メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 教育・生涯学習 > 文化 > 第61回 名張市美術展覧会

第61回 名張市美術展覧会

更新日:2018年6月1日

第61回 名張市美術展覧会の作品を募集します 

会期:平成30年10月3日(水曜日)~10月7日(日曜日)<5日間>
   午前9時~午後5時(午後4時30分までに入場してください)
   ※10月5日(金曜日)は、午後7時までとしますので、ゆっくりご鑑賞いただけます。
    (午後6時30分までに入場してください)
   ※最終日は、午後4時30分まで(入場は午後4時まで)
   【入場無料】
会場:名張市総合福祉センターふれあい<名張市丸之内79番地>
展示作品:絵画、書道、写真、美術工芸の4部門
     審査の結果、入賞入選した作品ならびに無鑑査・招待者・審査委員の作品を展示

作品募集要項

1.応募資格

 市内在住及び市内に在勤在学する15歳以上の方(ただし、中学生は除く)

2.出品規定

(1)出品点数は、1部門につき1人1作品とします。
(2)自己の制作した未発表の作品。
    他の公募展に入賞・入選した作品および新聞・雑誌等に掲載された作品は発表作品とみなします。
    ただし、グループ展、個展、卒展、修了展の出品作品、個人運営のブログ等での発表は、未発表とみなします。
(3)施設、備品等を傷つけたり汚染するおそれのある作品や、他人に不快感を与えたり危害を及ぼすおそれのある作品、
   また展示不可能な作品は受け付けられません。

3.作品規定

<絵 画> 日本画(水墨画を含む)・油彩画・水彩画・パステル画・アクリル画・版画等で額装のこと。
(20号以上100号以下) 額縁幅は8cm以内とする。
ガラスおよびアクリル板を外して出品してください(ただし、水彩画・パステル画・版画は可)。
<書 道> 漢字・仮名・漢字仮名交じり文・篆刻・少字数・墨象で、体裁は軸装、枠張、額装、帖、巻子とする。
また、屏風も可とする。(臨書作品も認めます。)
面積は、1.48平方メートル以内、縦・横242cm以内とする。
(作品には、必ず釈文を添えること)
<写 真> モノクローム・カラーとも四ツ切以上半切・A3ノビ以下で額装またはパネル張。
組写真可(ただし規定サイズ内)。
いずれの場合も、長辺を59cm以内とする。
ガラスおよびアクリル板を外して出品してください。
<美術工芸> 彫刻、陶芸、工芸、その他立体造形。手動可能なもの。

 

4.出品申し込み ならびに 出品作品の搬入

出品申し込みは、作品の搬入時に受け付けます。
作品と「出品申込書(3枚複写)」と「釈文用紙(書道の出品に必要)」に必要事項を記入し、出品手数料を添えて、受付に
提出してください。
※「作品募集要項」、「出品申込書」と「釈文用紙」は、各地区市民センター、名張連絡所、市役所案内窓口(市役所1階)・
教育委員会 文化生涯学習室(市役所3階)等に設置しています。
※搬入場所にも出品申込書を設置しますので、当日記入もできます。

搬入日 平成30年9月28日(金曜日)午後2時~午後7時
     9月29日(土曜日)午前10時~午後5時
搬入場所 名張市総合福祉センターふれあい
※額・軸・パネルには、必ずヒモをつけてください。
※作品の受付後、「預り証」を発行しますので受領してください。
 受付後、「出品票」(複写の2枚目)を作品に貼り付けてください。

 

5.出品手数料

 1作品 1,000円
 高校生は無料 (各種学校生を含む)
 搬入時に学生証等をご提示ください。

6.審査日

審査は 公開 で行います。
平成30年10月1日(月曜日) 午前10時30分から(正午頃終了予定)
会場:総合福祉センターふれあい
  
   【審査員】 (順不同・敬称略)
    <絵画>津田親重・上田真澄・上田保隆   <書道>奥野年光・永平巳旺子・服部青洞
    <写真>坂尾富司・川地清広・牛場和美   <美術工芸>高山 大・惠村正大・中内 中 
 

