(ひと)で、接種券(せっしゅけん)を持(も)っていない人(ひと)
3回目(かいめ)のワクチンを打(う)った日(ひ)から3か月(げつ)が過(す)ぎた日(ひ)を目標(もくひょう)に、順番(じゅんばん)に接種券(せっしゅけん)を送(おく)ります。
接種券(せっしゅけん)が届(とど)いたら、ワクチンの予約(よやく)と、打(う)つことができるようになります。
4回目(かいめ)のワクチンをすでに打(う)った人 (ひと) 4回目(かいめ)のワクチンを打(う)った日(ひ)から3か月(げつ)が過(す)ぎた日(ひ)を目標(もくひょう)に、順番(じゅんばん)に接種券(せっしゅけん)を送(おく)ります。
接種券(せっしゅけん)が届(とど)いたら、ワクチンの予約(よやく)と、打(う)つことができるようになります。

下(した)に書(か)いてある人(ひと)は、名張市(なばりし)へ接種券(せっしゅけん)を申請(しんせい)してください。

・名張市(なばりし)へ引越(ひっこ)してくる前(まえ)の市(し)で、前回(ぜんかい)のワクチンを打(う)った人(ひと)
・接種券(せっしゅけん)を失(な)くしたり、破(やぶ)れたり汚(よご)した人(ひと)
・日本(にほん)ではない国(くに)で、前回(ぜんかい)のワクチンを打(う)った人(ひと)

 

申請(しんせい)の方法(ほうほう)

      内容(ないよう)

   接種券(せっしゅけん)などが届(とど)く方法(ほうほう)

 郵送(ゆうそう)で
申請(しんせい)する

 下(した)に書(か)いてある住所(じゅうしょ)に、必要(ひつよう)な書類(しょるい)を送(おく)ってください。

〒518-0492 名張市(なばりし)鴻之台(こうのだい)1-1
名張市役所(なばりしやくしょ)
新型(しんがた)コロナワクチン接種(せっしゅ)推進(すいしん)本部(ほんぶ)事務局(じむきょく)
      郵送.png

名張市(なばりし)に申請書(しんせいしょ)が届(とど)いてから、送(おく)る時期(じき)が来(き)たら、住民票(じゅうみんひょう)を登録(とうろく)している住所(じゅうしょ)に接種券(せっしゅけん)を送(おく)ります。

 市役所(しやくしょ)で
申請(しんせい)する
下(した)に書(か)いてある住所(じゅうしょ)に、必要(ひつよう)な書類(しょるい)を持(も)ってきてください。

 名張市役所(なばりしやくしょ) 4階(かい)
新型(しんがた)コロナワクチン接種(せっしゅ)推進(すいしん)本部(ほんぶ)事務局(じむきょく)
      窓口申請.png

 【必要(ひつよう)な書類(しょるい)】
(1)オミクロン株対応(かぶたいおう)ワクチン接種用(せっしゅよう)接種券(せっしゅけん)発行申請書(はっこうしんせいしょ)

(2)前回(ぜんかい)のワクチンを打(う)ったことがわかる書類(しょるい)のコピー
 下(した)に書(か)いてあるもののうち、どれか1つ
 ・接種済証(せっしゅずみしょう)
 ・接種記録証(せっしゅきろくしょう)
 ・ワクチンパスポート
 ・名張市(なばりし)ではない市町村(しちょうそん)などが出(だ)した追加接種(ついかせっしゅ)用(よう)接種券(せっしゅけん)

(3)本人(ほんにん)であることがわかる書類(しょるい)のコピー
 下(した)に書(か)いてあるものなどのうち、どれか1つ
 ・運転免許証(うんてんめんきょしょう)
 ・在留(ざいりゅう)カード
 ・パスポート
 ・健康保険証(けんこうほけんしょう)

オミクロン株対応(かぶたいおう)ワクチンを打(う)つ場所(ばしょ)や予約(よやく)の方法(ほうほう)

➀ 個別接種(こべつせっしゅ)か、➁ 集団接種(しゅうだんせっしゅ)を選(えら)んでください。


➀ 個別接種(こべつせっしゅ)[個人(こじん)の病院(びょういん)で
 打(う)つ]の予約(よやく)方法(ほうほう)

