メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 市長の部屋 > 市長への手紙 > 平成25年度 > 【行政のしくみ】ふるさと納税について(1月6日受付)[掲載日:平成26年1月30日]

【行政のしくみ】ふるさと納税について(1月6日受付)[掲載日:平成26年1月30日]

更新日:2015年03月18日

ご意見

いつも名張市の為にご尽力くださりありがとうございます。
今回お手紙を出させていただいたのはふるさと納税のことです。
名張市でも資金確保の為に、力を入れられてみてはいかがでしょうか?
ご存知とは思いますが、今ふるさと納税が密かにブームになっております。
寄付をして下さった方へのお礼のお品(寄付金の半額程の特産品等)に力を入れておられる所では年間1億円以上の寄付金が集まっているそうです。

名張市は特産品の宝庫です。

伊賀牛(お礼のお品人気ランキングNo.1、肉)
伊賀米(お礼のお品人気ランキングNo.3、米)
地酒やワイン(お礼のお品人気ランキングNo.4、酒)

ぶどう(果物も大人気です)
など他県に誇れる美味しい物がたくさんあります。

今現在はお礼のお品として30万円以上寄付していただいた方へ感謝状進呈となっていますが、来年はそれだけでなく、特産品を武器に、ふるさと納税で寄付を集めていただき中々厳しい名張市の財政を潤わしていただき、市だけでなく特産品の生産者の方々そして名張市民を潤わしていただきたいです。
ぜひ一度ご検討お願い申し上げます。

追伸

ふるさとチョイスという人気サイトに色々な市や県が情報を載せています。
ぜひ一度そちらもご覧いただきご検討くださいませ。

回答

 平成20年から始まりました「ふるさと納税」制度は、ご自身のふるさとや応援したい自治体へ寄附することで、寄附金額を控除する寄附金税制でございます。当市におきましても制度開始当初から、制度を導入し名張市のまちづくりに対して、市民の方はもとより市外にお住まいの方々から多くのご支援をいただいております。

 制度導入後5年が経過し、各自治体がさまざまな取組を行っている中、寄附者との関係づくりとして「礼状、感謝状等」だけでなく、「特産品等」をお礼としている市町村が約5割程度となっております。さらに、特産品の返礼を始める自治体や、特産品を充実させた自治体は、寄附者並びに寄附額が増加している傾向にあります。

 そのようなことから、当市といたしましても寄附金だけでなく地域特産品のPRの機会と捉え、現行の寄附者への「礼状」や「感謝状」に加え、返礼品につきまして現在検討をしているところでございます。制度充実により名張市出身いかんに関わらず市外にお住まいの名張市のまちづくりに共感を持つ方々やふるさと「名張」への想いを持つ方々を、ひとりでも多く増やしていければと考えております。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7252(秘書担当)
0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。