メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

三重県集客施設時短要請協力金について

更新日:2021年8月11日

1 趣旨

 新型コロナウイルス感染症の拡大を阻止するため、令和3年5月7日に発表した「三重県まん延防止等重点措置」による時短営業の協力要請に応じて、令和3年5月9日から5月31日に要請対象となる施設の時短営業に全面的に協力(※)いただいた事業者(大企業を含む)に対して協力金を支給するものです。
 ※全面的に協力とは、まん延防止等重点措置実施期間(5月9日から5月31日)の全期間(少なくとも5月
  14日から5月31日まで)、20時(一部施設は21時)から翌日午前5時まで営業を行わない時短営業に
  協力いただくことをいいます。

    ○三重県集客施設時短要請協力金チラシ(PDFファイル)
  ○English:Mie Prefecture c ooperation m oney for requesting shorter hours at visitor attracting facilities(PDF)

  ○三重県集客施設時短要請協力金に関するよくある質問(PDFファイル)(5月12日更新)
 ※随時更新しますので、ご確認ください。


<大規模施設のみなさま>
 
時短営業にご協力いただく際は、可能な限り、以下の参考様式「時短営業告知用貼り紙」を掲示していただくようお願いいたします。また、時短営業に協力いただいていることが分かる写真を撮影しておいてください。
 (例)貼り紙を掲示している状態の施設外観写真 等


 ○参考様式: 時短営業告知用貼り紙(PDFファイル)
        時短営業告知用貼り紙(Wordファイル)


<大規模施設の一部を賃借するテナント等のみなさま>
 
入居している大規模施設が時短営業に協力いただいていることが分かる写真や資料(ホームページの告知画面等)を準備しておいてください。

 (例)大規模施設が貼り紙を掲示している様子、テナントがある部分に入れなくなっている様子 等


<要請内容について>
「三重県まん延防止等重点措置」による要請内容については、以下をご確認ください。

 「三重県まん延防止等重点措置」(PDFファイル)
 『三重県指針』ver.11(PDFファイル)

 

2 対象となる事業者

 

※左右にフリックすると表がスライドします。




令和3年5月9日(日)から5月31日(月)
(少なくとも5月14日(金)から5月31日(月)まで)



三重県まん延防止等重点措置にて特に重点的に対策を講じる区域となっている以下の12市町
※三重県内全域ではありません。

桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町、四日市市、菰野町、朝日町、川越町、鈴鹿市、亀山市、伊賀市、名張市



1.建築物の床面積が1,000㎡を超える以下の大規模施設
 劇場、集会場、ホテル又は旅館(集会の用に供する部分に限る)
 運動施設、博物館、遊技場、遊興施設
 物品販売業・サービス業を営む店舗(生活必需物資、サービスを除く)

※大規模施設の詳細は以下の別表を参照してください。
 なお、別表記載の施設例はあくまで例示であり、施設を限定するものではありません。
  別表:施設一覧(PDFファイル)


2.上記1の一部を賃借するテナント等 ※飲食店を除く
 1の大規模施設に来場した一般消費者を対象として飲食業以外の事業を営む事業者。

※テナント等の場合、1に該当する大規模施設内に店舗を有しており、かつ、1の大規模施設が時短営業
 に全面的に協力いただいている場合に対象となります。
 





・要請対象となる施設の20時(※1)までの時短営業に全面的に協力(※2)いただいた事業者(大企業を含む)であること。
※1)映画館等の一部施設については、21時までの時短営業。
※2)全面的に協力とは、まん延防止等重点措置実施期間(5月9日から5月31日)の全期間(少なく
   とも5月14日から5月31日まで)、20時(一部施設は21時)から翌日午前5時まで営業を
   行わない時短営業に協力いただくことをいいます。

・令和3年5月6日時点で通常の営業終了時間が20時(※3)を越えていること。
※3)映画館等の一部施設については、21時を越えていること。

・業種別ガイドライン(※4)を遵守していること。
※4)業種別ガイドラインは内閣官房のページをご参照ください。
   内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策(https://corona.go.jp/prevention/)
 

3 支給額

 以下の算定式によって算出した1日あたりの支給金額に、時短営業に応じていただいた日数を乗じた額を、1施設あたりの額として支給します。
 

※左右にフリックすると表がスライドします。

  1日あたりの支給金額
1.大規模施設 時短面積1,000㎡毎に20万円×時短率(※)
2.テナント等 時短面積100㎡毎に2万円×時短率(※)
※時短率とは、「短縮した時間/本来の営業時間」をいいます。
 なお、時短率の「短縮した時間」とは、夜間時間帯(20時から翌日5時までの間)において短縮した時間
 いいます。
※協力金を算定する際の面積は、要請対象となる面積部分のみで計算します。

<計算例>
1.大規模施設の場合の例
・営業時間:10時から22時
 ⇒12時間
・短縮時間:20時から22時
 ⇒2時間
・時短面積:3,200㎡(生活必需物資を販売する面積を除く)
 ⇒4,000㎡に満たないので3,000㎡とする(百の位以下を切り捨て)
・時短期間:5月11日から5月31日
 ⇒21日間

20万円×(3,000㎡/1,000㎡)×(2時間/12時間)×21日間
 ⇒210万円 の支給となります。


2.テナント等の場合の例
・営業時間:10時から22時
⇒12時間
・短縮時間:20時から22時
⇒2時間
・時短面積:320㎡
⇒400㎡に満たないので300㎡とする(十の位以下を切り捨て)
・時短期間:5月11日から5月31日
⇒21日間

2万円×(300㎡/100㎡)×(2時間/12時間)×21日間
 ⇒21万円  の支給となります。


※協力金の算定に関しては、国からの通知により詳細が決定します。通知の内容によっては、計算方法が変更になる場合があります。

 

4 申請手続き


※現在、準備中です。6月上旬頃を目途に公表予定です。今しばらくお待ちください。

 

5 相談窓口

 本協力金に関するお問い合わせは、以下の相談窓口にお問い合わせください。
 ※窓口での相談は受け付けておりません。お電話にて以下の相談窓口にお問い合わせください。
 

※左右にフリックすると表がスライドします。

◆三重県時短要請協力金相談窓口◆
 電話番号:059-224-2247
 開設期間:令和3年5月12日(水)から5月31日(月)
 受付時間:平日の9時から17時 ※土日は除く
 
 

6 その他

 この協力金は、補正予算が県議会で可決された場合に実施します。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815
メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

三重県集客施設時短要請協力金について