個別接種(こべつせっしゅ)は、ファイザーという会社(かいしゃ)のワクチンでを使(つか)います。
でも、モデルナという会社(かいしゃ)のワクチンを使(つか)うことがあるかもしれません。
10月(がつ)はオミクロン株(かぶ)(BA.1)に対応(たいおう)したワクチンを、11月(がつ)からはオミクロン株(かぶ)(BA.4-5)に
対応(たいおう)したワクチンを使(つか)う予定(よてい)です。
病院(びょういん)によって、予約(よやく)の方法(ほうほう)や受付時間(うけつけじかん)が違(ちが)います。
個別接種(こべつせっしゅ)病院一覧(びょういんいちらん)を見(み)て、確認(かくにん)してください。
予約(よやく)が必要(ひつよう)です。 

   

➁ 集団接種(しゅうだんせっしゅ)〔名張市(なばりし)の
 会場(かいじょう)などで打(う)つ〕の予約(よやく)方法(ほうほう)

集団接種(しゅうだんせっしゅ)で使(つか)ワクチンは、11月(がつ)1日(にち)〔火曜日(かようび)〕を過(す)ぎてから、
全部(ぜんぶ)の会場(かいじょう)でオミクロン株(かぶ)(BA.4-5)に対応(たいう)したワクチンになります。
予約(よやく)サイトか、電話(でんわ)で予約(よやく)してください。


(1)集団接種(しゅうだんせっしゅ)の会場(かいじょう)とワクチンを
 打(う)つことができる日(ひ) 

会場(かいじょう) ワクチンを打(う)つことができる日(ひ) 使(つか)うワクチン 時間帯(じかんたい) ワクチンを打(う)てる年齢(ねんれい)
イオン名張店(なばりし)
運営(うんえい)する団体(だんたい)名張市(なばりし)  
土曜日
(どようび)
11月(がつ)
5日(にち)・12日(にち)
ファイザーという会社(かいしゃ)の、
オミクロン株(かぶ)〔BA.4-5〕に対応(たいおう)したワクチン
 午後(ごご)2時(じ)
から5時(じ) 
18歳(さい)
以上(いじょう)
12月(がつ)
3日(にち)・10日(にち)・17日(にち)・24日(にち)
 日曜日
(にちようび)
11月(がつ
6日(にち)・13日(にち)・20日(にち)・27日(にち)
  午前(ごぜん)9時(じ)30分(ぷん)から
午後(ごご)12時(じ)30分(ぷん) 
12月(がつ
4日(にち)・11日(にち)・18日(にち)・25日(にち)
寺田病院(てらだびょういん)

運営(うんえい)する団体(だんたい):
医療法人寺田病院(いりょうほうじんてらだびょういん)
月曜日(げつようび)
火曜日(かようび)
金曜日(きんようび)
祝日(しゅくじつ)は休(やす)み
11月(がつ)
1日(にち)・4日(にち)・7日(にち)・8日(にち)・11日(にち)・14日(にち)・15日(にち)・18日(にち)・21日(にち)・22日(にち)・25日(にち)・28日(にち)・29日(にち)

 

【月曜日(げつようび)・火曜日(かようび)】
午後(ごご)2時(じ)から4時(じ)


【金曜日(きんようび)】
午後(ごご)2時(じ)から3時(じ)30分(ぷん)

16歳(さい)
以上(いじょう)
12月(がつ
2日(にち)・5日(にち)・6日(にち)・9日(にち)・12日(にち)・13日(にち)・16日(にち)・19日(にち)・20日(にち)・23日(にち)・26日(にち)・27日(にち)
名張市立病院(なばりしりつびょういん)

運営(うんえい)する団体(だんたい):名張市(なばりし)
土曜日(どようび) 11月(がつ)
5日(にち)・12日(にち)・26日(にち)
午前(ごぜん)9時(じ)から11時(じ)30分(ぷん)

午後(ごご)1時(じ)から3時(じ)30分(ぷん)
 12歳(さい)
以上(いじょう)
12月(がつ)
3日(にち)・10日(にち)・17日(にち)・24日(にち)
日曜日(にちようび) 11月(がつ)
6日(にち)・13日(にち)・20日(にち)・21日(にち)
12月(がつ)
4日(にち)・11日(にち)・18日(にち)・25日(にち)
  • 国(くに)から届(とど)くワクチンの数(かず)によって、使(つか)うワクチンが変(か)わることがあります。
  • 自分(じぶん)で時間(じかん)を決(き)めることはできません。午前(ごぜん)が良(い)いか、午後(ごご)が良(い)いかを選(えら)んでください。
  • ワクチンを打(う)つ日(ひ)の5~6日前(にちまえ)に名張市(なばりし)から「予約確認通知書(よやくかくにんつうちしょ)」というはがきを送(おく)ります。
    そこに会場(かいじょう)に行(い)く時間(じかん)が書(か)いてあります。

