メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

新型コロナワクチン接種について

更新日:2021年11月19日

新型コロナウイルスワクチン集団接種の受付を終了します

 集団接種会場における、1回目接種の予約受付については、
 10月24日(日曜日)接種分をもちまして終了します。
 今後は、12歳の誕生日を迎え、新たに接種対象になった方を対象として接種を実施します。
 また、やむを得ず接種できなかった方などに対する接種の実施については、現在調整中です。


新たに12歳の誕生日を迎える小学生を対象とした接種について

 市では、新たに12歳の誕生日を迎える小学生を対象にワクチン接種を実施します。
 平成21年11月28日生まれ以降の方への接種の実施については、現在調整中です。

ワクチン接種の流れなどについて

1.接種券をご用意ください

  • 予約には、接種券に記載の「券番号」が必要です。接種券をご用意ください。
  • 接種券はシールになっていますが、はがしたり切り取ったりせずに、接種会場へお持ちください。

接種券
※名張市発行の接種券をお持ちの人が、ワクチン接種の予約ができます(家族などが、接種される方の予約をすることは可能です)。
※住所地が名張市以外の人が名張市のワクチン接種を予約するためには、名張市への「住所地外接種届」を提出いただく必要があります。詳しくは、当ページ内「住所地以外での新型コロナワクチン接種について」をご確認ください。


2.予約する

 インターネット予約サイトにて予約を行ってください。
予約サイトでは、ログインIDは接種券に記載の「券番号(10ケタ)」、パスワードは生年月日
(西暦で8ケタ【例】2008年4月1日生まれの方は「20080401」)を入力してください。
 なお、インターネットでの予約の変更・取消はできません。
予約の変更・取消は、集団接種予約センター(電話 0120-708-567)にご連絡ください。


3.指定日時に接種会場へ

【 会場での接種の流れ 】 待機も含め1時間程度必要です


会場での接種の流れ

  • お越しいただく時間・会場は、予約後に送付する「予約確認通知書(はがき)」をご確認ください。
  • 持ち物:接種券、予診票(事前にご記入ください)、 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードいずれか1点)ほか、予約確認通知書(はがき)
  • 介助が必要な場合、家族などが付き添ってください。
  • 発熱など体調が悪いときは、接種を控え、集団接種予約センター(0120-708-567)にキャンセルの連絡をしてください。なお、キャンセルが生じた場合は、キャンセル待ち登録者などに接種します。
  • 接種は無料です。

新型コロナワクチン接種キャンセル待ち登録について(9月13日から開始

集団接種及び職域接種で当日などに急なキャンセルが生じた場合に、使用可能なワクチンが無駄にならないよう、また、少しでも早くワクチンを接種したい人の希望に応えるため、ワクチン接種のキャンセル待ち登録を開始します。

対象

  • 名張市に住民票がある方または住民票がない方で住所地外接種の手続きをした方
    接種券がある方
  • 満12歳から59歳以下の方
  • 新型コロナワクチン接種を2回受けていない方(1回目の接種がお済みの方も対象となります)
※新型コロナワクチンの集団接種・職域接種を予約されている方も、キャンセル待ちに登録していただけます。

登録開始日

9月13日(月曜日)から

登録方法

土曜日、日曜日、祝日を除く平日午前9時から午後5時までに、名張市新型コロナワクチン相談コールセンター(連絡先 0595-63-7306)へ電話で登録を行ってください。電話による登録時には、接種券番号が必要となることから、接種券を用意してください。

連絡方法

市内の集団接種・職域接種会場において当日キャンセルが発生した場合等に、登録した電話番号に連絡します。

留意事項

  • 登録者全員にご案内することをお約束するものではありません。
  • キャンセル待ちの順番などの問い合わせについてはお答えできません。
  • 接種日時、接種会場及びワクチンの種類を選択することはできません。ただし、1回目の接種がお済みの方は、1回目と同種類のワクチンとなります。
  • キャンセル待ち名簿の登録順に電話連絡しますが、連絡がつかない場合やご都合が合わない場合は次の登録者へ連絡します。
  • キャンセル待ち登録の受付期限は未定です。登録受付を停止する際は、市ホームページ等で周知します。

 

