メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

9-2号についてのアンケート結果

更新日:2016年10月4日

今号は、38人の「広報なばりメールサポーター」からアンケートが寄せられました。
ご協力ありがとうございました。

 

「保育施設の児童を募集」について

来年4月からの保育施設への利用申込が10月から始まります。そのお知らせと、はじめて子どもを預ける保護者の皆さんからよくいただく質問についてQ&Aなどを掲載しました。                                      

  • よく分かった…12人
  • だいたい分かった…23人
  • 少し分かりにくかった…1人
  • よく分からなかった…2人

興味が持てましたか?

  • 興味が持てた…25人
  • 興味が持てなかった…13人

分かりにくい記事はありましたか?(主なものを抜粋)

  • 保育施設の児童を募集
  •  

ご意見・ご感想(主なものを抜粋)

「保育施設の児童を募集」について

  • 保育園、お世話になりました。桔梗が丘に在住しながらうちの子供の時は桔梗が丘保育所に空きがなく、長瀬保育所まで通っていました。市役所の方に不便を伝えると、その後空きが出たということで桔梗が丘保育所に入所出来、感謝したことを思い出しました。保育所は家庭や職場の近くに通わせることが大事だと思います。
  • 我が家も子どもが2歳のとき、他市ですが、保育園にお世話になりました。その時、希望する保育園に入れるのに、半年待ちました。必要な方が、条件の合う保育園にすぐに入れるといいですね!
  • 特集の中で地域型保育事業などどのような特徴がある等もう少し説明があれば特集らしくなるように思います。
     今問題になっています待機児童の件ですが思ったより施設の数は多いように思いますが距離、地域的な事もあるでしょうが絶対数的には待機児童ゼロなんでしょうか。
  • 名張市の待機児童ってあるのかしら?
  • 共働きの人が多く、保育施設の利用が必要となります。
     子どもを送って行く時は開園時間に余裕を持って交通マナーを守り良い一日を
  • 大半のご家庭が希望する園に入れる様に尽力してほしいと思います。
  • 認定こども園、地域型保育事業がそれぞれどのような施設なのか、保育園とどう違うのかわかりづらい。待機児童が少なくなることを願います。
  • 特集の対象となっている意味が分かりません。よくある質問のページで特殊を組むとか、問題点を明らかにするなら分かります。この紙面は普通に知らせるべき最低限の募集要領です。窓口を広げる為にできたこども園の保育環境が劣っている事を明記すべきです。
  • 私はまだ子供がいないので保育施設と直接関わることはありませんが、共働きの多いこの時代には必要な施設だと思います。また昔と違って自分の親や義理の親と一緒に住むことも少なくなって、ちょっとした子供の相談をする人が身近にいないことでノイローゼになってしまう母親も少なくないと思うので、保育士さんに相談に乗ってもらえたら子育ても安心して出来ると思います。私がもし子育てをすることになったとき保育施設を利用するかは分かりませんが、親の介護等の理由でも利用出来るとのことなので覚えておこうと思います。
  • 働く女性の割合が多くなり、保育施設と少子化には密接な関係があると思います。子育ての支援は手厚くして頂ければ良いと思います。
  • 孫が他県で幼稚園に通いだし、名張市の保育所、待機児童の問題に関心を持っています。今回の内容でざっと理解ができました。
  • 地域によって余裕が無い所もある中で、入所出来れば仕事もできるし、ひいては市の収入も増えるし、転入する家族も増えることになるからいいでしょう。
  • 昔と今では子育ての、家庭の環境が異なり必然的に保育所、幼稚園が受け皿となるのでしょう!何とか手の空いている元気な市民を巻き込み何か手助け出来ることはないか、考慮したいものです
  • 働くお母さんにとっては、保育所というのは一番の問題だと思います。安心して子供を預けられ、希望の所にはいれるようになれば、子供ももっと増えるのではないでしょうか。
  • 東京・大阪などでは保育園に入りたくても入れない「待機児童」が問題になっていますが、名張はどうなのでしょうか。保育園の競争率についても言及してほしかったです。

 その他の記事について

    • 広報なので仕方がありませんが、よみたい記事がありません。
    • 10月10日の体育館でのイベント、毎年いこうと思いながら行けていません。今年こそは、と記事を見て思いました。イベントの情報はリマインダーにもなり、いつもありがたいです。
    • 秋らしく文化祭やスポーツイベントの情報が満載で参考になりました。
    • 市民にとって興味関心の高い掲載記事が多く、毎号に比べて充実した内容だったと感じました。出来ましたら、老齢年金・障害年金・遺族年金・医療費助成制度などについても詳しく特集して下さると嬉しく思います。


編集後記<担当者からヒトコト…>

 私も今30歳で2歳の息子を今年の4月から保育施設に預けています。朝、保育施設に子どもを送っていく時「朝ごはん嫌!」「車に乗るの嫌!」となるともう大変です。
 子どもがいる同世代の友人や同僚もほとんどが共働きで、保育施設を利用しています。
 保育士さんには、子育てのことでたくさんお世話になっています。また、両親にもだいぶ助けてもらっています。僕らの子どもにも大勢の人が関わって育ててくれていると実感しています。
AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、リンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815
メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

広報なばり9-2号についてのアンケート結果を公開しています