メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

トップページ > 健康・福祉 > 病気・けが・AED > 新型コロナウイルス感染症対策 名張市特設ページ > 三重県新型コロナウイルス「緊急警戒宣言」改定版(令和3年4月26日)

三重県新型コロナウイルス「緊急警戒宣言」改定版(令和3年4月26日)

更新日:2021年4月27日

 県は4月19日に「三重県緊急警戒宣言」を発出しましたが、新規感染者について、4月21日は過去最多となる57人、22日は68人、24日には72人となるなど、急激に感染者が増加しています。
 重症者の急増により、医療機関では一般医療にも影響が及びつつあり危機的な状況です。重症者用病床占有率は一時30%を超え、高い水準が続いています。
 こうした状況に鑑み、まん延防止重点措置を先取りした措置を県独自で行うなど、何としても感染拡大を阻止するため「三重県緊急警戒宣言」を抜本的に強化します。



警戒宣言1

1.特にお願いしたい感染防止対策

 「三重県指針」v er.10 におけるお願いに加え、特に以下の感染防止対策の徹底をお願いします。

 

県民の皆様へ

<移動の自粛>

  • 県境を越える移動は、生活の維持に必要な場合を除き、避けてください。【特措法第24条第9項に基づく協力要請】
  • 県外への通勤に ついても、可能な限り在宅勤務(テレワーク)の活用や休暇取得などにより、往来の機会の低減をお願いします。
  • 県外へ帰省される場合は、感染が特に拡大している地域への帰省は避けていただき、それ以外の地域に帰省される場合は、帰省 前から感染防止対策を徹底いただき、体調が悪い場合は移動を避けてください。
  • イベントや集客施設など不特定多数の人が集まる場に行くことは慎重に検討してください。
    <新たな要請>
  • 県内の移動については、必要性、安全性を慎重に検討し、移動先が「『密』となる」など感染リスクが高くなる場合は移動を避けていただくとともに、やむを得ず移動が必要な場合は、感染防止対策を徹底してください。また、混雑している場所や時間、感染対策が徹底されていない飲食店の利用は避けていただくようお願いいたします。


<感染防止対策の徹底>

  • 「 大人数や長時間におよぶ飲食 」 といった場面は、感染のリスクが高まりますので、同居家族以外の方との飲食は少人数・短時間とし、2次会などは避けてください。また、少人数、短時間の飲食であっても、特に飛沫感染に注意するなど感染防止対策を徹底してくださいい。【 特措法第24 条第9項に基づく協力要請】
  • 体調に異変を感じた場合は、出勤や通学などの外出や人との接触を避けるとともに、家庭内でも家族とは別室で過ごす、マスクを着用するなど対策をお願いします。併せて、早期にかかりつけ医等身近な医療機関に相談してください。かかりつけ医が無い場合や相談先に迷う場合は、「受診・相談センター」に相談してください。
    <新たな要請>
  • 飲食店以外においても、大人数や長時間となる飲食は感染リスクが高まります。路上や公園での大人数・長時間となる飲食は避けてください。また、大人数・長時間となるバーベキューは感染リスクが高まりますので、感染防止対策が徹底できない場合は避けてください。

    警戒宣言2

    県外の皆様へ

  • 生活の維持に必要な場合を除き三重県への移動を避けていただくようご協力をお願いします。
  • 感染が特に拡大している地域からの帰省については避けていただくよう協力をお願いします。それ以外の地域から帰省される場合は帰省の前から感染防止対策を徹底いただき、体調が悪い場合は移動を避けてください。
    ※県民の皆様におかれましては、こうした要請を県外のご家族やご友人にお伝えください。
    県緊急警戒宣言3

