メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 名張のまち案内 > 歴史 > 市史編さん > おきつもの名張 今と昔

おきつもの名張 今と昔

更新日:2016年06月07日

本の概要

    市制50周年を記念して、名張の1万2千年を自然・歴史・暮らしで学ぶガイドブック。
    確かな資料でまとめた内容を85項目の読み切りで楽しめる手軽な一冊にしました。

    •  書籍名:『おきつもの名張 今と昔 ―市制五十周年記念―』
    •  規 格:B5判 縦型 一部カラー ページ数 209ページ
    •  価 格:800円(非課税)


    名張市立図書館、三重県立図書館にて、閲覧することができます。
    購入の場合は、このページ下の購入方法へお進みください。 

    表紙の解説

    • おきつもの名張 今と昔の写真

      おきつもの名張 今と昔

    名張市には、名張川をはじめ宇陀川、青蓮寺川、滝川、小波田川、シャックリ(シャクリ)川等多くの川が流れており、また、新田用水や名張地区の城下川(簗瀬水路)、平尾用水などが張り巡らされています。
    古来より名張の人たちは、川とともに数々の歴史を刻み、そして、生活用水・農業用水・交通・産業として恩恵を受け、時には水害などの被害をこうむりながら、水と暮らしてきました。また、景勝地としての赤目四十八滝・香落渓・青蓮寺、比奈知の2つのダム湖を抱え、まさに名張は「水のまち」と言えるでしょう。
    このようなことから、表紙のテーマを「水」とし、香落渓をバックに4枚の写真を配置しました。

    錦絵(左上):江戸中期に2代目広重によって描かれた浮世絵です。
    名張城下町地図(左下):江戸中期に作成された絵図で、堀や城下川が描かれています。
    観瀑図誌(右上):江戸後期に鎌田梁州著による赤目四十八滝を紹介した紀行文です。
    鮎漁鵜飼之図(右下):明治初期の瀬古口付近での鵜飼漁の様子が描かれています。

    本の内容

    1.豊かな自然にいだかれて

    1. 名張の地形 ―土地の姿とそのでき方―
    2. 名張の地質 ―土地の構成とそのなりたち―
    3. 名張の気候 ―気象観測の歴史と気候の現状―
    4. 名張の植生 ―照葉樹林帯で植物の宝庫―
    5. 名張の動物 ―市南部は動物の宝庫―
    6. 赤目の渓谷 ―歴史と自然美の織りなす渓谷―
    7. 香落渓 ―柱状節理の峡谷、関西の耶馬溪―
    8. 歴史を語る植物 ―名木・巨樹―
    9. コツブガヤ・イチイガシ・カヤノキ ―郷土出身学者の偉業と社寺の遺産―
    10. ヒダリマキガヤ・シダレザクラ・ノハナショウブ ―後世に残したいふるさとの植物―
    11. オオサンショウウオ ―特別天然記念物・名張市地域指定―

