メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 市政情報 > 広報なばり > 広報なばりメールサポーター(「広報なばり」へのご意見) > 「広報なばりメールサポーター」によるアンケート結果 > 平成29年度アンケート結果 > 広報なばり9-1号についてのアンケート結果

広報なばり9-1号についてのアンケート結果

更新日:2017年09月15日

今号は、29人の「広報なばりメールサポーター」からアンケートが寄せられました。

ご協力ありがとうございました。

 

特集「今からでも間に合う!歯周病対策」 について

 市では全ての市民が元気で暮せるまちを目指して「まちじゅう元気推進都市」を宣言しています。皆さんの歯や口の健康を守ることもその取組の一つです。
今号では、歯を失う最大の原因である「歯周病」が体に及ぼす影響やその予防策についてご紹介します。   
                                      

  • よく分かった…20人
  • だいたい分かった…8人
  • 少し分かりにくかった…1人
  • よく分からなかった…0人

興味が持てましたか?

  • 興味が持てた…29人
  • 興味が持てなかった…0人

ご意見・ご感想(主なものを抜粋)

「今からでも間に合う!歯周病対策」について

  • 歯は定期的にチェック必要と思うのですが、心機一転!行動開始ですねー

  • 歯周病が成人が歯を失う1番の原因だと知ってびっくりしました。歯周病にならないように家でしっかり予防することが大事だと改めて思いました。無料の歯周疾患検診はありがたいです。5年に一度ではなく毎年あると嬉しいです。

  • 虫歯、歯周病と口の健康は大切です。私も、定期的に検診チェックしています。

  • 自歯がなくなって噛む事が減ると、体の色んな部分が不調になる様な事を、聞いたことがあります。毎日のケアと定期検診で防げる事なので、制度を利用しない手はないと思いました。

  • 歯周病は他人事と思いがちです。私も前回の無料検診ではじめて検診を受け、歯周病であることが判明しショックを受けました。それ以来、ケアが十分とはいえませんが、意識するだけで違いが出てきました。無料検診に感謝です。

  • 歯は突然痛くなります。疲れていると、神経が過敏になったりします。定期的に歯医者さんに通うようにします。

  • いま虫歯の治療中です、仮の詰め物なので冷たいものも熱いものもしみますし、少しでも固い食べ物だと痛いです。美味しいものを美味しくいただけるために歯がとても大切と身にしみて感じています。これからも定期的に診察を受けていこうと思っています。(特集私にとってはタイムリーでした)

  • 自分の歯を出来るだけ長持ちさせたいと思う。

  • 歯周病予防は、他の病気よりも疎かにしていました。邪魔くさがらず、歯を丁寧に磨きます。

  • 歯周病に気をつけて、健康寿命を市民みんなで延ばしたいです。

  • 自分も 糖尿病が有り 歯周病の予防で歯ブラシと歯間ブラシを使い、2ヶ月に1回歯科検診でケアをしています。

  • 高齢者に必要な記事、内容で興味が持てた。もっとPRに努める必要を感じた

  • 何時迄も元気で居るのには、足腰がしっかりして居る事と自分で色々な物が食べられる様に歯が丈夫である為にケアーするのが大切だと思います。私も月一の手入れに歯医者に行ってます。それでも歯は弱って来ます。もし手入れ無しならすでに入れ歯かとつくづく思います。

  • 妊婦の時、歯の無料検診を使わせてもらいました。歯医者に行くきっかけになったのでありがたかったです。年齢の節目でも無料検診があるのを初めて知りました。

  • 予防歯科検診、名張市では節目年齢のみの実施とのことですが他の市町村では年齢関係なしで年1回実施してくれるところもあるそうです。名張市もそうすべきでは。

  •  

 その他の記事について

  • ゴミの分け方、出し方がわかりやすかった

 

編集後記<担当者からヒトコト…>

 私はこの紙面の製作中に、口で息を吸い込むだけで歯がズキズキ痛むようになりました。病院へ行ったら歯周病と診断され、現在治療中です。食事も苦痛で、ひどい時は耳や頬まで痛みが広がり、痛み止めが手放せません。
体が病気にかかっていないかチェックするためにがん検診や人間ドックなどを受診している人は多いと思いますが、口腔の検診を受けている人は少ないように思います。
市では、節目年齢の人たちなどを対象に無料で受けられる歯周疾患検診の受診ハガキを送付しています。
お口の健康を守るため、皆さんもぜひ、歯の検診を受診してみてください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7252(秘書担当)
0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。