メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 健康・福祉 > 後期高齢者医療 > 入院するときは

入院するときは

更新日:2015年03月26日

後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証について(住民税非課税世帯の方へ)

住民税非課税世帯(同一世帯の全員が非課税の世帯)の被保険者は、「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関へ提示すると、入院したときの医療費と食事代(療養病床の場合は居住費も)の自己負担限度額が減額されます。
この「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」は、申請により交付されます。
該当する場合は、市役所の窓口へ申請してください。

低所得者2に該当するかたの入院時食事療養費(長期該当)について

入院日数が過去12ヶ月で90日を超えると、さらに減額することができるため、このような場合は市役所窓口へ長期該当の申請を行ってください。

入院したときの食事代、療養病床に入院したときの食事代・居住費について

詳しくは関連リンク「三重県後期高齢者医療広域連合」をご覧ください。

このページに関する問い合わせ先

市民部 保険年金室
電話番号:0595-63-7445(国民健康保険・国民年金)・ 0595-63-7105(後期高齢者医療・医療助成)
ファクス番号:0595-64-2560

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。