メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

4-1号についてのアンケート結果

更新日:2016年4月20日

今号は、45 人の「広報なばりメールサポーター」からアンケートが寄せられました。
ご協力ありがとうございました。

 

特集「4月から始まる新しい総合計画 新・理想郷プラン」~「平成28年度当初予算」について

4月から新たな総合計画「新・理想郷プラン」に基づき、市は今後さまざまな事業などを展開していきます。
そこで、今号では、「施政方針」や「事業内容」、「当初予算」などの市の内容を掲載します。特集の内容は理解できましたか?

  • よく分かった…16人
  • だいたい分かった…23人
  • 少し分かりにくかった…4人
  • よく分からなかった…2人

興味が持てましたか?

  • 興味が持てた…35人
  • 興味が持てなかった…10人

分かりにくい記事はありましたか?(主なものを抜粋)

  • 若者定住促進プロジェクト
  • 平成28年度当初予算

 

ご意見・ご感想(主なものを抜粋)

「4月から始まる新しい総合計画 新・理想郷プラン」~「平成28年度当初予算」について

  • 地域型保育事業で対象児童が減少している現在に巨額の予算を充てるのが理解できない。
  • 施政方針3つの重点戦略のキャッチコピーをもっと完結にできればよいかと思いました。力、お金をかけたい内容としては分かりますが、その先の実際にはの部分が薄く感じます。例えば、地域型保育事業も現時点での待機児童数を明記し、どのような型の保育サービスを検討しているかを書くことで前向きな事業内容になると思います。理想を活字にしただけのものは若年僧は特に見飽きていると思います。
  • 色々な施政方針が掲げられています。どれも立派な内容ですが、生活が豊に住み良くなってきている感じがしません。
  • 市民総活躍で、赤ちゃんから、老人迄、それぞれが元気で、持ち場持ち場で、楽しく過ごせる市にしていきたいものです。            
  • 28年度予算で、国津地区に特別予算が計上されていたのが新鮮だった。今後の変化、取り組みを特集してほしい。
  • 住みよいまち作りを掲げるのであれば固定資産税の値下げ及び、道路の早期の整備が必要と考えます。
  • 若者定住化には、名張市内での産業工場などを増やし 勤務地も増やしていく必要があるのではないか。
  • 予算については、円グラフを見ながら理解しやすかった。主な事業内容(プロジェクト)についても、写真付きで、その事業の内容がイメージしやすかった。
  • 予算の内訳がわかりやすかったです。相談窓口の電話番号や受付時間が書かれているのはありがたいです。
  • 新・理想郷プランにおける基本目標や重点戦略は多岐にわたりバランス良く考えていると思います。基本は少子高齢化対策ですが、観光戦略や陸上競技場改修事業などが名張発展の未来につながればいいなと思います。
  • 一般会計の内容がよくわかった。子育て事業に予算がきちんとあてられていることを知ることができた。
  • 新・理想郷プランは、大変良い計画ですが、市民の皆さんの声を大切にし、実施実行しなければ、基本理念が夢となります。
  • 今まで住んだ中で名張市が一番好きです。これからも住みやすいまちづくりに期待しています。
  • 新・理想郷プランは、もし実現すれば素晴らしいと思います。国の政策のように、立派なスローガンを打ち立て、実が伴わないのではないか、とどうしてもうがった見方をしてしまいます。これから地方自治体の役割は困難ですが重要になってくると思われます。私も大阪で仕事をしていますが、体力的にきつくなってきたので地元で仕事を探したいですが、私のように退職予備軍の知識と経験を活かせる職場がなかなかありません。ぜひ体力も気力もまだある経験豊かな人材を生かせる職場を創出してほしいです。理想郷にはあらゆる立場人たちが共生できることが大事です。ぜひ実現に向けて頑張ってください。市民からのサポートを積極的に利用するのもよいと思います。
  • 名張版ネウボラ事業の意味わからず
  • 皆が住みやすい町づくりにすること、市債を無くすこと、大切だと思います。
  • 陸上競技場改修事業だけではなくその周辺も老朽化が進んでると思います。予算的にも難しいとは思いますがプール等も今後改修して頂けたらと思います。
  • 若者定住促進と言いながら小中一貫教育と言って学校を減らす、安全性、快適性、経済性、等々を損なう施策では若者は名張には残らない、中古、空き家対策も桔梗が丘ではやっているが小学校が減らされる行政では相反する内容であり、若者が魅力を感じない、明日の名張に希望が持てない、市役所の各部所がバラバラの対策を講じている、横断的に調整するポスト、人材がいない、市民の声を聞く耳が今必要である。ただ説明会をしただけでは担当部所の怠慢である、説明会と言うなら市民が理解出来るように説明するべきである。
  • 28年度の事業内容は興味深いです。名張が活気のある町になって欲しいです。

組織・機構の一部見直しについて

  • P5、4月からの市の組織、機構の編成で、どこが変わったか見比べるのに時間を要した。もともとややこしい内容なので、致し方ないとは思いますが。
  • 4月から、市の組織機構の一部を見直しました。それぞれの室がどのような役割をしているのかはっきりとわからないのに、統合されたと言われてもピンとこない。特に興味のない内容
  • 市役所の組織編成は結構思いきった編成で上手くいくか心配

 その他の記事について

  • 教育に関して、小中一貫教育など大きく変わろうとしている時期に我が子が当てはまるので、とても興味・関心があります。色々な情報を得たいです。
  • 郷土資料館を見学したいと思った。
  • 青少年センターのADSの意味合いを初めて知りました。素晴らしく思いました。   
  • 5月相談の日程が分かりやすい。
  • 最近、欄外に掲載される記事が増えてきています。欄外は読みにくく、見落としてしまうことがあるので、「読者の声」や「人口と世帯数」など決まった記事だけにしてもらいたいです。
  • 最近は文字も大きく、レイアウトも見やすくなっているので、よいと思います。

編集後記<担当者からヒトコト…>

 市が目指すまちの将来像や、方針・考え方、取り組む事業の内容、予算編成のことなど、市民の皆さんに対してわかりやすく情報発信することを心掛けて作成しました。今回の記事で多くの方に市の取組みを知っていただけるきっかけになればと思います。


 

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、リンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815
メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

広報なばり4-1号についてのアンケート結果を公開しています