メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > くらし > 人権 > 男女共同参画 > 「オトコの料理教室」参加者募集

「オトコの料理教室」参加者募集

更新日:2019年08月20日

otoko-ryori.gif
「オトコの料理教室~ちょっと豪華なパーティー料理編」参加者募集【10月27日・11月24日実施】

 10月と11月は、ハロウィンやクリスマスのパーティー料理をつくります!
 特別な日に貴方から大切な人へ料理のプレゼントをしてみませんか?

日程・メニュー(予定)

10月27日(日曜日)

トマトカップのミニグラタン、紫いものスープ、ミートローフの温野菜添え、バターライス、☆かぼちゃのオバケパイ

11月24日
(日曜日)

オードブル3種、クリスマス風ポタージュ(人参スープに器ごとパイ生地をかぶせて焼きます)、ガーリックパン、ローストチキン、☆ミニノエル
※オードブル3種…「オイルサーディンカナッペ」(フランスパンの薄切りに小魚のオイル漬をのせたもの)、「たらこのキューカンバー」(きゅうりにたらこをのせたもの)、「スタッフドエッグ」(ゆで卵を飾り切りし、黄身を取り出してマヨネーズで和えてから白身に戻したもの)

※いずれも、午前10時~午後1時。デザート(☆)はお持ち帰りいただけます。

募集要項

  • 場所 名張近鉄ガス株式会社2階料理教室(桔梗が丘1番町1街区5番地の1)
  • 対象 市内在住、在勤の男性 
  • 定員 各18人程度  ※先着順。親子参加可(小学生以上1名程度)
  • 講師 秦佐知子先生(名張近鉄ガス株式会社専属講師・辻クッキングスクール心斎橋校元校長)
  • 参加費 1,500円/回(材料費) ※子どもの参加費も必要(同料金)
  • 持ち物 エプロン、布巾、筆記用具  ※大人用エプロンは貸出可
  • 申込方法 電話か電子メール(kyodo@city.nabari.mie.jp)で(メールの場合は、「オトコの料理教室申込」と明記の上)、住所・名前・年齢・電話番号・希望の日程・過去の料理教室等への参加有無(ある場合は回数も)を、人権・男女共同参画推進室へお伝えください。
  • 申込期限 実施日の1週間前(10月27日の回は10月21日、11月24日の回は11月18日)まで ※キャンセルは開催日の10日前まで受付。参加者が最少催行人数(12人)に達しない場合は中止することがあります。


共働き世帯を対象とした「オトコの料理教室」受付は終了しました【7月27日、8月24日実施分】

 7月と8月は、三重県地域女性活躍推進交付金を活用し、仕事をしている女性を支援していくために、共働き世帯の男性を対象(就労予定の者を含む)としています。

 

日程・メニュー


7月27日【終了しました】
…手作りピザ、簡単焼き鳥、ミネストローネ、パンナコッタ

8月24日【申込受付終了】…手作りカレー、スパイスライス、簡単サモサ、小魚のエスカベッシュ(南蛮漬け)、ラッシー

申込方法

電話か、電子メール、はがきで「オトコの料理教室申込」と明記の上、(1)住所、(2)氏名、(3)年齢(学年)、(4)電話番号、(5)希望の日程、(6)過去の料理教室等への参加有無(ある場合は回数も)を記入して、名張市人権・男女共同参画推進室へお申し込みください。
※親子参加の場合は子どもの氏名・学年も記載してください

申込期限

各開催日の1週間前(8月24日の回は8月16日まで)
※キャンセルは開催日の10日前まで受付

問合せ・申込先
〒518-0492
 名張市鴻之台1番町1番地
  名張市役所 地域環境部 人権・男女共同参画推進室
   電話 0595-63-7559
   電子メール kyodo@city.nabari.mie.jp


募集要項

対象 市内在住、在勤で共働き世帯の男性 (将来働こうとしている女性がいる世帯でも可) ※親子(小学生以上1名程度)での参加可    (三重県地域女性活躍推進交付金事業)
日時 7月27日(土曜日)【終了しました】、8月24日(土曜日)午前10時~午後1時   

場所 名張近鉄ガス株式会社2階料理教室(桔梗が丘1番町1街区5番地の1) 
定員 8月24日…6人 (先着順。申込は8月16日まで受付。キャンセルは8月14日まで受付)
   ※6月20日締切りの当初募集で定員に達しなかったため、追加募集をしています。
講師 秦 佐知子先生(名張近鉄ガス株式会社専属講師・辻クッキングスクール心斎橋校元校長)
参加費 1,000円/回(材料費) ※子どもの参加費も必要です(同料金)。
持ち物 エプロン、布巾、筆記用具  ※大人用エプロンは貸出可

料理は「男女共同参画社会」に向けた第一歩

女性の社会活躍推進の観点からも、男性の家事参画は重要な課題となっていますが、家事に対する男女の役割意識と行動が未だ乖離しているのが実状です。

そこで、市では、男性の家事参画への第一歩として「料理」に着目し、家庭における家事分担について見直していただくきっかけとして、男性に向けた料理教室を開催しています。

(参考)名張市男女共同参画に関する市民意識調査(平成26年10月)

平成26年に実施した名張市男女共同参画に関する市民意識調査では、家事についてどのように行うべきかという質問に対し、「男性、女性が分け合って行う」が43%であり、「主に女性が行い、男性も一部手伝う」も43%という結果となっています。一方で、食事の支度を行っている夫は3.8%、食事の後片付けを行っている夫は9.4%で、家事は女性が行っていることがまだまだ主流でした。これは、男女共同参画に対する意識と行動が未だ乖離していることを示しています。

【調査対象】名張市内在住の平成26年8月1日現在満20歳以上の男女(1,500名を無作為抽出)

第1回「オトコの料理教室」に17名が参加しました

 「オトコの料理教室」が、2019年7月27日に開催され、共働き世帯の男性13名と小学生4名が参加しました。

 参加のきっかけは、「妻の提案で」「以前から料理教室に参加してみたかった」「子どもと参加したい」「週末ぐらいは料理をしたい」などさまざま。講師の秦佐知子先生(名張近鉄ガス株式会社専属講師・辻クッキングスクール心斎橋校元校長)からは、男性の家事参画の必要性や家事参画をするうえで必要となる計量の仕方や野菜の切り方など豆知識を交えてお話しいただきました。手際よくとはいかなかったかもしれませんが、ピザや焼き鳥、ミネストローネ、パンナコッタを、互いに協力しながら次々に作り上げ、「自分らで作った料理はおいしい」などと話しながら、料理を堪能。後片付けまでをきちんと実践しました。

 アンケートでは、「積極的に料理や家事に参加していきたい」「どれも簡単で必ず実践したい」「先生の手際と雑学講座がよかった」などの声をいただきました。また、本教室への参加をきっかけに、「家族などで話し合う機会を増やしながら、役割分担をしていきたい」が67%、「以前から役割分担していたが、さらに自分の役割を増やしたい」とする人が25%と、多くを占めました。「男性が家事や育児等に参画していくために何が必要か」の問いに対しては「夫婦や家族間で家事などの分担について十分に話し合う」とする人が67%と最も多くなり、「こうした料理教室に夫婦で参加できるようにしては」「ぜひ続けてほしい」といったご意見もいただきました。

オトコの料理教室(2019年7月27日)
 

このページに関する問い合わせ先

地域環境部 人権・男女共同参画推進室
電話番号:0595-63-7909(人権啓発)・ 0595-63-7523(同和対策)・ 0595-63-7559(男女共同参画)
ファクス番号:0595-63-4677

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。