メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 市長の部屋 > 市民の皆さんへ > 平成27年度 > 平成28年1月

平成28年1月

更新日:2016年01月12日

 

 

 あけましておめでとうございます。
 市民の皆様には、希望に満ちた新年を健やかにお迎えのことと心からお喜びを申し上げます。

 さて、名張市の昨年を振り返りますと、まず、スポーツでの当市の選手の活躍がございました。
 6月には第6回世界なぎなた選手権において田中康介選手が団体3連覇、個人2連覇を達成され、10月には第70回国民体育大会において奥西真弓選手が成年女子馬場馬術と自由演技馬場馬術競技において優勝されました。当市の選手の活躍は、私たち市民にとりましてもうれしい限りであり、誇りでございます。
 次に、市政に目を転じてみますと、8月に「名張市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、また、名張版ネウボラについて、「子育て世代包括支援センター」を設置し相談機能の充実・強化を行ったほか、閉校になった旧小学校の建物の活用や「実践型地域雇用創造事業」による雇用の促進及び地域の活性化、子ども医療費の助成対象範囲の拡大、一般不妊治療助成や介護予防・日常生活支援総合事業の実施、市内全コンビニエンスストアへのAED設置など、若い世代が子どもを産み育てたいと思うまち、いつまでも健康で元気に働くことができる生涯現役のまちを推進してまいりました。 

 本年は、新たな総合計画『新・理想郷プラン』の始動の年となります。これまでの流れをさらに推し進め、「福祉の理想郷」を実現すべく取り組んでまいります。
 中でも、福祉のまちづくりの集大成とも言うべき「地域福祉総合支援システム」に今年から全国初で取り組みます。
これは、地域包括ケアシステムが基本にありますが、単に高齢者のみならず、就労支援、子ども、健康づくり、障害者、空家、DV、生活困窮者、消費者被害、認知症、難病対策等の相談に対し、ワンストップ窓口で対応できるようなシステムです。
 こういった取組を、地方創生、一億総活躍社会、そして新福祉ビジョン、これらをリンクさせながら、国・県と連携して行い、この2年の間に名張市躍進のための土台づくりに目処をつけておきたいと思っております。
 市民の皆様には引き続いてのご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 最後になりましたが、本年が皆様方にとりまして、幸せで希望にあふれた年となりますよう心からお祈り申し上げ、新年のご挨拶といたします。

 

 

 

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7252(秘書担当)
0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。