メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 手帳の交付 > 精神障害者保健福祉手帳

精神障害者保健福祉手帳

更新日:2015年03月10日

精神に障害のあるかたが、障害者自立支援法などによる福祉サービスを受けたり、医療費助成などの各種サービスを利用するために必要な手帳です。手帳の有効期限は2年で、継続所持する場合には再認定が必要です。障害の程度により1級から3級までの区分があり、等級によりサービスの内容が異なります。

対象者

精神障害のために継続的に日常生活または社会生活への制約があるかた。

サービスの内容

  • 医療費の助成
  • 税の控除や減免
  • 交通機関運賃や公共料金の割引
  • 各種手当の受給など

新規交付や更新および等級変更による再交付の手続き

下記の必要書類等をご用意の上、市役所高齢・障害支援室へ申請してください。

  • 障害者手帳申請書(市役所窓口にて交付)
  • 医師の診断書(初診日から6ヶ月以上経過時点のもの)または、障害年金証書等の写しと同意書
  • 写真1枚(縦4センチメートル×横3センチメートル)
  • 印鑑

破損、紛失等による再交付の手続き

下記の必要書類等をご用意の上、市役所高齢・障害支援室へ申請してください。

  • 障害者手帳申請書(市役所窓口にて交付)
  • 写真1枚(縦4センチメートル×横3センチメートル)
  • 印鑑

注:手帳をお持ちのかたで、住所、氏名等を変更した場合や死亡した場合は、高齢・障害支援室へ届出ください。

このページに関する問い合わせ先

福祉子ども部 障害福祉室
電話番号:0595-63-7591
ファクス番号:0595-63-4629

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。