メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

5-1号についてのアンケート結果

更新日:2016年5月12日

今号は、40 人の「広報なばりメールサポーター」からアンケートが寄せられました。
ご協力ありがとうございました。

 

特集「乳がん検診の疑問にお答えします。40歳を過ぎたらがん検診」について

4月から新たな総合計画「新・理想郷プラン」に基づき、市は今後さまざまな事業などを展開していきます。
そこで、今号では、「施政方針」や「事業内容」、「当初予算」などの市の内容を掲載します。特集の内容は理解できましたか?

  • よく分かった…24人
  • だいたい分かった…15人
  • 少し分かりにくかった…0人
  • よく分からなかった…1人

興味が持てましたか?

  • 興味が持てた…35人
  • 興味が持てなかった…5人

分かりにくい記事はありましたか?(主なものを抜粋)

  • 軽自動車税のお知らせ

 

ご意見・ご感想(主なものを抜粋)

「乳がん検診の疑問にお答えします。40歳を過ぎたらがん検診」について

  • 乳ガンは気になっている方が多いテーマなので、特集していただけて良かったなと感じました。また、Q&Aが掲載されていたので分かりやすくて新たに興味を持つ方も増えたと思います。
  • 女性がホームドクターを持つのが難しい事がよく分かりました。特に出産した人は、そのデーターを持った先生をホームドクターに出来たらよいのに、婦人科の先生のところで乳がん検診さえ受けられないのが現状なのですね。
  • がん検診は大事だと思います。が、検査の苦痛を感じる人もいるので、みんな二の足をふむのかもしれません。費用のこともありますが・・・楽な方法があればもっと受ける人が増えるでしょうね。私もマンモは凄く痛いと聞いていて検査をしませんでした。結果乳がんに気づくのが遅れました。実際検査はさほど痛くありませんでした。人によって違うみたいです。噂を聞いて変に怖がらないほうが良かったんです。検査は早めに受けましょう。
  • 毎年、市報で今年もがん検診の時期がきたな、と思います。美旗センターが近くて便利なので、可能であればいつもセンターで受けているのですが、その情報が市報にはのらず、後日別のルートで知ることになります。市報に同時に掲載していただけるとよいのですが、管轄が違うなどして無理なのでしょうか。
  • 乳癌健診は私も欠かさず受けています。
  • がん検診は毎年受けるようにしています。
  • 節目の年になるので、検診を受けに行こうと思います。
  • 私は大丈夫!では無いのが、がん。市や保険の補助を活用して定期的な検診をたくさんの人に受けて欲しいです。
  • 定期的なガン健診を受けやすくするための補助はとても良いことだと思います。あと、いざガンと診断された時のためのガン保険も、個人で加入しておくことも大切だと感じます。
  • 健康が第一です。定期健康検診は、受診しましょう。
  • 今月号で特集として取り上げたことで、がん検診を受けるきっかけになると思います。
  • ガン検診 家族で話し合い 受診しようとなった。
  • 四年前に退職してからは、唯一のガン検診。我が身大事イコール家庭円満。これからも大事にチェックしてもらいます。
  • 良い記事だったと思います。これからも頑張ってください。
  • 2年に一度、乳がん検診を受けています。市立病院の中村先生が素晴らしいです。市民病院で毎回検診を受けたいですが、名張市からのクーポンがないと予約できないので、仕方なく寺田病院で受けますが、市民病院でも毎回受付して欲しいです。
  • がん検診の種類や実施しているクリニックが表になっていてわかりやすかったです。自己負担金なども知ることができて役立ちました。
  • 身内に乳がんが疑われる者がおり、早期発見、早期治療、完治、医療機関について最新の情報をいただきたく、有り難かった。
  • 昨年私は、名張市の大腸癌検診を受けました。幸い問題は無かったのですが私の両親は癌にかかり、父親を亡くしております。がん検診は早期発見の第一歩です。名張市の取り組みはありがたく思います。
  • 検診の案内を見る度に受けなくちゃなと思いながらなかなか病院へ足が運びません。検診をする先生はどんな人なんだろうとか何か異常が見つかったら嫌だなと不安な気持ちが先に立ちなかなか行きづらいです。また金銭的なことも考えてしまいます。でも、手遅れにならないように定期的に検診を受けた方がいいことは今回も改めて思いました。
  • 検診の重要性を感じた。機会を設けうけようと思う。
  • 毎年、がん検診を受けることは、早期発見にも繋がり、ぜひ受け続けて行きたいと思っています。市から頂く無料クーポンはとてもありがたいです。
  • 私も毎年受けております。それでも安心しきれない不安も有ります。しかし、こうした受診で早期発見ができる事が先ずは必要と思ってます。家族の気苦労が差少なくてすむことも大切ですからね。
  • 分かりやすくて良いが、もう少し詳しく教えて欲しい。
  • 私自身は還暦を過ぎたので、今日の命は余命です。検診も仕事で求められない限り最低限しかしません。検査、治療などで、私に税金を使っていただかなくてもいいです。その分若い人に使ってもらって欲しいと思います。寝たきりの老人を増やさない対策こそ立ててください。

 その他の記事について

  • 子育て支援の情報はためになります。
  • P6子育て情報についても、該当年齢の子どもがいなかったため、これまで関心がなかったので、読むまではこうした取り組みがあることも知りませんでした。
  • 国津の森のおおまかな年間行事スケジュールが知りたい
  • 歯槽膿漏の検診は対象年齢をもっと増やすことを希望いたします。

編集後記<担当者からヒトコト…>

 2人に1人ががんにかかると言われる時代。がんを完全に予防することは難しいですが、早期発見で完治することができます。私の知り合いや家族など身近な人ががんになりました。現在治療を続けています。
 一度もがん検診を受けたことがない」「しばらく受けていない」という人には、これを機会に自分のため、そして家族のためにがん検診を受けてほしいと思います

 

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、リンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815
メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

広報なばり5-1号についてのアンケート結果を公開しています