メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 市長の部屋 > 市長への手紙 > 平成26年度 > 【くらしと環境】提案があります(10月3日受付)[掲載日:平成27年2月27日]

【くらしと環境】提案があります(10月3日受付)[掲載日:平成27年2月27日]

更新日:2015年03月14日

ご意見

  1. 箕面市が市内小中学校の通学路に防犯カメラ(ビデオ)の設置をするとテレビのニュースで報じられていました。名張市でも取組めませんか。
  2. 赤目四十八滝へ通じている県道の工事の進捗状況はどうですか。また、千手滝付近のバイオマストイレと同様のものを笄(こうがい)滝付近に設置してもらえませんか。
  3. 中央公園にある展望台の公開時間の延長をお願いできませんか。
  4. 公共施設や横断歩道橋に市内のぶどうなどの特産品をペイントしてみたらどうでしょうか。
  5. 名張川の河川敷の(遊歩道)整備を要望します。

回答

防犯カメラ(ビデオ)の設置について

通学路の安全確保については、地域の皆さんや名張市生活安全推進協議会交通安全部会の皆さんに、常日頃からお世話をいただいているところです。また、不審者の情報をメールで一斉送信して注意を促すなどの事件防止に取り組んでいます。

ご指摘の装置は地域づくり委員会の予算で設置いただいている箇所もありますが名張市全域にとなりますと予算確保やプライバシー保護との兼ね合いなど解決できていない大きな課題がありますことにご理解をいただきたいと思います。

県道赤目滝線の整備と笄滝付近のトイレ改修について

赤目四十八滝に通じる県道赤目滝線の赤目駐在所付近から木戸口バス停付近の約1.1キロメートルについてはバイパス道路の工事が進められていて、この区間が整備されますとマイカーをはじめ観光バス等の通行がスムーズになると考えます。

その他にも、近鉄赤目口駅から赤目駐在所付近の間については、歩行者の安全確保のため「あんしん路肩」の整備、更に、赤目町長坂地内で落石等の被害を防除するため災害防除事業に取り組んでいます。

市としましては、事業主体の三重県と連携して今後も努めてまいります。

笄滝付近のトイレ改修については運搬車両や作業用重機の進入が困難で資材搬入や工事において手作業が主となり、多額の費用がかかることが予想されます。

ご意見のとおり豊かな渓谷の自然環境を保全することために千手滝に設置しているエコトイレは有効な手段と考えますので、管理をしている赤目四十八滝渓谷保勝会と連携し、国・県の財政的な支援を視野に入れながら、検討してまいりたいと考えております。

中央公園展望台の開館時間の延長について

ご意見をいただきました中央公園展望台は、一日に30人程度、年間では9,000人弱の来場者があり、特に4月と5月は市内の小学校行事で多くの児童にお越しいただいています。

開館時間の延長につきましては、ニーズの把握など総合的な観点から最良な運営方法を検討してまいりたいと考えておりますので、ご理解賜わりますようお願いいたします。

「ぶどうをイラスト」化した看板(ペイント等)の設置について

直ちに実現することは難しいと考えますが周辺の風景との兼ね合いや安全面の検討も加え今後の修繕計画の参考にさせていただけるのではと考えます。

名張川の河川整備(遊歩道等)について

名張川の河川改修につきましては、「淀川水系河川整備計画」に基づいて今後国土交通省が堤防整備などを進めることになっています。

市としては、市民の皆さんの安全・安心の向上に向けた流下能力を確保することはもちろんですが、市街地を取り囲むように流下していることを踏まえ、皆さんのご意見を参考にさせていただきながら親水施設などにより河川施設の多目的利用が可能となるような整備を求めているところです。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7252(秘書担当)
0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。