メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 健康・福祉 > 医療助成制度 > 未就学児の医療機関への窓口負担がなくなります

未就学児の医療機関への窓口負担がなくなります

更新日:2019年09月03日

概要

令和元年9月から、子育て世帯の経済的負担を軽減するため、子ども医療費助成・一人親家庭等医療費助成の資格を持つ小学校入学前の子ども(未就学児)が、三重県内の医療機関を受診する際の窓口負担がなくなります。

対象者

  • 子ども医療費助成の資格を持つ未就学児
  • 一人親家庭等医療費助成の資格を持つ未就学児

※未就学児とは、6歳となる誕生日以降の3月31日までの間にある方です。
※医療費助成制度には、保護者の方の所得制限があります。詳しくは関連リンクから各制度の説明をご確認ください。

対象となる医療機関

三重県内の保険医療機関(医科、歯科、調剤、訪問看護)です。
整骨院や鍼灸院での治療は対象となりませんのでご注意ください。

受診の方法

対象となる医療機関を受診する際、「福祉医療費受給資格証(現物給付)」を窓口に提示してください。名張市への申請等は必要ありません。
なお、提示できなかった場合は、一旦窓口負担を支払う必要がありますが、後日振り込みにより助成します。

その他

  • 三重県内の整骨院や鍼灸院での治療や、三重県以外の地域の医療機関を受診する場合は、これまでどおり窓口負担を支払う必要があります。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

市民部 保険年金室
電話番号:0595-63-7445(国民健康保険)・ 0595-63-2148(国民年金)・ 0595-63-7105(後期高齢者医療・医療助成)
ファクス番号:0595-64-2560

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。