メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > いざというときに > 防災 > 市外の災害関係 > 熊本地震について > 被災建築物応急危険度判定士を派遣しました

被災建築物応急危険度判定士を派遣しました

更新日:2017年03月14日

   熊本地震発生から7日後の平成28年4月21日、熊本県から三重県に対し「被災建築物応急危険度判定士」の派遣要請がありました。
 
 これを受けて、名張市から1名の判定士を派遣しました。                
     
  

 pin02.gif「被災建築物応急危険度判定」とは、地震により被災した建築物を地震発生後早期に調査し、その後の余震などによる
     倒壊の危険性を判定し、人命にかかわる二次的災害を防止することを目的としています。    

                             
   
                   ○派遣期間   :   平成28年4月25日~29日 の5日間

       ○判定実施期間 :   平成28年4月26日~28日 の3日間 
                                
       ○派遣先    :   熊本市内及び上益城群益城町内

       ○判定結果   :     判定件数­­ 230件(調査済115件、要注意79件、危険36件) 


    

  • 熊本地震
  • 熊本地震
  • 熊本地震

  

                被災された皆様にお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。



このページに関する問い合わせ先

都市整備部 都市計画室
電話番号:0595-63-7764(計画)・0595-63-7749(交通対策)・0595-63-7698(建築開発)
ファクス番号:0595-63-4677

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。