メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 産業 > 商工業 > 名張市認定特定創業支援事業の優遇措置について

名張市認定特定創業支援事業の優遇措置について

更新日:2015年12月09日

名張市認定特定創業支援事業による支援を受けると優遇措置があります。
  

  優遇措置の内容 

優遇措置

優遇の内容

 優遇の対象者

株式会社設立時の登録免許税
の軽減

・登記にかかる登録免許税が資本金の
 0.7%→0.35%(最低税額15万円→7.5万円)

・市内で株式会社を設立予定の方(すでに個人事業主の方が法人登記をする場合は対象外です。)

 

無担保、第三者保証人なしの
創業関連保証枠の拡充

 ・創業関連保証の上限枠が1,000万円→1,500万円  ・6か月以内に創業予定、または創業から5年未満の方

創業関連保証の申込期間の特例

 ・創業前の利用対象者が事業開始の
 2か月前→同6か月前
 ・6か月以内に創業予定、または創業から5年未満の方

日本政策金融公庫「新創業融資制度」の自己資金要件の撤廃

 ・「自己資金に関し、創業資金総額の1/10以上を有すること」という要件を満たしたものとみなす  ・名張市内で新たに事業開始予定、または市内で
 事業開始後に税務申告を終えていない方


優遇措置を受ける条件  

   下記の創業者に該当し、条件の1または2のどちらかをみたす方が対象になります。   


  創業者

     ○6カ月以内に創業を行おうとする者で具体的な計画を有するもの、または、事業を開始した日以後5年を経過していないもの

     ○6カ月以内に事業を営んでいない個人が新たに会社を設立しようとする者で具体的な計画を有するもの、または、創業により
      設立された会社であって、その設立の日以後5年を経過していないもの

     ○会社が自らの事業の全部又は一部を継続して実施しつつ、新たに会社を設立し、当該新たに設立された会社が事業を開始する
      具体的な計画を有するもの、または、当該会社であって、その設立の日以後5年を経過していないもの

   条件

     1 名張商工会議所、名張市雇用創造協議会が1ケ月以上に亘り4回以上実施する創業支援セミナーを4回以上受講し、
      その後、名張商工会議所での創業相談等の継続支援を受け、「創業支援カルテ」で、経営、財務、人材育成、販路開拓
      のノウハウを全て習得した方
 
     2 名張商工会議所が1ケ月以上に亘り4回以上、経営、財務、人材育成、販路開拓の専門的なアドバイスを実施し、
      4回以上の支援を受け、「創業支援カルテ」でその旨が確認できる方

 

このページに関する問い合わせ先

産業部 商工経済室
電話番号:0595-63-7824
ファクス番号:0595-64-0644

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。