メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 市の概要 > 伝統 > かたやき

かたやき

更新日:2015年07月02日

時間と人が生んだ名張の風味

  • 和菓子の画像

    かたやき・草もち(写真)

 城下町の風情が漂う伝統の銘菓「かたやき」は、もともと戦国時代に伊賀忍者が携帯兵糧として考案し、使用しはじめたものと伝えられています。戦においてこの「かたやき」をよく用いた武将に百地丹波がいます。彼が天正伊賀の乱において赤目山麓の柏原城にたてこもり、持久戦に持ち込んで織田軍を悩ますことができたのもこの「かたやき」があったからだと言われています。
 戦の兵糧として生まれた「かたやき」は、江戸時代になると砂糖などを加えたお菓子に姿を変え、広く庶民に愛されるようになりました。風土と人の知恵が生み出した「かたやき」は、歴史を感じさせてくれる名張を代表する銘菓です。
 また、草もちも名張を代表する人気の銘菓。よもぎ、もち粉、小豆、砂糖を原料に、こねて、蒸して、つくと言った昔ながらのつくり方を守り、ひとつひとつ丁寧に手で形を整えていきます。口のなかに広がる素朴な風味が自慢です。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7252(秘書担当)
0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。