7.審査結果

入賞者、入選者には、審査後、速やかに本人に通知(郵送)するとともに報道機関等に発表します。
なお、入賞者については、居住地区を公表いたしますので、ご了解ください。

8.賞

審査の結果、各部門で優秀な作品に次の賞および副賞を授与します。
ただし、該当のない場合は、これを欠くことがあります。
入賞/市長賞(賞金5万円)・議長賞(賞金2万円)・教育委員会賞(賞金1万円)・審査委員長賞(賞金1万円)・
   岡田文化財団賞<新人奨励賞(賞金5万円)>・名張文化協会賞(副賞)・奨励賞
      ※部門毎に各1点、ただし、奨励賞は<若干名>とします。

 ★『みんなが選ぶNABARI(なばり)賞』に投票をお願いします!!

対象作品 市長賞・議長賞・教育委員会賞・審査委員長賞・岡田文化財団賞・名張文化協会賞と奨励賞を除いた作品の中から、入場者の投票で決定します。<各部門1名>
投票期間 平成30年10月3日(水曜日)午前9時 開始
平成30年10月6日(土曜日)正午 終了
この期間にご入場いただいた方々に投票用紙をお渡ししますので、お気に入りの作品に投票してください。
1.投票は会期中、おひとり1回。
2.住所・氏名の記入をお願いします。
3.<4部門>全部の投票が必要です。
すべて記入されている投票用紙が有効になります。
結果の発表

平成30年10月7日(日曜日)午前9時に市展会場に受賞者名を貼り出し、発表します。
受賞者には、名張の特産品をお贈りします。
また、有効となる投票者の中から、抽選で1名の方にも≪名張の特産品≫をお贈りしますので、たくさんのご投票をお待ちしております。

<無鑑査の資格>
 市長賞、議長賞、教育委員会賞のいずれかを5年以内で3回受賞(うち最低1回は市長賞を受賞していること)した方は
無鑑査となり、以降審査の対象から除外し、展示します。

9.表彰式

日時:平成30年10月7日(日曜日)午後2時から午後3時(予定)まで
会場:名張市総合福祉センター ふれあい 

10.講評会

審査委員による受賞作品などの講評を実施します。
どなたでもご参加いただけます。
日時:平成30年10月7日(日曜日)
   【絵画・書道・写真・美術工芸】 午後3時~
会場:各部門別展示会場
※展覧会、講評会への入場は無料です。

11.出品作品の搬出

搬出日 展示作品 平成30年10月7日(日曜日)午後4時30分~午後7時
平成30年10月9日(火曜日)午前10時~午後1時
選外作品 平成30年10月2日(火曜日)~10月7日(日曜日)
搬出場所 各展示会場
※搬出は、「預り証」と引き換えに係員の立ち会いのうえ行います。
※各搬出期間後の作品の管理については、一切責任を負いません。
※駐車場の混雑が予想されますので、時間をずらしてご利用ください。

 

12.その他

(1)出品作品の保管等には充分留意しますが、不慮の災害、事故等による汚損・亡失については、主催者において責任を持ちません。
(2)出品者は審査および作品の陳列配置等について異議を申し立てることはできません。
(3)審査の結果、選外となった場合は、連絡いたしますので作品をお引き取りください。
(4)選外の場合でも、出品手数料は返却いたしません。
(5)作品の搬入出の費用は、出品者の負担とします。

<会場ボランティアの募集>

出品者の方で、会期中、入場者の案内及び展示品の監視等をお願いする<会場ボランティア>を募集いたします。
作品搬入の際、受付にお申し出ください。ご協力お願いします。
昨年度より、名張文化協会会員の方々にも、会場ボランティアにご協力をいただいております。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

地図情報

地図はドラッグ操作でスクロールします。

このページに関する問い合わせ先

教育委員会事務局 文化生涯学習室
電話番号:0595-63-7892
ファクス番号:0595-63-9848

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。