12歳~18歳の人に対する接種について

 市では、国や三重県の通知を踏まえ、児童・生徒などの接種の際の安全を確保する観点から、市立病院でワクチン接種を実施します。
 新型コロナワクチン接種の効果や副反応などについて、本人と保護者が相談し、十分理解いただいた上で、希望する場合には、接種することができます。

効果

  • 16歳以上の約4万人を対象とした海外の研究では、95%の発症予防効果が報告されています。
  • 海外の研究結果から、感染予防の効果が認められています。
  • 重篤な基礎疾患のある小児への接種により、新型コロナ感染症の重症化を予防できると認められています。

副反応など

  • 接種後の痛みや発熱・倦怠感などが、高齢者に比べて年齢の若い人に、より多く発現しています。
  • 接種時の緊張などからくる、年齢特有の接種直後の反応に留意する必要があります。
  • 接種後、数日以降の副反応(心筋炎・心膜炎など)に留意する必要があります。

 

妊娠中の人を対象とした新型コロナワクチン接種等について

 妊娠中の人で、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染すると、早産率が高まり、患者本人も一部重症化することが報告されています。妊娠時期を問わず、ワクチン接種が可能です。市内で接種を希望する妊娠中の人・配偶者・パートナーは、下記の医療機関にお問い合わせください。

  • 卓山医院(桔梗が丘南1/ 65‐0001)
  • 武田産婦人科(鴻之台1/ 64‐7655)
  • 藤本産婦人科(平尾/ 63‐0995)

関連リンク 厚生労働省「新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)対策~妊婦の方々へ~」

新型コロナワクチンについて

ワクチンQ&A

「ワクチンナビ」ワクチンの概要・効果、供給されるワクチン、接種状況などについての情報(厚生労働省ホームページ)

Q.必ず接種しなければいけませんか?

A.接種は、強制ではありません

予防接種による発症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解いただいた上で、自らの意思で接種を受けてください。なお、アレルギー症状などで接種できない人がいます。接種しないことを理由とした差別や偏見、誹謗中傷は許されません。

【関連リンク】厚生労働省 ワクチンの有効性・安全性について

 

Q.ワクチン接種後も感染するの?

A.感染することがあります

ワクチン接種による発症予防効果は100%ではありません。また、ワクチンを接種しても免疫がつくまでに1~2週間程度かかり、ワクチン接種後でも新型コロナウイルスに感染する場合があります。
そのため、ワクチン接種後も、マスクの着用や「3密」の回避など、継続して感染予防に取り組んでください。


Q.一番多い副反応は何?

A.接種部位の痛みです

  • ファイザー社製ワクチンで、一番多い副反応は接種部位の痛みで、接種直後よりも翌日に痛みを感じている人が多く、倦怠感、頭痛、悪寒、筋肉痛、関節痛、発熱などが起こることがあります。
  • 接種後すぐに現れる可能性のある症状としてアナフィラキシーや血管迷走神経反射などがあります。また、ごくまれに、軽症の心筋炎、心膜炎の発症例があります。
  • 接種後、数日以内に胸痛、動悸、息切れなどの症状があれば、すぐに医療機関を受診し、ワクチンを接種したことをお伝えください。

新型コロナウイルスワクチン副反応相談窓口
059‐224‐3326 (24時間対応/休日も受付)

ワクチン接種前後の副反応に関する質問や相談

※対応言語…日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語

【関連リンク】三重県「新型コロナウイルスワクチン接種に関する総合サイト」


Q.市役所窓口に行けば予約できる?

A.窓口で接種の予約はできません

予約の電話がつながりにくくなることなどが予想されますが、市役所の窓口や予約センター以外の電話での予約はできません。「3密」回避のためにも、ご理解・ご協力ください。

Q.ワクチン接種は必ずできますか?