(2)集団接種(しゅうだんせっしゅ) の 予約方法(よやくほうほう) インターネット予約(よやく)

 予約(よやく)が集中(しゅうちゅう)しないように、予約(よやく)ができる日(ひ)をずらしています。
予約(よやく)が始(はじ)まる日(ひ)と時間(じかん)
予約(よやく)できる人(ひと) 予約(よやく)が始(はじ)まる日(ひ)と時間(じかん)
2022年(ねん)4月(がつ)10日 (にち)より前(まえ)に
前回(ぜんかい)のワクチンを打(う)った人(ひと)
2022年(ねん)10月(がつ)25日(にち)〔火曜日(かようび)〕の
午前(ごぜん)9時(じから)
2022年(ねん)4月(がつ)11日 (にち)から
4月(がつ)30日(にち)に前回(ぜんかい)のワクチンを打(う)った人(ひと)
2022年(ねん)10月(がつ)27日(にち)〔木曜日(もくようび)〕の
午前(ごぜん)9時(じから)
 2022年(ねん)5月(がつ)1日 (にち)から
7月(がつ)14日(にち)に前回(ぜんかい)のワクチンを打(う)った人(ひと)
2022年(ねん)11月(がつ)1日(にち)〔火曜日(かようび)〕の
午前(ごぜん)9時(じから)
 2022年(ねん)7月(がつ)15日 (にち)から
7月(がつ)23日(にち)に前回(ぜんかい)のワクチンを打(う)った人(ひと)
2022年(ねん)11月(がつ)4日(にち)〔金曜日(きんようび)〕の
午前(ごぜん)9時(じから)
2022年(ねん)7月(がつ)24日 (にち)から
7月(がつ)31日(にち)前回(ぜんかい)のワクチンを打(う)った人(ひと)
2022年(ねん)11月(がつ)9日(にち)〔水曜日(すいようび)〕の
午前(ごぜん)9時(じから)
2022年(ねん)8月(がつ)1日 (にち)から
8月(がつ)7日(にち)前回(ぜんかい)のワクチンを打(う)った人(ひと)
2022年(ねん)11月(がつ)11日(にち)〔金曜日(きんようび)〕の
午前(ごぜん)9時(じから)
2022年(ねん)8月(がつ)8日 (にち)から
8月(がつ)20日(にち)前回(ぜんかい)のワクチンを打(う)った人(ひと)
2022年(ねん)11月(がつ)18日(にち)〔金曜日(きんようび)〕の
午前(ごぜん)9時(じから)
2022年(ねん)8月(がつ)21日 (にち)から
8月(がつ)31日(にち)前回(ぜんかい)のワクチンを打(う)った人(ひと)
2022年(ねん)11月(がつ)25日(にち)〔金曜日(きんようび)〕の
午前(ごぜん)9時(じから)
2022年(ねん)9月(がつ)1日 (にち)から
9月(がつ)30日(にち)前回(ぜんかい)のワクチンを打(う)った人(ひと)
2022年(ねん)11月(がつ)29日(にち)〔火曜日(かようび)〕の
午前(ごぜん)9時(じから)
インターネットで予約(よやく)する   

オミクロン株ボタン  ネット予約する人.png   

    

上(うえ)のボタンをクリックして、予約(よやく)サイトにログインして予約(よやく)してください。

  • 予約(よやく)が始(はじ)まる日(ひ)の、午前(ごぜん)9時(じ)から、予約(よやく)ができます。
  • ログインIDは、接種券(せっしゅけん)に書(か)いてある「接種券番号(せっしゅけんばんごう)」〔10個(こ)の数字(すうじ)〕です。
    パスワードは、生年月日(せいねんがっぴ)〔誕生日(たんじょうび)〕です。たとえば、1960年(ねん)4月(がつ)1日(ついたち)に生(う)まれた人(ひと)は、「19600401」です。

