メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

トップページ > 健康・福祉 > 病気・けが・AED > 新型コロナウイルス感染症対策 名張市特設ページ > 新型コロナウイルス感染症による自宅療養中における、風水害(大雨・台風時)の避難について

新型コロナウイルス感染症による自宅療養中における、風水害(大雨・台風時)の避難について

更新日:2022年9月18日

新型コロナウイルス感染症による自宅療養中における、風水害(大雨・台風時)の避難について                    


新型コロナウイルス感染症による自宅療養中における、風水害(大雨・台風時)の避難についてお知らせします。
【詳細はhttps://www.pref.mie.lg.jp/YAKUMUS/HP/m0068000066_00050.htm #】

   
 新型コロナウイルス感染症患者の皆様におかれましては、感染拡大防止のため他者との接触を避けていただく必要があります。このため、大雨や台風の被害が事前に予見される場合の避難等について、以下の点に十分ご留意ください。


1)自宅が安全な場所であるか知っておく

・浸水想定区域や土砂災害警戒区域に該当していないか、身のまわりの危険をハザードマップで確認。
(ホームページhttps://www.city.nabari.lg.jp/s002/020/010/030/140/201502050139.html


2)災害時どこに逃げるか決めておく
<基本行動>
◎自宅が安全である場合
(お住まいの地域が危険な区域外にある、または、自宅 2 階等で浸水から回避できる(垂直避難)等)
⇒ 自宅に留まり安全を確保

◎避難する必要がある場合
⇒ 親戚や知人宅等へ避難(同居者がいる場合は専用の個室などで隔離できること)
⇒ 親戚や知人宅等への避難が困難な場合は宿泊療養施設に避難(入所調整が必要となるため、管内の保健所に連絡してください。)
※県内宿泊施設所在地:四日市市、鈴鹿市、松阪市、亀山市

緊急避難のため、安全なうちにご自身が自家用車で行っていただくことをお願いしますが、困難な場合は県が搬送を行います。ただし、二次被害を防ぐ等のため、搬送ができない場合があります。
⇒自ら避難することが困難などご心配な方は早めに連絡 ※施設の収容能力を超えた場合は希望しても避難できない場合があります。

緊急避難のため、通常のサービスではありません。
食料・飲料、パルスオキシメーター、体温計、着替え、タオル、携帯電話、充電器等、必要なものはご持参ください。

8時30分から17時15分にご連絡ください。
連絡先:伊賀保健所 0595-24-8045

このページに関する問い合わせ先

伊賀保健所(電話0595-24-8045)

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。