メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

7-1号についてのアンケート結果

更新日:2016年7月15日

今号は、42人の「広報なばりメールサポーター」からアンケートが寄せられました。
ご協力ありがとうございました。

 

特集「さぁ名張の夏が始まった」について

 7月には夏休みも始まります。夏を名張で楽しんで欲しい、そんな思いで夏のイベントを紹介しています。
 トップ記事には名張川納涼花火大会の開始の合図ともなっている愛宕の火祭りを紹介しました。

  • よく分かった…24人
  • だいたい分かった…16人
  • 少し分かりにくかった…2人
  • よく分からなかった…0人

興味が持てましたか?

  • 興味が持てた…37人
  • 興味が持てなかった…5人

分かりにくい記事はありましたか?(主なものを抜粋)

  • 後期高齢者医療制度

 

ご意見・ご感想(主なものを抜粋)

「さぁ名張の夏が始まった」について

  • 名張川納涼花火大会のルーツを知れて、今までと違った見方で観賞できるように思う。今から楽しみです。
  • 愛宕の火祭りが大正末期ごろから行われていることを知って驚きました。危険を伴うようなので今年も無事行われることを願っています。
  • 何年か前、花火大会の日は電車通勤した記憶があり、バスから花火を見た事を思い出しました。そうか、日程が変更されていたのか。
  • 名張の花火大会、毎年とても楽しみにしています。名張郷土資料館でも、たくさんイベントがあるようで、是非参加したいと思いました。
  • 去年、初めて、花火を観に行きましたが、とても、迫力があり、素晴らしかったです。今年も楽しみにしています。愛宕の火祭りのことを初めて知りました。伝統を守リ続けて欲しいです。
  • 夏祭り、火祭り、花火、いいですね、心も熱くなりますね。
  • 何故だかスッキリした感じで読みやすかったです。
  • 愛宕の火祭りが花火開始の合図を知らなかった 今年は是非 火祭り 川渡りを見たいものです
  • 名張川納涼花火大会が7月30日(土曜日)に開催されます。愛宕神社の祭礼日が毎年7月24日で花火大会でしたが平成19年から開催日が変更されました。伝統が悲しんでいます。町の活性化のため?に伝統行事の開催日を変更は考えられない。強い信念を持って伝統を守ってほしい。
  • 花火はとても楽しみです。ただ毎年、ゴミの問題は何も解決されないので、見にいく人のマナーの向上もどうにかしたいです。まぁ街中にポイ捨てのゴミがよく目につくので、改善なんて無理なんでしょうね…。
  • 名張の夏と言えば花火ですよね。知りたい情報がうまくまとめられていて、読みやすかったです。
  • 名張に引っ越してきてから、名張花火大会を毎年楽しみにしています。
  • 名張川花火大会をとても楽しみにしています。愛宕の火祭りについては今回初めて知りました。伝統のある火祭りも一度見てみたいと思いました。
  • 古き良き伝統を、後世に引き継いで守る事は大切だと思う。
  • 名張納涼花火大会は毎年とても楽しみにしています。親と見に行ったり、姉妹で見たり、友達と見たり、甥や姪を連れて行ったり、いろいろな思い出があります。今年は誰と行こうかなと考え中です。夏休みは普段会えない人と会ったり遊びに行けるチャンスなので名張の良いところも案内してあげたいと思います。
  • 名張川の花火大会は良く知っていますが、始まる前に松明を持って名張川を渡る神事があることは知りませんでした。伝統を守ることは大変な事と思います。これからも受け継いで行ければいいなと思います。
  • これから子どもたちが夏休みを迎えるので、夏の体験教室やプール開放日などが掲載されているのは役立ちました。
  • 夏のイベントで銅鐸も銅鏡も勾玉も作りたい。
  • 花火大会がより楽しみになりました。
  • 今年の夏休み  孫も来るので 出かけて 見物してみようと思いました
  • 若い頃は、花火大会を見に行きましたが、今は人込みが嫌で行かないので、花火大会をやっているなあというぐらいです
  • 地元・名張の夏を楽しめる情報は多くの方が関心を寄せる内容だと思いますので、特集記事にしていただけて嬉しいです。今後も楽しく明るい内容の記事があると良いなと感じます。
  • 名張に住んで久しいつもりでしたが、愛宕の火祭りで、花火が上がる前に川渡りの神事をやってたことを初めて知りました。(汗)
  • 名張の花火は唯一名張を代表するものだと思います。歴史あるものをどのような形で残していく、伝えていくか市外への宣伝も含め考えていかなくてはいけないと思います。

 その他の記事について

  • 今回 配達が遅くて、来てないのか 来てたけど気付かなかったのかで不安になりました。
  • 今回、あらためて市長への手紙を認識し、ホームページで市長への手紙のページを尋ねました。寄せられた主な意見と回答がのっています。しかし、これらは、寄せられたすべての意見のうち何割くらいなのでしょうか。回答しやすいものだけ載せていて、不都合なものは回答していない、というのは考えすぎでしょうか?
  • この団体は、営業ではないの?他も、どこまでが営業なのか、公的なのかは難しいですが。

編集後記<担当者からヒトコト…>

  夏休みやお盆休みを利用して、遠出を考える人も多いと思いますが、近場で手頃に楽しむための参考にしていただければと思います。

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、リンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815
メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

広報なばり7-1号についてのアンケート結果を公開しています