メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > まちづくり > 市民公益活動 > 「新しい公」とは

「新しい公」とは

更新日:2015年03月16日

「新しい公」は、みんなで支えあう社会のこと

「新しい公」は、市だけでなく、市民、地域組織、市民活動団体、事業者など多様な主体からサービスを受けることができる社会のことです。

すでに取り組みは進んでいます。

市では、総合計画「理想郷プラン」の基本理念に沿って「名張市市民公益活動促進条例」の制定や「ゆめづくり地域予算制度」の創設、市民活動支援センターの開設など、住民自治確立のための環境を整備してきました。
これにより、区や自治会、地域づくり委員会などの地域組織や市民活動団体が中心となり「誰もが安全で安心して暮らせる社会」実現のため、地域内の清掃活動や子育て、高齢者のサポート活動など、自主的、自発的に公共サービスを提供する活動が行われています。

きめ細やかなサービスを提供するために

この取り組みをさらに進めることにより制度上制約の多い市が単独で公共サービスを担うよりも、環境、教育、福祉、防犯・防災など、さまざまな分野で、よりきめ細やかな公共サービスの提供を受けることが容易になります。
それには、それぞれの主体が、お互いの役割や責任を自覚し、連携しながら、地域の課題に対して「自分たちができることは自分たちで行う」(補完性の原則)といった意識を持ち、積極的に「公」を担っていくことが「新しい公」の社会づくりにつながります。

このページに関する問い合わせ先

地域環境部 地域経営室
電話番号:0595-63-7484
ファクス番号:0595-64-2560

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。