メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 市の概要 > 伝統 > 酒づくり

酒づくり

更新日:2015年03月19日

時と人の合作

  • 酒づくりの写真

    酒づくり(写真)

 良いお酒と言うのは「米・水・寒」が三位一体になってはじめて生まれるもの。伊賀の大地を覆う金色の稲穂、名張川や赤目四十八滝の清らかな水、そして冬にまちを包む盆地独特の寒さといったお酒造りには欠かせない条件を兼ね備えた名張は、まさに銘酒の里と呼ぶにふさわしい土地と言えます。
 そんな名張のお酒造りは、鍛冶町の辻源兵衛と言う人物によって元和7年(1621年)頃にはじめられたのが最初だそうです。

 豊かな自然と長い歴史につちかわれた技が融け合い、ゆっくりと時間をかけ生み出される名張の美酒は、どれも銘品ぞろいです。
  • 吊るされた杉玉

    新酒が出来たことを知らせる杉玉

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7252(秘書担当)
0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。