A.希望する全ての人が接種できます

「3密」の回避のために、一度に接種を進めることが難しく、早い遅いはありますが、ワクチンの接種希望者は、必ず接種できますのでご安心ください。

ワクチンの入荷状況(9月29日現在) 

  • 5月21日…12箱(14,040回分)を入荷
  • 5月27日…9箱(10,530回分)を入荷
  • 6月9日…11箱(12,870回分)を入荷
  • 6月23日…13箱(15,210回分)を入荷
  • 7月6日…10箱(11,700回分)を入荷
  • 7月31日…4箱(4,680回分)を入荷
  • 8月6日…6箱(7,020回分)を入荷
  • 8月18日…6箱(7,020回分)を入荷
  • 9月3日…1箱(1,170回分)を入荷
  • 9月9日…3箱(3,510回分)を入荷
  • 9月15日…4箱(4,680回分)を入荷
  • 10月1日…4箱(4,680回分)を入荷予定
  • 10月4日…1箱(1,170回分)を入荷予定

    ※5月21日以降分を掲載しています。

ワクチン接種状況

新型コロナワクチンの接種数・接種率の速報値を公開しています。
掲載している内容は、最新の状況とは異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

●ワクチン接種記録システム(VRS)登録数【令和3年11月15日時点】

  1回目接種 2回目接種
  接種数(人)    割合(%) 接種数(人)    割合(%)
65歳以上
(対象者25,595人)
23,858 92.0 23,754 91.6
64歳以下
(対象者52,803人)
37,276 72.2 36,852 71.3
合計
(対象者78,398人)
61,134 78.8 60,606 78.1
※対象者数は、内閣官房政府CIOポータルの「新型コロナワクチンの接種状況」で使用している令和2年1月1日現在の住基台帳人口

 

Q.住所地以外での接種はできますか?

A.原則、住民票所在地の市町村で接種してください。ただし、事情がある場合は、接種を受けることができる場合もあります。

新型コロナワクチンの接種は、原則、住民票所在地の市町村で接種を行うこととしています。ただし、やむを得ない事情があり、住民票所在地において接種を受けることができない人は、接種を行う医療機関などが所在する市町村に事前に届出を行うことで、接種を受けることができます。

接種場所の原則と例外

新型コロナウイルス感染症にかかる予防接種の実施に関する手引き2.0版

住所地外での接種対象者(接種を行う医療機関などが所在する市町村への届出が必要)

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿などをしている学生
  • DV、ストーカー行為等、児童虐待および、これらに準じる行為の被害者 など

    【以下の接種対象者は接種を行う医療機関などが所在する市町村への届出が省略できます】
  • 入院・入所中の人
  • 基礎疾患があり、主治医の下で接種する必要がある人
  • 災害の被害にあった人 など

なお、名張市の人が伊賀市の医療機関で接種する場合は届出の必要はありません。
また、伊賀市の人が名張市の医療機関でコロナワクチン接種する場合も届出の必要はありません。

※住所地が名張市以外の人が、名張市の集団接種の予約をするためには、名張市への「住所地外接種届」を提出いただく必要があります。
 

 申請方法は、窓口・郵送 

 住民票所在地以外での接種を希望する人は、接種を行う医療機関などが所在する市町村に「住所地外接種届」の届出が必要です。
 下記のいずれかの方法で申請してください。
 市町村は「住所地外接種届」を受理した後、記載内容を確認したうえで「住所地外接種届出済証」を交付します。

名張市住所地外接種届(pdfファイル/327KB)
名張市住所地外接種届(WORDファイル/20KB)

【窓口で申請】
 接種を行う医療機関が所在する市町村の窓口に「住所地外接種届」「接種券」または「接種券の写し(コピー)」を提出してください。

【郵送で申請】
 必要事項を記入した「住所地外接種届」「接種券の写し(コピー)」を接種を行う医療機関などが所在する市町村に郵送してください。

 

新型コロナワクチンに関するお知らせ・注意事項

新型コロナウイルスワクチン接種に係る健康被害救済制度

救済給付について

予防接種後の副反応による健康被害は、極めてまれではあるものの不可避的に発生するものです。したがって、接種に係る過失の有無に関わらず、健康被害が生じたと厚生労働大臣が認める者については、国の負担により救済給付を行うこととなっています。

給付の流れについて

請求者は、給付の種類に応じて必要な書類を揃えて本市に請求をします。
本市は、請求書を受理した後、予防接種健康被害調査委員会が調査した資料を、県を通じて国へ進達をします。
国は、疾病・障害認定審査会に諮問し、答申を受け、県を通じて本市に通知をします。
その後、給付が認められた事例に対して給付が行われます。
詳細については、厚生労働省ホームページをご覧ください
 
