メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > くらし > ごみ・リサイクル > 4月からのごみ分別方法一部変更について

4月からのごみ分別方法一部変更について

更新日:2020年03月31日

4月からごみの分別方法が一部変わりました。

 容器包装プラスチックについては、これまで市民の皆さまのご協力により、汚れなどを落とし分別いただいたものを、手作業による選別を行いながら、資源化に取り組んできました。しかしながら、廃プラスチックの環境問題に伴い、海外需要が減少しており、リサイクルすることが厳しい状態となっています。
 さらには、市の厳しい財政状況の中、ごみの収集、処理費用の軽減が必要なことを受け、名張市では、令和2年4月より「容器包装プラスチック」「白色食品トレイ」の分別を廃止し、どちらも「燃やすごみ」に変更となりました。
 また、収集車や処理場等の火災原因につながる恐れの高い小型家電を「燃やさないごみ」から資源ごみに切り替え、「乾電池」については、「3か月に1回」から「月1回」に、「燃やさないごみ」は「月2回」から「月1回」に変更となりました。

 今後、名張市では、来年度から全国的に実施されるレジ袋有料化に伴い、4R(リフューズ「断る」・リデュース「発生抑制」・リユース「再利用」・リサイクル「再生利用」)の啓発・推進を図って参ります。ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

容器包装プラスチック・白色食品トレイ ※燃やすごみへ変更となりました。


週2回の「燃やすごみ」の日に、名張市指定ごみ袋へ入れて出してください。

 

小型家電 ※月1回の資源ごみへ変更となりました。


月1回の「資源ごみ」の日に、透明または半透明の45リットル以下の袋に入れて資源ステーションへ出してください。

市役所1階ロビーや各市民センターに回収ボックスを設置していますので、そちらもご利用ください。ただし、回収ボックスの
投入口の大きさが、40cm×18cmとなりますので、投入口に入らない場合は、資源ごみの日に出してください。

 

乾電池 ※月1回に変更へなりました。


月1回の「資源ごみ」の日に、乾電池の回収かごへ入れて出してください。

市役所1階ロビーや環境対策室に回収ボックスがありますので、ご利用ください。

 

燃やさないごみ  ※月1回へ変更となりました。

 
月1回の「燃やさないごみ」の日に出してください




関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

地域環境部 環境対策室
電話番号:0595-63-7492(環境保全)・ 0595-63-7496(ごみゼロ推進)
ファクス番号:0595-63-4677

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。