メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報なばり > 広報なばりメールサポーター(「広報なばり」へのご意見) > 「広報なばりメールサポーター」によるアンケート結果 > 令和元年度アンケート結果 > 9-2号についてのアンケート結果

9-2号についてのアンケート結果

更新日:2019年10月03日

今号は、48人の「広報なばりメールサポーター」からアンケートが寄せられました。
ご協力ありがとうございました。

特集「人と動物が笑顔でいるために」 について

ペットを最期まで飼い続けることは飼い主の義務です。そして、人間の身勝手な行動で不幸な動物を増やさないことが重要です。
今号では、不幸な猫を減らす活動をしているボランティア「ひだまりにゃんこ」と保健所の取り組みを紹介します。

特集の内容は理解できましたか?

  • よく分かった…29人
  • だいたい分かった…18人
  • 少し分かりにくかった…1人
  • よく分からなかった…0人

興味が持てましたか?

  • 興味が持てた…45人
  • 興味が持てなかった…3人

分かりにくい記事はありましたか?(主な物を抜粋)

  • 人と動物が笑顔でいるために

ご意見・ご感想(主なものを抜粋)

特集「人と動物が笑顔でいるために」

  • 動物が好きで、そのかわいらしさと人間とのかかわりの重要性を知っているので、ペットや動物の保護については前々から関心を持ってきました。自分自身も何か、たとえばボランティアなどで貢献できることができればいいと思っています。

  • TNR活動って素晴らしいですね。犬にはできないのでしょうか?広く寄付を募り、寄付をいただいた人には桜猫の写真を送れば活動が広く大きく回りだすのでは?

  • 住んでいる住宅地内で、猫屋敷といわれるお家があり、ネコをたくさん大事に育てていらっしゃるので、この家の方なら大事に育ててくれるだろうと子猫を置いて行かれる方がいるそうです。猫の数も増えて困ってらっしゃるので飼い猫は去勢手術をして大事に育ててあげてほしいと思います。

  • 動物といえども命があります。殺処分で命を無くす動物が少しでも減ることを祈ります。

  • 人間と動物との共存は、大事だと思う。

  • 不妊手術済みの猫をさくらネコとは初めて知りました。

  • 特集記事、良かったです。ねこが好きで子供が飼いたいと言っていますが責任を持てるのか、最後まで大切にできるのか。なかなか、簡単にはいかないと思いました。

  • 「ひだまりにゃんこ」さんは名前は聞いたことあるものの詳しい活動内容は知りませんでした。今回の特集で知ることができました。

  • 私も猫を2匹飼っています。1匹は迷い猫、1匹は譲渡してもらった保護猫です。ひだまりねこさんの譲渡会にも行かせてもらったこともあります。1匹でも不幸な猫が減っていく世の中になりますように。活動を応援しています。

  • TNRという取り組みを初めて知りました。ペットと人間が幸せにくらせる世の中であって欲しいと思います。

  • ペットと防災というのは盲点でした。ペット用の非常袋、言われてみれば確かに必要そうですね。…もっとも自分はそもそもペットを飼ってなかったりしますが。

  • 写真の方々の表情がとても良く、動物を大切にしている気持ちが伝わった。

  • 自宅でペットを飼わないが、近くで猫の外歩きを見かけなくなった。上手な飼い方をされていることで、野良猫が減っているのか。『TNRの取組』も理解できました。

  • 野良猫の譲渡会が市の催しで、人がたくさん集まる場所で行うことができればと思います。

  • 最近家の周辺では野良ネコ?をみなかけなくなりましたが、運転中に道路上で車に轢かれたであろうネコを度々見かける事があります。その様なネコたちも減ったらいいなあと思います。

  • お互いに生きものです。長年、色々と癒し、癒され暮らす仲間です。家族の一員と考えて最後まで飼ってやりたいものです!

  • 私たちの地域でも空き家等に住み着きゴミを荒らしたり、庭を荒らして糞尿をしたりで困っています。私は猫が苦手で何も出来ませんがよろしくお願いいたします。

  • 家の前がペットの散歩の糞害にあいました。TNR以外の取り組みも盛り込んで今後もよろしくお願いします。

  • 動物は死ぬと可愛そうに思う程度で飼ってないのですが、それよりもっと大変なことだとわかりました。

  • 生き物の殺処分の問題についてかねてからどうにかできないかと思っていたので、このような問題について多くの人に知ってもらう機会を作ることは、とても意義のあることだと思いました。

  • 名張へ転居してきた当時はのら猫(飼い猫?)の糞被害に苦慮しました。行政や民間でペットの取り組みにより、犬、猫に限らずペット共生社会を実現するためのご努力もあり最近は糞被害がなくなったこと実感しています。

  • 私もペットを飼っていますが、ペットを飼い始めるとペットの一生にかかる費用もかなりのものです。知り合いで犬を飼い始めて死ぬまでの費用を記録した人がいます。ざっと300万ぐらいかかったそうです。そういう記事も載せればいいのではないでしょうか。

  • 我が家の庭にも猫が侵入してくるので、野放しにしないでほしいです。名張市でも保活に必死なようで、大変そうです。

  • うちの近所は猫を飼い放ししていて、庭に毎日うんちやおしっこのマーキングをされて困っています。うちだけでなく、他の家でも困っているのを聞きます。飼い放ししてる人は、他の家に迷惑をかけていると思っていません。 一面で、飼い放ししている人に分かるよう喚起して欲しいです。

  • 野良猫に餌を与えるケースはまわりでよくあります。身勝手な行動がどう及ぼすかこのように発信してもらえると嬉しい。

  • 動物愛護については、賛否両論があることをご承知の上で取り上げてもらいたい。

編集後記<担当者からヒトコト…>

先日の台風15号による被害は関東地方、特に千葉県では深刻な被害となりました。避難を余儀なくされた方も大勢おり、被災された方の疲労は計り知れません。
またペットも環境が変わるとストレスが溜まりやすくなります。今号では、突然の災害からペットを守るための対策も掲載していますので、いつ起こるかわからない
災害のときのために、ぜひ参考にしてください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7252(秘書担当)
0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。