メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 事業者の方へ > 入札・契約 > お知らせ > 最新のお知らせ > 令和2年4月7日付お知らせ(その2)(条件付き一般競争入札運用基準の改正について)

令和2年4月7日付お知らせ(その2)(条件付き一般競争入札運用基準の改正について)

更新日:令和2年4月7日

令和2年6月1日付けで条件付き一般競争入札運用基準を改正しますのでお知らせいたします。

主な改正内容 ※ 以下の内容については、令和2年5月21日付お知らせにて見直しを掲載しています。

1.予定価格、最低制限価格等について【令和2年6月1日以降の公告分より】

(1) 設計金額と予定価格を同額とします。(予定価格を決定するためのくじ引きは廃止します)

(2)予定価格の公表は、事前公表を継続しますが、事後公表の適否について検証を進めるため、一部の工事について予定価格の事後公表を試行します。なお、事後公表とする案件については、発注情報に事後公表とする旨を表示します。

(3)最低制限価格率の事前公表を取りやめ、発注情報には、最低制限価格の有無を表示します。なお、適用した最低制限価格は、開札後に公表します。

(4)低入札価格調査について、設計金額(税抜き)が1億円以上の工事(又は1億円未満であっても市長が必要と認めた工事)において実施します。

2.入札参加資格要件、格付けについて

(1)完成工事実績要件の変更 【令和3年4月1日以降の公告分より】
土木一式工事・建築一式工事・ほ装工事において、完成工事実績を入札参加資格要件としない工事の規模を次のとおりとします。

 【現行(令和3年3月31日公告分まで)】

  • 土木一式工事・建築一式工事   設計金額が1,000万円未満
  • ほ装工事  設計金額が300万円未満

令和3年4月1日以降の公告分から】

  • 土木一式工事・建築一式工事   設計金額が500万円未満
  • ほ装工事  設計金額が300万円未満(変更なし)

 (2)格付け変更制度の導入【令和2年度の格付けより】
土木一式工事、建築一式工事を希望業種に登録している市内本店事業者を対象に実施している格付けについて、事業者からの申請により、ランクを1つ下げることを可能とします。なお、申請手続きの具体的な内容については、5月にお知らせします。

  • 変更申請期間  6月1日から6月20日まで 
  • 変更の適用日  7月1日(公告日が7月1日以降の入札案件より適用)
  • 変更後のランクの有効期間  7月1日から翌年5月31日まで。(再変更は不可)

3.入札手続き等について【令和2年6月1日以降の公告分より】

(1)再度入札制度の導入について 
入札回数については、現行どおり1回を原則としますが、予定価格を事後公表とする案件のうち、特に定めた案件については、予定価格を下回る入札者がいなかった場合に再度入札を実施します。なお、再度入札の対象とする案件は、公告において、その旨を表示します。また、再度入札の具体的な方法については、その都度定めて公表します。

(2)開札立会の辞退について
開札立会人に選定された者が開札に立会わなかったときは、入札を無効としていましたが、開札前日までに届け出た場合に限り開札立会人を辞退できることとし、辞退した者の入札は有効とします。(開札前日までに辞退届が提出されず、立会わなかったときは、入札を無効とします。)

(3)開札立会人の人数の変更
予定価格を設計金額と同額にすることに伴い、予定価格決定のくじが不要となるため、立会人の人数を3人から2人に変更します。

 (4)入札の辞退(落札候補者となることの辞退について)
落札候補者が開札後にその地位を辞退することは、契約締結を拒む行為であり「入札における不誠実な行為」として資格停止措置の対象となりますが、次の特例を設けます。

【特例の内容】
工事費内訳書の審査の結果等により落札候補者の入札が無効となったときは、次順位の入札者が繰り上がって落札候補者となりますが、この次順位の入札者は、正当な理由があれば、その案件について落札候補者となることを辞退することができます。
※正当な理由・・・同日の開札で別案件の落札候補者となっており技術者の配置が不可能など

 4.その他の見直し【令和2年6月1日以降の公告分より】

 (1)入札参加者の公表の取り止め
開札前日に入札参加者をホームページで公表していますが、この入札参加者の公表を取り止めます。

(2)入札の中止等について
次のいずれかに該当するときは、入札を延期又は中止します。なお、入札参加者が要した費用は、参加者の負担とします。

  • 談合等、不正行為の事実があるとき又は恐れのあるとき
  • 公告又は設計図書・仕様書等に重大な誤りがあるとき
  • 天災その他やむを得ない理由があるとき

このページに関する問い合わせ先

総務部 契約管財室
電話番号:0595-63-7335(契約担当)
0595-63-7336(管財担当)
ファクス番号:0595-62-0778

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。