メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 市長の部屋 > 市長への手紙 > 平成26年度 > 【くらしと環境】市職員の不祥事およびペットのふん対策について(7月24日受付)[掲載日:平成27年2月20日]

【くらしと環境】市職員の不祥事およびペットのふん対策について(7月24日受付)[掲載日:平成27年2月20日]

更新日:2015年03月14日

ご意見

  1. 名張市の職員の虚偽文書作成、公金2,300万円不正支出の件について他、不祥事が絶えないのはなぜか。教育委員会同様、関連者がチェックしても意味がないのでは。税監査のように外からの監査等を入れるべきではないですか。
  2. 街のあちこちに犬や猫のふんがあります。心無い飼い主がなんと多いことでしょう。高齢化が進むと問題は深くなると思われます。抑止力の意味でも罰則の条例を作るか、市内でふんの置きざり禁止を広く呼びかけるか。未来の名張市の環境衛生の為にもぜひともお願いします。 

回答

  1. 職員の不祥事に関しましてご心配やご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。
    名張市職員の虚偽文書作成については、記者会見も開かせていただき新聞等で報道されましたように、不当要求行為および不適切な事務が疑われるということで、市としても外部委員による調査委員会を設置し調査しています。
    この委員会から不当要求行為等の未然防止および法令を遵守した公正な職務の執行を確保するための措置についても報告をいただくことになっており、これらも踏まえ、不当要求行為等があっても組織的な取り組みにより、法令を順守した職務の執行に努め、市民の皆様の信頼を損なうことのないよう取り組んでまいります。
    外からの監査をというご提案に近しい形で今回の事案に取り組ませていただいていることをご理解いただけたらと思っています。
  2. ペットのフンについては、放置すると不衛生になったり悪臭の元となったりと周辺の皆さんの迷惑となるため、市では犬を散歩させる際にはスコップやビニール袋等を持ってのフン回収を呼び掛けております。
    現在、フンの放置に対する罰則を定めた条例はありませんが、各地域の取組の中で、「ペットの糞公害のないペットを愛するまちづくり」等の実施計画を地域ビジョンに盛り込んでいる地域もあります。
    また、環境対策室では、フンの放置で困っているという人や区・自治会に、啓発看板をお渡ししているほか、集団注射の際や広報等でもマナー向上を呼び掛けています。
    飼い主にとって安らぎを与えてくれる存在のペットも、マナーを守らなければ、周囲の人に迷惑をかけることになります。
    市では今後も飼い主の皆さんへマナー向上について啓発してまいります。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7252(秘書担当)
0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。