メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市

トップページ > 市政情報 > 市長の部屋 > 市長から市民の皆さんへメッセージ

市長から市民の皆さんへメッセージ

令和3年5月 

 

 4月以降、全国的に、新型コロナウイルス感染症の感染者数が急増しております。

 名張市内でも、4月だけで、既に61名の方の感染が確認されております。

 特に、注視すべきことは、感染力が強く、重症化しやすいと指摘されております変異株による感染者が急増していることです。

 4月24日に、72名と過去最大の感染者数が公表された三重県では、県民の皆さんの命を守り、医療提供体制を確保するために、4月19日に発出していた「緊急警戒宣言」を抜本的に強化する取組をスタートさせており、合わせて、「まん延防止等重点措置」の指定を受ける方向で、国との調整を始めております。

 こうした状況を受けて、大型連休に入った中、名張市においても新型コロナウイルス感染症の感染再拡大をなんとしてもストップさせるために、5つの感染防止対策の徹底をお願いいたします。

 

  • 県境を越える移動は、不用不急の場合を除いて、避けてください。また、感染力が強い変異株による感染が急増していることを踏まえて、県内の移動についても、感染リスクが高くなる場合などは、極力控えていただくようにお願いいたします。

 

  • 「大人数や長時間となる飲食」や「飲酒を伴う懇親会」は絶対に避けてください。たとえ、屋外であっても、大人数・長時間となるバーベキューなどは感染リスクが高まりますので、感染対策が徹底できない場合はやめてください。

 

  • 4月以降、家庭内での感染が増えており、家庭から学校、保育園・幼稚園などに感染が伝播する事例も報告されております。家族への感染を広げないために、帰宅時には「手洗いやうがいの励行」はもちろんのこと、「こまめな換気」「マスクの着用」などの感染対策の徹底をお願いします。 もし、家族の体調が悪い場合は、早めに、かかりつけ医などに電話でご相談ください。

 

  • 県内では、職場でのクラスター事例が増加しております。事業所においても、業種別の感染予防ガイドラインや、三重県より発出されております感染防止対策を遵守いただきますようお願いします。合わせて、食事や休憩など「居場所の切り替わり」の場面、寮における共同生活など勤務時間外も含めて、従業員に対して、感染防止対策の周知・徹底をお願いします。

 

  • 感染症患者やご家族、関係者、医療従事者への誹謗中傷、差別などは絶対にやめてください。節度ある行動をお願いします。

 

 最後になりましたが、「自分は感染しないから大丈夫」ではない状況にあります。ご自身で感染対策を十分に行っていたつもりであっても、いつ、誰もが、新型コロナウイルス感染症に感染するリスクがあるということをご認識いただきたいと思います。

 名張市では、5月24日から、65歳以上の高齢者を対象とした、かかりつけ医での新型コロナワクチンの接種を開始します。ワクチン接種を打ったからといって、新型コロナウイルス感染症に感染しないわけではありません。市民の皆さんには、今一度、「マスクの着用」、「手洗いとうがいの励行」、「3密の回避」、「人との距離の確保」、「こまめな換気」など、基本的な感染防止対策の徹底を引き続き、よろしくお願いいたします。   

                                   名張市長 亀井 利克                                                           

          

  • 移動

     

  • 屋外

     

  • 家庭

     

  • 職場

     

  • 画像5

     

  •