メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 市政情報 > 広報なばり > 広報なばりメールサポーター(「広報なばり」へのご意見) > 「広報なばりメールサポーター」によるアンケート結果 > 平成29年度アンケート結果 > 広報なばり8-1号についてのアンケート結果

広報なばり8-1号についてのアンケート結果

更新日:2017年08月15日

今号は、29人の「広報なばりメールサポーター」からアンケートが寄せられました。

ご協力ありがとうございました。

 

特集「空き家を生かす」 について

 管理されていない空き家の増加による、防犯上の危険や景観の悪化が全国的にも大きな問題になっています。
 もちろん本市も例外ではありません。空き家は当事者だけでなく、地域全体の問題です。
 市では本年度から、市内3つの地域をモデル地域として指定し、空き家の活用そして若者の移住定住につながる取組を協議しています。   
                                      

  • よく分かった…16人
  • だいたい分かった…8人
  • 少し分かりにくかった…5人
  • よく分からなかった…0人

興味が持てましたか?

  • 興味が持てた…26人
  • 興味が持てなかった…3人

ご意見・ご感想(主なものを抜粋)

「空き家を生かす」について

  • 空き家問題は旧町だけでなく、桔梗が丘や百合が丘などの住宅でも起こっている事なので、名張への移住計画につなげていけるような連携ができればいいなと思う。
  • 全国で空き家が問題になっていることはニュースで知っていました。名張市も色々対策をしていることを今回知りました。空家の活用方法で補助が出るのは知りませんでした。補助金を利用してくれる人たちが増えると名張市が活気が出るので期待したいです。
  • そう遠くない将来、実家が空き家になる可能性があります。そのときのために勉強しておかなければと思いました。取り組みがもっと広がっていくといいと思います。
  • 少子化による空き家問題は、今後継続した問題であると思う。いかに有効活用する事が重要な課題だと思う。
  • 空き家の有効活用が出来たら素晴らしいですね。草が茂った空き家が多いと街全体が暗く感じます。
  • 空き家を利用してくださる人に親切に接することで協力したいです。
  • 空き家を生かす取り組みで  成果上がるように なればいいですね
  • 「空き家を生かす」は良い企画だと思います。安い家賃にし、若い夫婦も住みやすい町になれば良いと思います。
  • 空き家率は将来的には40%になるとかいう怖い予想もあるようです。空き家バンクを通した物件の流通が活発になるとよいのですが。
  • 地元の赤目地区、仕事上関わっている鴻之台希央台地区と、対照的な違いを肌で実感しています。長坂地区には都心から移住された方々が地域の皆さんに上手く溶け込み、田舎暮らしをエンジョイされています。そういった成功例を挙げて、移住・定住を勧められたら良いのではと思います。また、空き家になって年月が経っているのか、いつ倒壊してもおかしくない様な建物も目立ちます。早急な取り壊しをお願いします。
  • 我が家のまわりにも空き家が多くあり、とても心配しています。重要な課題としてぜひ取り組みをしていただけると助かります。空き家があることのマイナスより、なくなることのプラスがずいぶん大きいと思いますので。よろしくお願いします。
  • 空き家は身近な所にたくさんあります。このままでは間違いなく増えていくと思います。思い切った政策で空き家を減らしていくように期待します。
  • 廃屋状態になっている空き家も多く見られる、コチラも行政で素早く処理できるよう、問題が出る前に対応よろしく
  • 2面の空き家バンク登録の呼びかけについては、市外居住者が主だと思います。彼らに固定資産税徴収時などにもっと呼びかけをした方が良いと思います。
  • 2面右欄「市外の子育て世代」と「県外からの移住者」支援内容をもっとわかりやすく表形式でアピールした方がいいと思いました。
  • 2ページを使っての説明、よくわかりました。定期的に最新情報を見たいです。
  • 市は3つの地域から1カ所ずつ、桔梗が丘地域、名張地域、赤目地域を選び空き家等利活用促進地域に指定して空き家対策に取り組んでいくようですが、新たな造成地に建築された住宅が半世紀ほどで古び、毎日あふれていた子供の声が老夫婦の会話に変わっしまった。この原因は名張市には、若い人の働く所が無いからです。空き家は、増加するばかりです。
  • 空き家の多さに驚き、その理由が何か。どうしてかというところを記事にしてほしいと感じた。つまり、空き家になるというのは、名張市に不便さ、住みにくさを感じた人が他地区(つまりもっと便利で住みやすい場所)に移転したことが大きな原因の一つなのだと思いますが。勿論、空き家対策も大切な施策ですが、それと合わせてもっと高齢者に住みやすい「安住の地」にすることも、大切でかつ緊急の課題でしょう。各地域づくり協議会などでもすすめられているのでしょうが、そのスピードを速くすることも 今求められている課題なのでしょう。

 

 その他の記事について

  • 予防接種はお済ですか?の記事ですが、もう少し定期的に載せていただければと思います。赤ちゃんが産まれてから続けて予防接種がありますが、ひと段落つくと打ち忘れる事も多いようです。よろしくお願い致します。
  • 「農業委員会が新しくスタート」の農ガールの記事は、農業委員会の記事とは別に、大きく取り上げた方が良かったと思います。
  • 広報なばりのメールアンケートが届いてから、数日から5日ぐらい経って、広報なばりが届いてきます。もう少し、広報なばりが早く届けることができないのでしょうか?

 

編集後記<担当者からヒトコト…>

 
空き家は、所有者が責任を持って管理することが当然です。
しかし、一度放置されると解決が困難になる場合が多く、防犯上や防災などの面からも地域全体の問題となっていきます。
モデル地域の会議に伺いました。
「あの屋敷はとても立派で、空き家にしておくのはもったいないよね」
「持ち主の息子さんは○○に住んでいらっしゃるのでは」・・・
地域のことをよく知っているのは、地域の皆さんです。普段からご近所同士のつながりがあり、地域をあげて空き家問題に取り組んでいるとなれば、所有者からの協力も得やすいこともあるかもしれません。
放置される空き家が増えないようにするため、市では、地域の皆さん、事業者などと連携しながら、空き家対策に取り組んでいきます。


 

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7252(秘書担当)
0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。