メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > くらし > 人権 > 男女共同参画 > 性別による差別など相談・苦情処理制度

性別による差別など相談・苦情処理制度

更新日:2015年03月19日

名張市では、市民一人ひとりが互いを大切にし、男女が共に輝くまちを目指して男女共同参画の推進に関する取組みを総合的かつ計画的に進めるため、「名張市男女共同参画推進条例」を平成18年4月1日に施行しました。この条例に基づき、男女共同参画の推進を阻害する要因による人権侵害および市が実施する施策などについての相談や苦情に対応する制度を開始します。

  • 相談
    性別による差別的な扱いやセクシュアル・ハラスメント、ドメスティック・バイオレンスを受けたとき
  • 苦情
    市の男女共同参画への取り組みや推進に影響があると思われることについて意見や要望があるとき
  • 相談・苦情申出書を人権・男女共同参画推進室へ提出
  • 対応
    被害者の保護や救済を優先として、関係機関と連携し、解決に向けた適切な対応をします。
    必要に応じて、男女共同参画専門員による調査を行い、専門員の調査結果や意見を聴き、関係者への改善のための是正の指示や要望等問題解決に向けた対応をします。

相談は無料です

プライバシーは厳守します。

申し出方法

画面下部にある、相談・苦情申出書(様式第2号)に必要事項を記載の上、人権・男女共同参画推進室(市役所4階)に提出してください。

男女共同参画専門員はこのような方です。

申出のあった相談や苦情を中立・公正な立場により処理するた
め、専門的な知識を有する男女各一人を委嘱しています。

  • 大塚 耕二(おおつか こうじ) 弁護士 
  • 細見 三英子(ほそみ みえこ) ジャーナリスト

すべての申出が対象ですか?

次に該当する事項については、この制度の対象となりません。

  • 判決、裁決等により確定した事項
  • 裁判所において係争中または行政庁において不服申し立ての審理中の事項
  • 雇用の分野における男女の均等な機会および待遇の確保等に関する法律第12条に規定する紛争の解決の援助の対象となる事項
  • 議会に請願または陳情を行っている事項
  • 監査委員に住民監査請求を行っている事項
  • 条例および名張市男女共同参画推進条例施行規則の規定に基づく専門員の行為に関する事項
  • 前記に掲げるもののほか、処理することが適当でないと認められる事項

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

地域環境部 人権・男女共同参画推進室
電話番号:0595-63-7909(人権啓発)・ 0595-63-7523(同和対策)・ 0595-63-7559(男女共同参画)
ファクス番号:0595-63-4677

メールでお問い合わせ

お問い合わせ先

名張市 生活環境部 人権・男女共同参画推進室

(男女共同参画担当)

電話番号  0595-63-7559

FAX  0595-64-2560

メール kyodo@city.nabari.mie.jp

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。