メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > くらし > 下水道 > 下水道事業内容

下水道事業内容

更新日:2017年06月29日

公共下水道事業・農業集落排水事業

工事の概要

  1. 開削工法(かいさくこうほう)
    開削工法とは、地上より直接土砂を掘削し、下水道管を埋めていく工法です。
    掘削が深くなると土留め資材を用いて土砂が崩れないように対処した後、下水道管を敷設します。
  2. 推進工法(すいしんこうほう)
    推進工法とは、工場で製造された推進管「鉄筋コンクリート管・硬質塩化ビニル管・鋼管・鋳鉄管など」の先端に掘削機を取付け、ジャッキの推進力等で管を地中に圧入して管渠を築造する工法です。施工方法の選択にあたっては、施工区間の延長・線形・必要管径・土質状態・地下水との関係、他の埋設物等の条件を加味して決定します。

左図:重機による道路の掘削 右図:下水道(汚水)管の布設

道路の掘削現場   道路の下水道

左図:土留資材による土留工法 右図:推進機械による推進工法

土留工法の画像   推進工法の画像

下水道事業効率化・重点化計画

  1. 整備方針
    既認可区域の管渠施設、処理場の建設を推進するとともに、これに引き続き、未水洗化地区である名張地区の一部他および開発の古い住宅団地のコミュニティープラント処理地域を優先的に整備し、公共水域の水質改善と生活環境の向上を図ります。
  2. コスト管理計画およびコスト縮減方策
    • コスト縮減方策
      下水道建設(管渠・処理場)の際に発生する残土の再利用を図ることにより、残土処分費の低減を図ります。
      新技術の採用により、処理場の建築費の低減を図るとともに、運転経費を含めたライフサイクルコストの低減を図ります。
  3. 時間管理計画およびスピードアップ方策
    • 整備速度
      平成30年度末までに第2期事業認可区域の大部分の下水道整備完成をめざし、計画期間中に処理場の増設と、面整備を実施し、供用開始区域の拡大に努めます。
    • スピードアップ方策
      下水道事業の進捗に伴い下水道事業工事部門の効率化を図り、管渠施設の整備スピードアップを目指します。
  4. 周知内容と周知方法
    • 市の広報誌、ホームページに下水道事業の概要、中央処理区の認可区域について掲載。
    • 下水道事業のすすめ方、受益者負担の基本的な考え方について、認可区域住民を中心に説明会を実施していきます。

このページに関する問い合わせ先

上下水道部 下水道建設室
電話番号:0595-63-7812
ファクス番号:0595-64-2040

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。