    事業者の皆様へ

  • 食事や休憩、勤務後の懇親会など「居場 所の切り替わり」の場面、寮における共同生活など勤務時間外も含め、従業員に対し、感染防止対策について周知・徹底してください。併せて、体調不良の場合に直ちに帰宅させ、受診を勧めるなど従業員の健康管理や、事務所や工場のみではなく食堂や休憩所、喫煙室なども含めた感染防止対策を徹底してください。【特措法第24条第9項に基づく協力要請】
  • 飲食店においては、これまでも感染防止対策を徹底していただいているところですが、改めて、感染拡大予防ガイドラインを遵守いただき、「アクリル板の設置または座席間隔の確保」、「手指消毒の徹底」、「マスク着用の呼びかけ」、「換気の徹底」などの対策を徹底してくださいい。【特措法第24条第9項に基づく協力要請】
  • 特にカラオケ等の歌唱を伴う飲食店や接待を伴う飲食店については、これまでもクラスターが発生しており、仮に感染者が発生した場合に迅速に接触者を特定し、感染拡大を防ぐため、利用者名簿の作成など連絡先の把握をお願いします。
  • 飲食店やイベントにおいては、可能な限り利用者の連絡先の把握や「安心みえるLINE 」の活用促進をお願いします。
  • 外国人生徒のいる教育機関や外国人を雇用する事業者等の皆様におかれまし ては、生活様式や文化の違いなども考慮した感染防止対策等について外国人の方への丁寧な周知をお願いします。多言語や、やさしい日本語での感染防止対策等の情報については、三重県ホームページ、三重県情報提供ホームページ「MIE INFO」や、厚生労働省、内閣官房ホームページなどにも掲載されていますので、参考としてください。
    【特措法第24 条第9項に基づく協力要請】
  • 感染が特に拡大している地域との出張などによる往来については、移動の必要性について今一度検討し、オンライン会議等の活用をお願いします。
  • ローテーション勤務や時差出勤、自転車通勤、オンライン会議ツールの活用等、接触機会低減の取組に加え、在宅勤務(テレワーク)の推進により、地域や業務の特性もふまえ可能な限り出勤者の5割以上の削減に取り組んでください。
  • イベントを主催される方におかれましては、ゴールデンウィーク期間中も含め、参加人数の制限や入場整理など「三重県指針」v er.10における開催基準の 遵守や感染防止対策の徹底をお願いします。
  • 大規模小売店や商業施設において、ゴールデンウィーク期間中に集客イベントを実施する場合は、人数制限等、感染防止対策の徹底をお願いします。
    <新たな要請>
  • これまでになく厳しい感染状況の中、少しでも感染の入口となる場面を減らし、確実に県内全域で感染拡大を食い止めるため、県内の飲食店において、営業時間を20時までとしていただくよう要請します(20時~翌日5時は営業を行わないよう要請します)。また、要請への協力状況を確認するため、現地調査を行いますのでご協力をお願いします。【特措法第24 条第9項に基づく協力要請】なお、時短要請に全面的にご協力いただいた県内の飲食店を対象に、協力金を支給します。
  • 飲食店においてカラオケ設備のある店舗においては、昼夜を問わず、感染防止対策が徹底できない場合は、カラオケの利用を控えてください。
  • 商業施設をはじめ集客施設においては、入店時や店内における距離の確保など利用者の整理・誘導、発熱している方や感染防止対策(マスク、手指消毒など)を行わない方の入場を避けていたただくといった対策もお願いします。
  • 特に1,000平方メートルを超える物品販売業を営む店舗など大規模な集客施設においては、人流を減少させるため、営業時間の短縮など可能な限りの対策をご検討いただくようお願いします。
    警戒4
    警戒宣言6
    警戒2100
    警戒800

2.偏見や差別の根絶について


 感染された方やそのご家族、仕事や通勤等やむを得ない事情で県外から来県される方、治療にあたっている医療従事者、外国から帰国された方、日本に居住する外国人の方が差別や偏見にさらされることがないよう、偏見・差別につながる行為、人権侵害、誹謗中傷等は絶対に行わないでください。

 以上について、5月11日(火曜日)までを協力要請期間とします。
 なお、感染状況が早期に改善した場合は、期限を待たず解除します。


◎感染拡大を徹底して食い止めるため、4月25日に開催した三重県まん延防止等重点措置対策検討会議における有識者の意見も踏まえ、新型インフルエンザ等対策特別措置法第31条の4第6項に基づき政府対策本部長に対し、「まん延防止等重点措置」の適用を要請する方向で、岐阜県とも連携し、政府と協議を行っていきます。対象となる区域については、感染者の増加が著しい四日市市をはじめ、感染状況や医療提供体制、生活圏を考慮し、政府との調整を進めていきます。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815
メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

三重県新型コロナウイルス「緊急警戒宣言」改定版(令和3年4月26日)
県は4月19日に「三重県緊急警戒宣言」を発出しましたが、新規感染者について、4月21日は過去最多となる57人、22日は68人、24日には72人となるなど、急激に感染者が増加しています。
 重症者の急増により、医療機関では一般医療にも影響が及びつつあり危機的な状況です。重症者用病床占有率は一時30%を超え、高い水準が続いています。
 こうした状況に鑑み、まん延防止重点措置を先取りした措置を県独自で行うなど、何としても感染拡大を阻止するため「三重県緊急警戒宣言」を抜本的に強化します。