メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 市長の部屋 > 市民の皆さんへ > 平成27年度 > 平成27年6月

平成27年6月

更新日:2015年06月08日

 いよいよ梅雨入りの時節となってまいりましたが、市民の皆さんにはお変わりなくお過ごしいただいているでしょうか。

 さて、私は、年に幾度か、いろいろなところからお声をかけていただき講演をさせていただいておりますが、当市の地域包括ケアシステムをテーマとしたご依頼が多く、県外では、昨年10月に熊本市での「介護保険推進サミット」、11月に名古屋市での「在宅医療推進フォーラム」、本年5月には群馬県渋川市での「在宅医療・介護推進講演会」などで講演をさせていただきました。
 地域包括ケアシステムとは、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援を一体的に提供する体制のことです。
 名張市の高齢化率は、全国平均を下回っていましたが、平成25年度に全国平均の25%に並び、今後は全国平均の倍のスピードで高齢化が進んでいきます。
 また、ひとり暮らし世帯などの少人数の世帯が増えており、しかも、65歳以上のうち、約1割弱の方が認知症の方です。
 そんな中、高齢者の方へアンケート調査を行いますと、住み慣れた地域で生活したいとおっしゃる方が、70%いらっしゃいます。
 こういった高齢者の方の思いを叶えるために、地域包括ケアシステムを整えてまいりましたが、それには、何か異変を発見すればすぐに通報していただくといった地域で見守る体制が不可欠です。
 当市では、これまで地域住民、民生委員・児童委員、地域の役員の皆さん、各種福祉サービス提供事業者、まちの保健室等がいろいろな場面で高齢者等への見守り支援を行ってきましたが、より一層見守り支援ネットワークの充実を図っていく方法として、民間事業者の方のご協力をいただくこととし、平成25年1月に日本郵便会社名張郵便局様に、本年4月には、水道の検針を行っていただいております第一環境株式会社中部支店様にお願いし、地域の見守りに関する協定を結ばせていただきました。
 そして、6月1日には新たに名張近鉄ガス株式会社様、伊賀南部農業協同組合様、名張新聞販売組合様、北伊勢上野信用金庫様の4つの事業所の皆様方と協定を結ばせていただくことができました。各事業所の皆様方には厚くお礼申し上げます。
 今後もご協力いただける事業所が増え、ゆくゆくは、市民総ぐるみで見守り活動を実施していけるようなそんな環境になればと、思っておりますので、引き続きのご指導、ご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 入梅の季節を迎え天候も不順なことから、市民の皆さんには体調に充分ご留意をいただきたいと存じます。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7252(秘書担当)
0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。