メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

トップページ > 産業・事業者 > 入札・契約 > お知らせ > 最新のお知らせ > 令和3年3月23日付お知らせ(令和3年4月からの入札制度等の改正について)

令和3年3月23日付お知らせ(令和3年4月からの入札制度等の改正について)

更新日:令和3年3月23日

令和3年4月以降に適用となる入札・契約制度の変更点について、お知らせします。

1 入札参加資格要件(完成工事実績要件の変更について)【令和3年4月1日以降の公告分より】

土木一式工事・建築一式工事・ほ装工事において、完成工事実績を入札参加資格要件としない工事の規模を次のとおりとします。(昨年5月にお知らせしたとおりです。令和2年6月1日改正の条件付き一般競争入札運用基準に記載があります。)

【現行(令和3年3月31日公告分まで)】
土木一式工事・建築一式工事:設計金額が1,000万円未満
ほ装工事:設計金額が300万円未満

【改正(令和3年4月1日以降の公告分より)】
土木一式工事・建築一式工事:設計金額が500万円未満
ほ装工事:設計金額が300万円未満(変更なし)

 

2 最低制限価格算出の際の端数処理を変更【令和3年4月1日以降の公告分より】

建設工事、測量・設計業務委託において設定する最低制限価格について、「最低限必要な費用(P)」の算出におけるP/1.10値の端数処理を変更します。  

    現行:千円未満切り捨て ⇒ 変更後:万円未満切り捨て 

Pの算出方法の詳細については、添付ファイルの『最低制限価格の運用について(令和3年4月)』をご覧ください。(端数処理以外は変更ありません。)

なお、「予定価格を決定するためのくじ引き」を行う案件における最低制限価格(税抜)の端数処理についても、千円未満切り捨てから万円未満切り捨てへ変更します。
最低制限価格 計算例(工事)

3 工事費積算資料の公表 【令和3年4月1日以降の公告分より】

入札参加者の適切な見積に資するため、入札公告時に名張市が用いた工事費積算資料を参考として公表します。公表する工事費積算資料の内容については、添付ファイルの「工事費積算参考資料(見本)」のとおりとします。

  • 対象:入札発注する全ての建設工事
  • 公表方法:名張市ホームページの発注情報のページに掲載

4 その他、令和2年度中に試行・実施予定としていた事項について

令和2年度中に試行・実施予定としていた事項については、令和3年度以降、以下のとおり実施します。
なお、予定価格の事後公表の試行時期については、「設計金額と予定価格を同額とする」試行の結果を検証しつつ、検討を進めます。

(1)設計金額と予定価格を同額とすることについて

一部工事について試行として、予定価格を決定するためのくじ引きを行わず、設計金額と予定価格を同額とします。(設計金額は事前公表します。)
試行期間は1年程度とし、詳細については、試行方法等が決定次第、あらためてお知らせします。なお、試行案件については、発注情報において、その旨を表示します。

(2)上記(1)との関連事項について

  • 上記(1)の試行案件においては、最低制限価格の公表方法を「最低制限価格 の率の事前公表」ではなく「最低制限価格(金額)の事後公表」とします。
  • 上記(1)の試行案件においては、立会人の人数を3人ではなく2人とします。 
  • 上記(1)の試行案件においては、開札日前日の入札参加者公表を行いません。       

(3)低入札価格調査について

設計金額(税抜き)が1億円以上の工事(又は1億円未満であっても市長が必要と認めた工事)において実施します。(試行後、本格導入。)
なお、この低入札価格調査の試行対象は、上記(1)の試行案件とします。

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、リンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

総務部 契約管財室
電話番号:0595-63-7335(契約担当)
0595-63-7336(管財担当)
ファクス番号:0595-62-0778
メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。