メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

1-1号についてのアンケート結果

更新日:2021年1月13日

今号は、41人の「広報なばりメールサポーター」からアンケートが寄せられました。

ご協力ありがとうございました。


1~4ページ 新春特別企画「名張市民の夢」について


特集の内容は理解できましたか?

  • よく分かった…25人
  • だいたい分かった…14人
  • 少し分かりにくかった…2人
  • よく分からなかった…0人

興味が持てましたか?

  • 興味が持てた…36人
  • 興味が持てなかった…5人

分かりにくい記事はありましたか?(主な物を抜粋)

    • 特になし


ご意見・ご感想(主なものを抜粋)

1~4ページ 新春特別企画「名張市民の夢」について


名張には、地元に愛着をもって活動している若者がたくさんいます。こうした人たちが名張を舞台につながって、夢をかなえていくことで、名張がもっと元気なまちになっていく―。そんな姿を思い描きながら、新春特別企画として10~40歳代の6人の夢を取材しました。


【ご意見・ご感想】

  • 名張市の中でも様々な生き方があって素敵だなと思いました。都会に限らずこの名張でも夢を実現できると思います。

  • この街でも夢に向かって動いている人たちが大勢いるのですね。刺激を受けました。

  • 6人の夢を読んで勇気づけられました。コロナ禍の今こそ、夢を持ってすすんでいきたいですね。

  • 名張市に住みながらも夢は叶えられるってことが伝わってきました。やはり年が近い人の内容が気になります。

  • 新年にあたり市民の夢を取り上げたことは、コロナ禍で人々の心が沈む中でよい企画であると思います。ただ、記事の意図の記載のとおり10代~40代ということであるが、より幅広い年代や、外国人、ハンデを持つ人など多様な人の夢を紹介すれば、より訴求的であったと思う。

  • 子育てママさんでも何か夢をもって楽しく過ごせるんだと分かるような記事もあれば、子育て世帯に住みやすい街をうたう名張市の魅力が伝わってくるのではないかなと思いました。

  • もう少し、年齢の上の人の夢も取り上げてほしかったです。

  • 優秀な人が、名張市にいるんだなと感心しました

  • 名張市民の夢を読んでそれぞれの想いに感動しました。特に川瀬君は息子の友達でもあり、ずっと応援してきました。これからも頑張って欲しいです。応援しています。

  • 川瀬翔矢さんの活躍は素晴らしいです。箱根駅伝で活躍した選手を全日本大学駅伝で次々と抜き去り区間賞を獲得したのですから。何かと環境の劣る地方で、関東の選手を超えてのトップランナーにマスコミはもっとスポットあて、その努力を讃えるべきだと思いす。若いアスリートは川瀬さんを是非お手本にしてほしいです。

  • 今年は名張市民みんなの夢が実現していくとともに、コロナが収束していく年であってほしいと思います。

  • 川瀬選手にビックリ。うまし国駅伝が楽しみです。

  • すぐ行動する有言実行の姿、そしてそれを楽しんでる方々、すごく尊敬します。若い方が学業と両立して地元で何か出来ないかと行動に起こされてる方にも尊敬します。行動力のある方々の活躍、応援したいです。

  • 夢を語り、実現出来る世の中がいつ迄も続きますように!それにつけてもコロナが早く収束する事を祈ります。

  • 若い人達の夢を見て、明日を信じていきたいものですね。

その他【ご意見・ご感想】

  • プラスチックごみが有料になったために有料ごみが増えた。ゴミ袋の料金がもっと安くなってほしい。また、以前のように名張市内にゴミの中継収集場を作ってほしい。

  • 家庭用指定ごみ袋の価格が引き下げられる事は、喜ばしい。

  • 昨年あたりから、始まっている名張川の護岸等の今後の展開や現状報告を。

 

編集後記(担当者から)

 6人の夢については、広報紙に留まらず、市ホームページなどの移住定住を図るコンテンツでも紹介したいと考えています。名張市でどのような夢が実現できるのか、名張市にはどんな考えの若者がいるのかを知ってもらうきっかけになるのではないかと考えます。そして、こうした地域に根差しながら夢を描きたいと考える若者が移住してくることで、まちはさらに活性化していくと思うのです。

 そして、この企画は、来年以降も継続し、できるだけたくさんの「市民の夢」を紹介していければと考えています。

 

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、リンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815
メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

広報なばり1-1号についてのアンケート結果を公開しています