メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報なばり > 広報なばりメールサポーター(「広報なばり」へのご意見) > 「広報なばりメールサポーター」によるアンケート結果 > 平成29年度アンケート結果 > 広報なばり1-2号についてのアンケート結果

広報なばり1-2号についてのアンケート結果

更新日:2018年02月02日

今号は、25人の「広報なばりメールサポーター」からアンケートが寄せられました。

ご協力ありがとうございました。


特集「広げたい応援の輪」 について

 市では、子育て支援の取り組みを更に進めていくため、市民総ぐるみで妊産婦や子どもたちを大切にする風土をつくることを目的に、昨年12月「妊婦応援都市」を宣言しました。今号では、まちの皆さんに応援の輪を広げていくことを目的に特集しました。
 

  • よく分かった…15人
  • だいたい分かった…8人
  • 少し分かりにくかった…1人
  • よく分からなかった…1人

興味が持てましたか?

  • 興味が持てた…23人
  • 興味が持てなかった…2人

分かりにくい記事はありましたか?(主な物を抜粋)

特になし

 ご意見・ご感想(主なものを抜粋)

広げたい応援の輪 について

 

  • みんなで、妊婦さんを見守り楽しく子育て出来る市にしたいものです。

  • 少子化があらゆるものを衰退させる最大の原因に思います。名張で子供を産み、育てると得をする環境があれば良いと思います。

  • 妊娠して産婦人科に行くと早産の可能性があるので津の病院に通うように言われた。何かあったら津まで行かないといけないと思うと不安だったので里帰り出産を選びました。危険を伴う妊婦ほど近くの病院に診てもらえたら、と強く思いました。産んでからは近所の方、バスに乗り合わせた方など、とても温かく見守ってもらっているなと感じます。

  • 「妊婦応援都市」宣言じたいを知りませんでした。子育て講座の受講者にホワイトリングを渡しているそうですが、いままでに何人ぐらいに渡しているのでしょうか?

  • 妊婦さんに優しい市であるように市民みんなで取り組みたいです。

  • 子育て出来る地域あるようにみんなの手だすけしたいですね

  • みんなで少子化をとめなければならないと思う。

  • 住み良い街にして行きましょう、皆んなのチカラで

  • 柔軟に色んな意見を聞いて、取り組んで、本当の「妊婦応援都市」になっていってほしいです。

  • 核家族がほとんどなので、子育てて悩んでいるお母さんは多いと思います。子育てを支援する場所が増えると良いと思いました。

  • 2人目、3人目を考えてもいいかなと思えるような市になってほしいと思いました。

  •  

    ホワイトリング・・・グッドアイデアですね。海外生活を経験しているのですが、アメリカでは街ですれ違う時にはハーイと微笑みを交わします。それだけで心が和みます。日本では難しいですよね。でもこのホワイトリングがあればこちらも声を掛けやすいです。

その他の意見

  • 「ひまわり」の内容にはとても共感を覚えました。外国では、確かに他のアジアの国の人と間違えられるし、日本では、外国の人には英語で話しかけてしまう、その認識を変えねば、と常々思いながらできていません。再度反省することができました。

  • 消防白書の火災件数19件で昨年より「7件増」というのは、異常に多い件数の増と思われます。約160%ですから。近隣市町村との比較などまたの機会に、知りたいと感じました。救急車の出場状況・搬送人数いづれも減少となっており、喜ばしいと感じました。緊急時の対応「ご苦労さまです」と感謝しております。

  • 毎号知らなかった事柄を知る事が出来ています15日がお菓子の日で有った事、2月に法正さんというシンガーソングが議場コンサートに出演されるという事、もっと広く宣伝したらどうですか。

  •  

    新しい観光大使の鮫島リクくん。初めて知りました。もっと色々PRして前に出てくる事を期待しています。

編集後記<担当者からヒトコト…>

 妊婦さんへのインタビューをした時に、普段の生活で困っていることやこんなことしてくれたら助かるなどの話を聞いた時は、自分の家庭にも当てはまりドキッとしました。私ももっと頑張ります。
 市では、妊産婦や子どもとの接し方など、子育てについて学べる講座を開講しているので、興味を持たれた方はぜひ、ご参加ください。
 

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7252(秘書担当)
0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。