メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 市長の部屋 > 市民の皆さんへ

市民の皆さんへ

市民の皆さんへ(令和元年11月) 

    

 10月12日には非常に強い台風19号が接近しましたが、本市では大きな被害も無く安堵いたしたところでございます。
 また、10月13日の「薪能」につきましては、台風19号の接近で開催を危惧いたしましたが、滞りなく終えさせていただくことができました。
 当日は、約700人ものたくさんの皆さんにご来場いただき、秋の夜の幻想的な一時をお楽しみいただけたものと思っております。

 さて、台風19号の上陸により、関東や東北では主要河川が氾濫したことにより、たくさんの施設や住居が浸水する等、未曾有の大災害をひき起こしました。
 今回の台風により、お亡くなりになられた方々に心からお悔やみ申し上げます。
 本市では、福島県相馬市からの支援要請を受け、10月15日から22日までの8日間、応急給水支援のため、給水車1台と職員2名を派遣いたしました。
 また、10月30日から11月4日までの6日間、被災者の健康相談、健康チエック等のため、宮城県丸森町へ保健師1名を派遣いたしました。
 このようなことから、災害から市民の皆さんの命を守るために、また、自分の命は自分で守っていただくためにも、本年も総合防災訓練を11月16日(土曜日)に実施いたします。
 今回は、「地域をつなげる防災訓練」と題して、災害発生時に市や地域及び関係機関の連携に基づく応急対策の推進と、国、県等から支援を受ける受援体制の整備と訓練をテーマに実施いたします。
 また、市内全地域の地域づくり組織が主体となって、本年も「安否確認」、「避難所開設」等の初動期の災害対応訓練を実施いただきますので、皆さんのご参加をよろしくお願いいたします。

 11月30日(土曜日)、午後1時30分からは、武道交流館いきいきで、鈴木英敬三重県知事と1対1対談を今年も行います。
 今回の対談は、「伊勢湾台風から60年 これからの防災・危機管理について」と題して、約1時間、率直な意見交換を実施いたしたいと考えておりますので、こちらも、是非ご参加いただきますようお願いいたします。

 今年は、暖冬になると予想されておりますものの、朝夕は日に日に冷え込みも厳しくなってまいりますので、お体を大切にお過ごしください。

                    
                                                                   名張市長 亀井 利克    

                                   名張市長 亀井 利克


 

 
 

 

 

 

市民の皆さんへバックナンバー