メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

トップページ > 健康・福祉 > 病気・けが・AED > 新型コロナウイルス感染症対策 名張市特設ページ > 市内の新型コロナウイルス感染症患者の発生状況、対策・方針(令和4年7月1日更新)

市内の新型コロナウイルス感染症患者の発生状況、対策・方針(令和4年7月1日更新)

更新日:2022年7月1日

市内の新型コロナウイルス感染症患者の発生状況

感染拡大の状況を把握いただくために、名張市内における新型コロナウイルス感染症患者の発生状況の推移を掲載しています。患者ごとの詳細情報については、三重県ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

【関連リンク】新型コロナウイルス感染症と診断された皆様へ

令和4年6月の患者数 ※県外事例を含む

6g30.png

 

名張市内患者数の推移(6月30日現在 合計3,789人) ※県外事例を含む

ruikei202206.png

nendaibetsu-ruikei202206.png


<三重県公表の市内の患者発生一覧>
※令和2年4月~令和3年9月分 一覧はこちら
※令和3年10月~11月分 一覧はこちら
※令和4年1月一覧はこちら
※令和4年2月一覧はこちら
※令和4年3月一覧はこちら
※令和4年4月一覧はこちら
※令和4年5月一覧はこちら
※令和4年6月一覧はこちら

※令和4年7月以降の患者ごとの詳細情報については、三重県ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

  • 感染者の公表は、保健所を所管する自治体(都道府県、特別区、政令市、中核市など)でなされることとなっており、名張市のように保健所を所管していない市町村で感染者が確認された場合は、三重県が公表することとなっています。このため、名張市は、三重県からの情報に基づいて、情報提供を行っています。
  • 新型コロナウイルスの感染を理由とした不当な差別、偏見、いじめ、勤務先や行動先への風評被害などは、決して許されるものではありません。市民の皆さんには、誤った認識や不確かな情報に惑わされて、人を傷つけたり、不確かな情報を拡散しないよう、県や市が発表する正しい情報に基づいて冷静な行動をお願いいたします。
  • 市では、伊賀市や県と協力し、インターネットにおける差別や人権侵害につながる書き込みの早期発見と拡散防止のためのモニタリング(監視事業)を実施しています。インターネット上の人権侵害に関する相談:みんなの人権110番 フリーダイヤル 0570-003-110(津法務局)

<用語の説明>
・陽性者:PCR検査や抗原検査の結果、陽性と判明したもの
・感染者:臨床的特徴や検査結果を踏まえ「新型コロナウイルス感染症発生届」をもって医師が感染したと判断したもの

新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた「三重県指針」ver.16

 令和4年に入るとともに急激な感染拡大となったオミクロン株による第6波について、感染者数は5月中旬以降、減少傾向が続き、6月中旬以降は横ばいとなっているものの、病床使用率は20%を下回るなど一定の落ち着きを見せている状況です。

 全国においても、新規感染者数は5月の大型連休後には増加傾向となったものの、その後は減少傾向が継続し、療養者数や重症者数も減少が続いています。

 一方で、梅雨が明け、これから夏休みの期間を迎え、帰省や旅行など普段とは違う活動をする機会が増加するとともに、オミクロン株の新たな系統への置き換わりの可能性もあること等から、感染者数の増加、医療提供体制への影響も懸念されるところです。

 こうした状況をふまえ、「三重県指針」を改定し、今後の感染拡大時の対応等についてお示しいたします。今後の対策の指標については、これまで新規感染者数を主な指標の一つとしていましたが、オミクロン株が主流となり、感染しても入院が必要となる方の割合が低い状態が続く場合は、医療提供体制への負荷(病床使用率や重症者用病床使用率)を主な指標として対策を実施することとします。

 水際対策を緩和し、海外からの観光客の受入れも再開されるなど、社会経済活動を徐々に平時の状態に戻す取組が始まっています。しかしながら、これは感染防止対策を終了するということではなく、これまでの知見をふまえ、必要な場面ではしっかりと対策を行うことが前提となります。