    2.悠久の時をふりかえって

    1. 名張の縄文時代 ―朱をめぐる交易―
    2. 名張の弥生時代 ―東西文化の交流する名張の弥生文化―
    3. 名張の古墳時代 ―発展する集落と前方後円墳の築造―
    4. 名張の横河 ―名張川は古代首都圏の東限―
    5. 壬申の乱と名張 ―戦いの向背を卜した関門―
    6. 古代地方行政区画と名張 ―整備された小さな行政組織―
    7. 名張の古代氏族 ―名張に生きた在地集団―
    8. 夏見廃寺 ―大来皇女創建のロマンを秘めて―
    9. 鴻之巣遺跡 ―古代氏族・夏身氏の居館跡―
    10. 隠の山を今日か越ゆらむ ―持統天皇の行幸と万葉歌―
    11. 伊勢神宮領 ―広大な多良牟六箇山―
    12. 東大寺領板蠅杣 ―四至の拡大と荘園への道―
    13. 薦生の牧 ―東大寺の進出のもとで―
    14. 名張の式内社 ―ウナネ神とナヰの神―
    15. 赤目滝(黄滝)と延寿院(黄竜山) ―秘境の霊場から観光の景勝地へ―
    16. 石母田正著『中世的世界の形成』 ―戦後の日本中世史研究の出発点―
    17. 東大寺文書 ―歴史を語る古文書の伝来―
    18. 東大寺領伊賀国黒田本荘の成立 ―『中世的世界の形成』の舞台―
    19. 黒田荘の確立 ―東大寺と大領主藤原実遠、源俊方の武士団―
    20. 黒田悪党と荘民 ―聞き届けられない百姓の歎き―
    21. 大江一族 ―中世名張の開拓者―
    22. 悪党交名と縁者交名 ―名張武士団のネットワーク―
    23. 古代・中世の寺社 ―名張に集う神と仏―
    24. 名張の仏像 ―謎に包まれた弥勒寺の優品―
    25. お水取りの松明 ―聖玄寄進の一ノ井松明田―
    26. 宗性と名張 ―忘れられた東大寺の矢川別所―
    27. 南北朝の動乱と名張 ―石灯籠は語る―
    28. 観阿弥の里 ―伊賀国小波田をめぐって―
    29. 名張の中世城館 ―戦国時代の名張―
    30. 戦国時代の伊賀 ―惣国一揆の掟書―
    31. 天正伊賀の乱 ―惣国一揆の崩壊―
    32. 筒井・松倉の時代 ―新たなしくみの模索―
    33. 伊賀国は二五〇歩=一反 ―近世の土地丈量のなぞ―
    34. 名張藤堂家邸 ―屋敷の下に埋まる名張城―
    35. 本高と平高 ―津藩の年貢制度―
    36. 無足人と大庄屋 ―郷士制度と農村支配―
    37. 名張文化の開花と鎌田梁洲 ―漢文学の季節―
    38. 伊賀騒動 ―最初で最後の百姓一揆―
    39. 明治初年の行政区画 ―大小区制から連合戸長役場へ―
    40. 地誌にみる村のくらし ―明治初年の町と村―
    41. 大字誕生の町村制 ―明治の大合併―
    42. 鉄道ブームと企業勃興 ―伊賀鉄道(初代)計画の意義―
    43. 「郡是」的鉄道 ―伊賀鉄道上野―名張間の建設―
    44. 地方改良運動 ―消えた村社―
    45. 名張に伸びる鉄道の明暗 ―参宮急行電鉄と国鉄名松線―
    46. 昭和の大合併 ―名張市の誕生―
    47. 伊勢湾台風と名張 ―被害と対策―
    48. くらしを支えた鉄道 ―近鉄伊賀線西名張―伊賀神戸間の廃止―
    49. 都市化と地域生活 ―桔梗が丘ニュータウンなどの開発―
    50. 地域開発の波 ―工場誘致と工業団地―
    51. 学校教育の普及 ―教育への期待―
    52. 六・三・三制教育 ―環境整備と新設学校―
    53. 福祉と施策 ―戦前までの政府の施策と名張―
    54. 江戸川乱歩生誕地 ―発見されたふるさと―

    3.暮らしのかたちと心をたずねて

    1. 家庭の正月風景 ―「フクマル来い来い」「ドンド」など―
    2. 名張の新春行事 ―勧請縄・弓・蛤・数珠・ナリバナ―
    3. 名張の夏祭り ―ギヨンサン・花火・竹羊羹―
    4. 名張の秋祭り ―「祭り言葉」も新鮮に―
    5. 名張の獅子舞 ―数多く残る獅子神楽―
    6. 松明調進行事と東大寺 ―南都と藤堂藩―
    7. 二〇年に一度のゾウク ―更新される神々の住まい―
    8. 山の神・水の神・火の神 ―生活のなかの神々―
    9. 神饌と儀礼食 ―神々と氏子のごちそう―
    10. 盆行事と両墓制 ―お盆の風習と二種類の墓―
    11. 川と人とのおつきあい ―鮎のすむ清い流れ―
    12. 路地と生活 ―「ひやわい」を抜けて・・・―
    13. 戦時下と人々の暮らし ―B29の墜落―
    14. 火縄と畚づくり ―「おけらまいり」の必需品―
    15. 名張のお菓子 ―技と味を伝える―
    16. 名張の伝統産業 ―風土とともに今に息づく産業―
    17. 名張ことば ―近畿地方の東端―
    18. やまんぼさん ―山姥伝承の民話―
    19. 名張に伝わる天気予知のはなし ―気象と伝承―
    20. 名張の地名の由来 ―地名に込められた意味―

    資料

    年表 名張のあゆみ 

     

    注:本文は、下記の関連ファイルにあるダイジェスト(PDF)をご覧ください。

    関連ファイル

    Get Adobe Reader

    PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    このページに関する問い合わせ先

    教育委員会事務局 文化生涯学習室
    電話番号:0595-63-7892
    ファクス番号:0595-63-9848

    メールでお問い合わせ

    このページに関するアンケート

    情報は役に立ちましたか?
    このページは探しやすかったですか?

    このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。