メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > くらし > > 税務証明の申請について > 申請書や委任状を白紙から作成される場合

申請書や委任状を白紙から作成される場合

更新日:2017年03月28日

白紙から申請書を作成される場合

白紙から申請書を作成される場合は、次の1から4の項目の記入と押印が必要です。

  1. 請求者の住所、氏名、生年月日、日中連絡のつく電話番号
  2. 証明対象者の現住所、名張市にお住まいの時の住所、氏名、生年月日       
    (法人名義の証明の場合は、法人の所在地、法人の名称、代表者、法人の代表者印の押印(注)が必要、尚、生年月日は不要です。)
    注:支店長・営業所長等が代表者から権限を委任されているときは、代表者印の代わりに支店長等の職印でも結構です。
    尚、法人事業証明および軽自動車税納税証明(継続検査用)の請求には代表者印の押印は不要です。
  3. 使用目的
  4. 必要な証明書の種類、年度および通数(ただし、完納証明書、軽自動車税納税証明(継続検査用)、法人事業証明書、
    個人事業開業届出済証明書については年度指定はありません。)、固定資産税関係証明書(名寄帳兼閲覧台帳を除く。)
    の場合は物件地番

白紙から委任状を作成される場合

白紙から証明取得の委任状を作成される場合は、次の1から6の項目の記入と押印が必要です。

  1. 代理人(たのまれた人)の住所、氏名、生年月日
  2. 委任の文言 「私は、上記の者を代理人と定め、次の証明書の交付申請および受領の権限を委任します。」
  3. 必要な証明書の種類、年度および通数(ただし、完納証明書、個人事業開業届出済証明書は年度指定はありません。)、
    固定資産税関係証明書(名寄帳兼閲覧台帳を除く。)の場合は物件地番。尚、法人事業証明および軽自動車税納税証明
    (継続検査用)の請求には委任状は不要です。
  4. 日付
  5. 委任した人(たのんだ人)の住所、氏名、生年月日(法人名義の証明の場合は、法人の所在地、法人の名称、代表者、
    尚、生年月日は不要です。)
  6. 委任した人の押印(シャチハタを除く。法人名義の証明の場合は、法人の代表者印の押印(注))
    注:支店長・営業所長等が代表者から権限を委任されているときは、代表者印の代わりに支店長等の職印でも結構です。
    尚、法人事業証明および軽自動車税納税証明(継続検査用)の請求には代表者印の押印は不要です。

このページに関する問い合わせ先

市民部 課税室
電話番号:0595-63-7429(市民税)・ 0595-63-7437(資産税)
ファクス番号:0595-64-2560

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。