 県民の皆様、事業者の皆様におかれましては、回復しつつある社会経済活動との両立に向け、引き続き、場面に応じた適切な感染防止対策をお願いいたします。

 オミクロン株においても、「人との距離の確保」「マスクの着用」「手指衛生」「換気」など基本的な感染防止対策は変わりませんが、例えば屋外で距離が取れる場合や距離が取れなくても会話がほとんどない場合等ではマスクは不要であるなど、場面に応じ、適切な対策の実践をお願いいたします。

 特に、これから暑い時期を迎えますので、ご自身の体調も考慮いただきながらの感染防止対策をお願いいたします。
 県としても引き続き、感染拡大の防止と社会経済活動の回復に向け、取組を実施してまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

                令和4年6月29日

                      三重県知事  一見 勝之

  

新型コロナ対策と熱中症予防で夏を乗り切ろう!

暑さに備えて体力づくり、こまめな水分補給

暑さを避ける

  • 換気しながら、エアコンの温度設定をこまめに調整
  • 扇風機なども併用

    状況に応じてマスクをはずす
  • 気温・温度の高い中でのマスク着用は要注意
  • 負荷のかかる作業や運動中のマスク着用を避ける
  • 屋外でも人と十分な距離(2メートル以上)を確保する

 三重県指針においてマスク着用の目安が示されています

  人との距離の確保ができる
(2m以上を目安)
人との距離の確保ができない
屋内※1 屋外 屋内※1 屋外
会話を行う 着用推奨※2 必要なし 着用推奨 着用推奨
会話をほとんど
行わない
必要なし 必要なし 着用推奨 必要なし

※1 外気の流入が妨げられる、建物の中、地下街、公共交通機関の中など
※2 十分な換気など対策を講じている場合はマスクを外すことも可能

 

発熱等の症状がある方の受診方法

(1)まずは、かかりつけ医等の身近な医療機関に、電話でご相談ください。
(2)相談する医療機関に迷う場合は、「受診・相談センター(帰国者・接触者相談センターから名称変更)」へご相談ください。

※診療時間や受診方法等が通常と異なる可能性がありますので、受診前に電話にてご相談ください。
※相談先の案内に従って受診してください。受付可能時間には限りがあるため、すぐに受診できない可能性がありますので、予めご了承ください。

受診・相談センター 
連絡先 伊賀保健所 電話番号 0595-24-8050
○9時から21時まで(土曜日・日曜日・祝日も対応)

※回線が混み合っている場合は、電話がつながりにくくなりますので、ご了承ください。
※21時から翌9時までは、
 三重県救急医療情報センター 059-229-1199
 にご相談ください。

三重県「新型コロナウイルス感染症についてのご相談等」

相談窓口など

厚生労働省 相談窓口

電話番号0120-565653(フルーダイヤル)
○受付時間 9時00分から21時00分まで(土曜日・日曜日・祝日も実施)

厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

三重県 相談窓口

電話番号059-224-2339 ファクス059-224-2344
○受付時間 9時00分から17時00分まで(土曜日・日曜日・祝日を除く)

【関連リンク】
三重県「新型コロナウイルス感染症に関連した肺炎に関する電話相談窓口を設置します」

 新型コロナウイルス感染症に伴う、出産に対する不安などについて、三重県では「マタニティほっとライン」を開設し、オンラインと電話による相談を受け付けています。
○実施期間  令和2年7月1日~令和3年3月31日【受付は終了しています】
      →令和3年4月以降の相談窓口はこちら