【関連リンク】厚生労働省ホームページ
【関連書類】厚生労働省作成リーフレット


新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の発行について

7月26日(月曜日)から海外渡航予定がある方を対象に、申請受付を開始します。
当面は、海外渡航予定がある方のみを対象としています。

  1. 受付開始日
    令和3年7月26日(月曜日)から

  2. 対象者
    名張市発行の接種券を利用して新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた方で、現に海外渡航の予定がある方

    ※以下の方は発行対象外
      ・現に海外渡航の予定がない方
      ・接種を受けていない方
      ・予防接種法の対象外となる方(在外日本人一時帰国者、米軍接種を受けた在日米軍従事者、ワクチンの輸入等で接種した者、国内治験参加者)
  3. 申請方法及び発行方法
      窓口(名張市新型コロナウイルスワクチン接種推進本部事務局(市役所4階))または郵送で申
      請してください。証明書は、申請から1週間程度で郵送発行します。

      (申請提出先)
       〒518-0492
        名張市鴻之台1番町1番地
         名張市役所  名張市新型コロナウイルスワクチン接種推進本部事務局 宛

  4. 必要書類
    (1) 新型コロナウイルスワクチン接種証明書交付申請書
    (2) 旅券
    (3) 接種券(接種済証)または接種記録証(先行接種で接種された医療従事者及び一部の高齢者施設等従事者)
    (4) 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等) ※返信先住所の記載されたもの(返信先住所の記載があれば、旅券でも可)
    (5) 旅券に旧姓・別姓・別名(英字)が記載されている場合、旧姓・別姓・別名が確認できる書類                            
    (6) 返信用封筒(申請者による切手貼付、返信先住所の記載必須)
    ※郵送で申請の場合
    上記(1)~(6)を申請提出先に郵送してください。((2)から(5)は写しを提出)
    ※代理人による請求の場合は、本人の自署による委任状が必要です

    【関連書類】新型コロナウイルスワクチン接種証明書交付申請書(PDF:312KB)

接種を受けている・受けていないといった理由による差別や偏見、誹謗中傷は許されません!

予防接種による発症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解いただいた上で、自らの意志で接種を受けてください。なお、ワクチンを早く接種した人やワクチンを接種できない理由がある人などさまざまな人がいます。ワクチン接種を受けている、受けていないといった理由による差別や偏見、誹謗中傷は許されません。

ワクチン接種をかたる不審電話にご注意ください!

   新型コロナウイルスに係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報を騙しとろうとする電話に関する相談が、消費生活センターに寄せられています。
 市などの行政機関等が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話で求めることはありませんのでご注意ください。

 

ワクチン接種に関する相談窓口など

市新型コロナウイルスワクチン相談コールセンター

0595‐63‐7306 午前9時~午後5時(平日のみ)
市のワクチン接種について ※接種予約はできません

みえ新型コロナウイルスワクチン接種ホットライン

 059‐224‐2825  午前9時~午後9時(休日も受付)
接種の一般的な問合せ・相談など

【夜間窓口】050-3185-7947 午後9時~翌午前9時(休日も受付)
AI音声技術を活用した自動応答電話窓口です

【関連リンク】三重県「新型コロナウイルスワクチン接種に関する総合サイト」

新型コロナウイルスワクチン副反応相談窓口

 059‐224‐3326 (24時間対応/休日も受付)
ワクチン接種前後の副反応に関する質問や相談
※対応言語…日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語

【関連リンク】三重県「新型コロナウイルスワクチン接種に関する総合サイト」

厚生労働省 新型コロナワクチン コールセンター

0120‐761770    午前9時~午後9時(休日も受付)
 ワクチン施策などについて

【関連リンク】厚生労働省「新型コロナワクチンについて

みえ外国人(がいこくじん)コロナワクチン相談(そうだん)ダイアル

080‐3123‐9173  9:00~17:00 
土曜日(どようび)・祝日(しゅくじつ)を除(のぞ)く

Mon~Fri、Sun(Excliding holidays)

【関連(かんれん)リンク】みえ新型(しんがた)コロナウイルスワクチン接種(せっしゅ)ポータルサイト Covid19 vaccination information from Mie prefecture


 

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

【新たに12歳の誕生日を迎える小学生が対象】新型コロナウイルスワクチン接種