集団接種(しゅうだんせっしゅ)の予約方法(よやくほうほう) 電話(でんわ)予約(よやく)など

ワクチン-電話(ルビ有) 電話する人.jpg

・名前(なまえ)
・生年月日(せいねんがっぴ)〔誕生日(たんじょうび)〕
・接種券(せっしゅけん)に書(か)いてある「接種券番号(せっしゅけんばんごう)」〔10個(こ)の数字(すうじ)〕
・3回目(かいめ)のワクチンを打(う)った日(ひ)
・予約(よやく)したい会場(かいじょう)
・ワクチンを打(う)ってもらいたい日(ひ)・時間(じかん)〔午前(ごぜん)か午後(ごご)〕
 を話(はな)してください。

  • 時間(じかん)を自分(じぶん)で決(き)めることはできません。
    午前(ごぜん)が良(い)いか、午後(ごご)が良(い)いかを選(えら)んでください。
  • 1回(かい)の電話(でんわ)で、2人分(ふたりぶん)の予約(よやく)ができます。
ファクスで予約(よやく)する

耳(みみ)が不自由(ふじゆう)な人(ひと)は、ファクスで予約(よやく)できます。
名前(なまえ)、生年月日(せいねんがっぴ)〔誕生日(たんじょうび)〕、ファクス番号(ばんごう)、「せっしゅきぼう」と書(か)いて、送(おく)ってください。
送(おく)り先(さき)は、名張市障害福祉室(なばりししょうがいふくししつ) 0595-63-4629 です。

ワクチンを打(う)ってもらうときに、持(も)っていくもの

1.予防接種済証(よぼうせっしゅすみしょう)と予診票(よしんひょう)〔接種券(せっしゅけん)付(つ)
  き〕 1枚(まい)
2.本人(ほんにん)であることがわかる書類(しょるい)
 〔運転免許証(うんてんめんきょしょう)、健康保険証(けんこうほけんしょう)、マイナンバーカード、
  在留(ざいりゅう)カード など〕どれか1つ
3. 予約確認通知書(よやくかくにんつうちしょ)
 *集団接種(しゅうだんせっしゅ)でワクチンを打(う)つ人(ひと)

気をつけること

  • ワクチンの効果(こうか)〔良(よ)い影響(えいきょう)〕と、副反応(ふくはんのう)〔悪(わる)い影響(えいきょう)〕について、知(し)ってください。 それから、ワクチンを打(う)ってもらうかどうかを、自分(じぶん)で決(き)めてください。ワクチンを打(う)ちたくない人(ひと)には、ワクチンを打(う)ちません。
  • 基礎疾患(きそしっかん)の病気(びょうき)があって、病院(びょういん)でワクチンを打(う)ってもらいたい人(ひと)は、病院(びょういん)の医者(いしゃ)に相談(そうだん)してください。
  • 病気(びょうき)を治(なお)すためや、薬(くすり)をもらうために病院(びょういん)に行(い)っている人(ひと)は、ワクチンを打(う)ってもよいかを病院(びょういん)の医者(いしゃ)に相談(そうだん)してください。
  • 肩(かた)を出(だ)しやすい服(ふく)を着(き)て、ワクチンを打(う)つ場所(ばしょ)に来(き)てください。
  • ワクチンを打(う)ったか、打(う)っていないかという理由(りゆう)で、人(ひと)が嫌(いや)がることをしないでください。
  • 熱(ねつ)〔37.5度以上(どいじょう)〕があるときや、体調(たいちょう)が悪(わる)いときは、ワクチンを打(う)つのをやめて、予約(よやく)した病院(びょういん)にキャンセルの連絡(れんらく)をしてください。
  • 12歳(さい)から15歳(さい)の人(ひと)は、予診票(よしんひょう)に保護者(ほごしゃ)〔お父(とう)さんやお母(かあ)さん〕の人(ひと)の名前(なまえ)を書(か)かなければいけません。また、保護者(ほごしゃ)の人(ひと)が会場(かいじょう)に一緒(いっしょ)に来(こ)なければいけません。


いろいろな情報(じょうほう)

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、リンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

地域環境部 人権・男女共同参画推進室
電話番号:0595-63-7909(人権啓発)・ 0595-63-7523(同和対策)・ 0595-63-7559(男女共同参画)
ファクス番号:0595-63-4677
メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。