メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

トップページ > 健康・福祉 > 病気・けが・AED > 新型コロナウイルス感染症対策 名張市特設ページ > 給付・支援制度など > 市民の皆さんへ(支援制度など) > 新型コロナウイルスの感染拡大の影響に伴う市民向け支援制度一覧(令和3年9月13日現在)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響に伴う市民向け支援制度一覧(令和3年9月13日現在)

更新日:2021年9月13日

種別 対象 制度 内容 問い合わせ先
給付 減収や休業等により、経済的に困窮し、住居を喪失した方または住居を喪失するおそれのある人 住居確保給付金 ▶単身世帯:33,400円  ▶2人世帯:40,000円 ▶3人~5人世帯:43,400円 ▶6人世帯:47,000円 ▶7人以上の世帯:52,100円 ※支給期間は原則3ヵ月間(一定の条件により延長可能) なばり暮らしあんしんセンター (名張市社会福祉協議会) 電話64-1526
小学校休業等対応支援金 ※令和2年度に実施していた「小学校休業等対応支援金」制度が再開される予定 令和3年8月1日以降、12月31日までに「契約した仕事を取りやめた日」を対象とする予定 厚生労働省コールセンター 0120-60-3999(土日・祝日含む9時~21時)
ひとり親世帯のうち(1)令和3年4月分の児童扶養手当受給者 (2)公的年金等受給者 (3)感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当受給者と同水準となっている人 子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分) 児童1人当たり5万円 福祉子ども部子ども家庭室 電話63-7594
ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯のうち(1)令和3年度市民税均等割が非課税の世帯 (2)令和3年1月以降の収入が感染症の影響を受けて市民税非課税相当に減少した世帯 子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分) 児童1人当たり5万円 福祉子ども部子ども家庭室 電話63-7594
社会福祉協議会が実施する緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯 ※支給要件あり。詳しくは問い合わせ先へ ※申請期限:令和3年11月30日まで 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金 一月ごとに ▶単身世帯:6万円 ▶2人世帯:8万円 ▶3人以上世帯:10万円 名張市自立支援金相談窓口 電話63-8877
名張市国民健康保険に加入し、勤務先から給与の支払いを受けている人で、新型コロナウイルス感染症に感染し(感染が疑われる場合も含む)、療養のため連続する3日間を超えて労務に服することができず、その間の給与の支払いを受けられなかった人 国民健康保険傷病手当金 過去の給与収入に応じ、傷病手当金を支給 市民部保険年金室 電話63-7445
三重県後期高齢者医療に加入し、勤務先から給与の支払いを受けている人で、新型コロナウイルス感染症に感染し(感染が疑われる場合も含む)、療養のため連続する3日間を超えて労務に服することができず、その間の給与の支払いを受けられなかった人 後期高齢者医療傷病手当 過去の給与収入に応じ、傷病手当金を支給 市民部保険年金室 電話63-7105
貸付 休業等により収入の減少があり、緊急 かつ一時的な生計維持のための貸付を 必要とする世帯 (※申請期限を令和3年11月末まで延長) 緊急小口資金(特例) 貸付上限:20万円以内(要件に該当する人) ※据置期間は1年以内、償還期限は2年以内 名張市社会福祉協議会 電話63-1111
収入の減少や失業等により生活に困窮 し、日常生活の維持が困難となってい る世帯 (※申請期限を令和3年11月末まで延長) 総合支援資金(特例) 貸付上限:(2人以上)月20万円以内、(単身)月15万円以内 ※要件に該当する人 ※据置期間は1年以内、償還期限は10年以内
配布 経済的な理由などから生理用品を入手することが困難な状態にある人 生理用品の無料配布 一人1パックを下記施設で配布 <配布場所>市役所1階健康・子育て支援室、市内15地域の「まちの保健室」、名張市社会福祉協議会(総合福祉センターふれあい2階)、福祉まちづくりセンター(イオン名張店3階)、名張市男女共同参画センター(なばりえ2階) 名張市社会福祉協議会 電話63-1111
住まい 新型コロナウイルス感染症により住まいに困窮されている求職中の方 同感染症に起因する離職により、現に市内に住所を有する求職中の方への市営住宅の一時的な提供  (敷金及び連帯保証人不要で、最大1年間提供) 都市整備部営繕住宅室 電話63-7740 
給付 ・貸与 家計が急変し、奨学金を希望する学生 奨学金事業  給付奨学金、貸与奨学金 日本学生支援機構 電話0570-666-301
税等の 減免、 納付相談 新型コロナウイルス感染症に、り患された場合のほか、納税者の人が営む事業についてやむを得ず休廃業をした人や利益の減少等により著しい損失を受けた人 市税(住民税、固定資産税等)   一時的に納付ができない場合は、納付についてご相談ください。詳しくは電話でお問い合わせください。 市民部収納室 電話63-7439 
国民健康保険税 減免の対象となる場合があります。また、一時的に納付ができない場合は、納付についてご相談ください。詳しくは電話でお問い合わせください。 市民部保険年金室 電話 63-7445 市民部収納室 電話63-7439
後期高齢者医療保険料 減免の対象となる場合があります。また、一時的に納付ができない場合は、納付についてご相談ください。詳しくは電話でお問い合わせください。 市民部保険年金室 電話63-7105 
国民年金   市民部保険年金室 電話63-2148 
介護保険料   福祉子ども部介護・高齢支援室 電話63-7599 
保育料   福祉子ども部保育幼稚園室 電話63-7919 
市営住宅使用料   都市整備部営繕住宅室 電話63-7740 
上下水道料金   上下水道部お客さまセンター  電話63-4111 
道路占用料   都市整備部維持管理室    電話63-2151(管理担当) 
水路占用料   産業部農林資源室 電話63-7635(農村基盤担当) 

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815
メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。