メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 健康・福祉 > 障害者福祉 > ふれ愛・認め愛・支え愛~共生社会の実現を目指す講演会~

ふれ愛・認め愛・支え愛~共生社会の実現を目指す講演会~

更新日:2020年02月21日

ふれ愛・認め愛・支え愛~共生社会の実現を目指す講演会~

 

 違いを認め合い、互いに支え合って、誰もが「自分らしく」生きていける社会、すなわち「共生社会」について考えてもらうことを目的に、「ふれ愛・認め愛・支え愛~共生社会の実現を目指す講演会~」を開催します。

これは、例年2月頃に実施している「トーク&コンサート~障害のある人もない人も共に暮らしやすいまちを目指して~」及び「男女共同参画推進フォーラム」を同時開催することで、特定の施策分野・対象に限らずに、広く「共生社会」のあり方について訴えかける初めての試みです。

○ウイルスへの感染を防ぐため、こまめな手洗い・うがいや、咳エチケットなど、感染症予防対策をお願い致します。なお、風邪のような症状のある方は、参加をお控えください。


開催日時・場所

      • 日時 令和2年2月24日(振替休日・月曜日)午後1時~4時(午後零時30分開場) 
      •     第1部…午後1時5分から 第2部…午後2時40分から ※時間は前後する場合があります
      • 場所 adsホール(松崎町) 
      • 無料シャトルバスを運行 ※時間は前後する場合があります。
      •    駐車場が限られているため、無料シャトルバスを運行します。
         【行き】名張市役所(12:30発) 【帰り】adsホール(16:15発)  

 第1部 ともに生きる「トーク&コンサート」(13:05~14:25)

伊藤真波さん

  • 講師/伊藤 真波さん
  • 演題/あきらめない心~片腕があたえてくれた夢~

障害を乗り越え、パラリンピック出場、バイオリニスト、看護師と、前向きに夢を叶え続ける伊藤さんの講演に加え、バイオリン演奏も披露いただきます。


  • プロフィール

伊藤真波さん2

  • 1984年生まれ。看護学校在校中(20歳)にバイク交通事故で右腕を失う。しかし、持ち前の明るさとガッツで、日本初の義手の看護師として神戸百年記念病院に入社と同時に障害者水泳を本格的に始める。
  • 22歳の春、北京パラリンピックに出場し、100メートル平泳ぎで見事4位に入賞。4年後のロンドンでも8位に入賞する。
  • また、どんな時にもそばで支えてくれた母を喜ばせたいという思いで、母の好きなバイオリンを再開し、特注の義手をつけて練習を重ね、地域のイベントなどで披露するまでになる。

第2部 男女共同参画推進フォーラム2020(14:40~16:00)

石田晃さん

  • 講師/石田晃さん
  • 演題/大家族!石田さんチから学ぶ お父ちゃんの役割

テレビでおなじみの7男2女11人の大家族・石田さんチの「お父ちゃん」。個性あふれる家族とのかかわりを、石田流・父親の役割や、仕事と家庭の両立などに触れながら、等身大の言葉で講演いただきます。

 

  • プロフィール

石田晃さん2

  • 1954年山形県生まれ。茨城県常総市在住。1973年東京の美容専門学校を卒業後、4年間の美容室勤務を経て、1977年日本ロレアル株式会社入社。
  • 1979年美容専門学校で同級生だった千恵子さんと結婚。7男2女の子宝に恵まれる。
  • 1997年から日本テレビ系列でドキュメンタリーの特別番組として不定期に放送を始め、話題の家族となる。
  • 2005年東日本営業本部長を経て、2015年に定年退職

『7男2女、一家11人の大家族 石田さんチ』

1997年9月に日本テレビ系列で初めて放送されて以来、30回以上を数える国民的大家族シリーズ。日本一有名な大家族のお父ちゃん、お母ちゃんを始め、それぞれにキャラの立った子どもたちの真実の物語が、お茶の間の共感を呼び、時代を超えて安定した人気を誇る。子どもたちの「大騒ぎ!」がメインだった初期から今は子どもたちも成長し、昨今は結婚、出産、介護、就職、闘病など、現代の日本を背景に描き出される人間ドラマの色彩も加わり、目が離せない。


開催にあたって

 

参加対象・申込

  • 参加対象は限定しません。どなたでもご参加ください。 
  • 事前申込は不要です。(託児のみ要申込)

託児

未就学児対象に託児を実施します。先着10名。2月7日(金曜日)までに、人権・男女共同参画推進室へお申込みください。
※申込受付は終了しました。

講師への質問を事前に受け付けます

  • 事前に講師への質問を募集し、講演時間内に講師より回答いただきます。
  • 受付方法:1月31日(金曜日)までに、名前・住所・質問(いずれの講師宛か)・連絡先を書いて、電子メール(kyodo@city.nabari.mie.jp)か、FAX(0595-63-4677)で、人権・男女共同参画推進室へお寄せください。(時間の都合上、回答させていただくのはお寄せいただいた質問の一部となります)

※申込受付は終了しました。

その他

    • 手話通訳・要約筆記・ヒアリングループあり
    • 手話ワンポイント講座…第1部と第2部の講演間の休憩時間(14:25~14:40)を利用して、障害福祉室職員等による「手話ワンポイント講座」を実施します。
    • 支え愛マーケット…障害者の皆さんが作ったパンやクッキーなどを販売する「支え愛マーケット」を開催します。
    • 「名張ケンコー!マイレージ」対象イベントです。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

地域環境部 人権・男女共同参画推進室
電話番号:0595-63-7909(人権啓発)・ 0595-63-7523(同和対策)・ 0595-63-7559(男女共同参画)
ファクス番号:0595-63-4677

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。