メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > いざというときに > 消防 > 消防団 > 消防団活動協力員制度について

消防団活動協力員制度について

更新日:2017年06月14日

目的

この制度は、消防団員が不足する地区や日中の消防団員が少ない地区において、火災等の災害が発生した場合、初期消火などの災害対応を迅速に実施するため、消防団員や消防職員のOBの方から消防団活動に支援をいただき、地区住民の安全安心を守ることを目的としています。

登録等の基準

  1. 市内に在住する消防団員または消防職員の経験を有する方で、住所地を管轄する分団長の推薦により登録します。
  2. 登録人数は、各分団の消防ポンプ庫を管理する班ごとに、概ね3人とします。
  3. 任期の定めはありません。
  4. 登録者には「消防団活動協力員登録証」を交付します。
  5. 登録を抹消する場合は「消防団活動協力員登録証」の返納が必要となります。

活動内容

協力員が居住する地区において災害が発生した場合に次の活動を行います。

  1. 火災時、消防団の機械器具を使用しての初期消火活動等
  2. 地震、風水害等の大規模災害時における消防団への協力活動

主な活動時のルール

1. 共通事項

  • 自己の安全が確保できる範囲での活動とします。
  • 消防職員および消防団員の指揮に従うこととします。

2. 火災の場合

  • 延焼中の建物に進入しての放水など、危険を伴う消火活動は行わないこととします。

3. 地震、風水害等の大規模災害の場合

  • 管轄分団長の要請により、活動支援を行います。

報酬

ボランティア活動のため、報酬の支給はありません。

貸与品

活動時に着用する保安帽を貸与します。

災害補償

活動中のケガなどについては、名張市消防団員等公務災害補償条例および市が加入する損害保険により補償します。

このページに関する問い合わせ先

消防本部 消防総務室
電話番号:0595-63-1411
ファクス番号:0595-62-5858

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。