【関連リンク】
三重県「新型コロナウイルス感染症に伴い、不安を抱える妊婦の方々への相談窓口を開設します」

人権相談

新型コロナウイルス感染症に関して、差別的な扱いを受けた、不当な差別を見かけたなど、人権問題と思われる場面に直面した場合には、以下の相談窓口にご連絡ください。

三重県人権センター相談窓口 電話 059-233-5500

   9:00~17:00 ※土日、祝日を含む毎日

法務省(みんなの人権110番) 電話 0570-003-110

   8:30~17:15 ※平日

コロナ禍のいまこそ、「こころをひとつに。」

●広報なばり令和3年10月号 特集「コロナ禍のいまこそ、こころをひとつに。」


 コロナ禍の中、国体中止をはじめ、様々な地域活動が制限される中、「今できることを一歩ずつ」と、活動を継続している人を紹介。さらには、市民が一丸となって取り組んでいこうといったメッセージを発信しながら、コロナ禍を通じて見えてきた「人に思いやりのある社会」の姿を浮き彫りにし、地域共生社会への理解を深めていただく特集としています。

●YouTube「名張市公式広報チャンネル」で動画を公開
thumbnail-kokoro.jpg

【動画】コロナ禍のいまこそ、こころをひとつに。
※登場人物の肩書などは、令和3年10月現在のものです。



外国人向け情報発信

  • 多言語ややさしい日本語での感染防止対策等の情報については、三重県ホームページ、三重県情報提供ホームページ「MIE INFO」や、厚生労働省、内閣官房ホームページなどにも掲載されていますので、参考としてください。
三重県ホームページ「外国人住民のみなさまへFor foreign residents 」
三重県情報提供ホームページ「 MIE INFO 」
厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について
内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策

 

名張市PCR検査センター

 名張市では、新型コロナウイルス感染症について、伊賀保健所を中心とした既存の検査体制に加えて、県からの委託を受け、8月20日に市と名賀医師会により「名張市PCR検査センター」を開設します(令和2年8月20日~)。
 これにより、PCR検査(ウイルスの遺伝子を検出する検査)を受けやすい環境を整備するとともに、地域医療体制を確保し、さらなる感染拡大防止に取り組みます。
 なお、PCR検査センターでの検査は、かかりつけ医が検査が必要と判断した患者を対象として実施します。

 

名張市の新型コロナウイルス感染症対策にかかる体制

名張市新型コロナウイルス感染症対策本部(令和2年3月11日設置)

 現在、名張市では、新型コロナウイルス感染症対策本部を立ち上げ、感染拡大防止等について、必要な対策を講じています。

名張市新型コロナウイルスワクチン接種推進本部(令和3月1月8日設置)

 国は、新型コロナウイルス感染症に係るワクチンについて、安全性、有効性の確認を最優先に、令和3年前半までにすべての国民に提供できる数量を確保することとしており、これを受けて、本市でも、国や県、関係機関と連携・協力し、全庁をあげて、スピード感をもって接種に必要な実施体制の準備を進めています。

◎新型コロナワクチンの接種についての準備状況はこちら


【関連リンク】
厚生労働省「新型コロナワクチンについて」

子どもたちへの啓発

thumbnail-ansinder.jpg

119団アンシンダー~コロナ禍で生まれた新必殺技 そして絆 編~

 広報なばりに掲載した市長をはじめ各団体代表や市民の、コロナ禍を乗り越えていくための想いやメッセージを、動画にも収録。これを「こころをひとつに。」という作品(8分38秒)にして、YouTube「名張市公式広報チャンネル」で公開しています。

 また、子どもたちに向けて、感染防止対策の大切さを分かりやすく紹介し、実践してもらえるよう、名張のローカルホーロー「119団アンシンダー」が登場する動画「119団アンシンダー~コロナ禍で生まれた新必殺技、そして絆編」(9分3秒)を同チャンネルで公開しています。

  • 下記ポスターをダウンロードして、施設や店舗などに掲示してください。よろしくお願いいたします。

 ローカルヒーロー119団アンシンダ―「その技でコロナに打ち勝て!」


ansinder-covid19.jpg

 

 

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

 市内の新型コロナウイルス感染症患者の発生状況や、新型コロナウイルス感染症への対策・方針について掲載しています。