メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
名張市イメージ

トップページ > 市長の部屋 > 市長への手紙 > 平成25年度 > 【健康と福祉】医療費の改革について(4月22日受付)[掲載日:平成25年8月14日]

【健康と福祉】医療費の改革について(4月22日受付)[掲載日:平成25年8月14日]

更新日:2015年03月14日

ご意見

これからますます高齢者が増加するのはわかります。
今市民病院の患者さんが難解な病気になって市民病院で手術をする事が出来ないので他の病院に搬送したりしますので予算がオーバーになるので、現状の医師1人難解手術出来るとこへ行って実習を受け、それを他の医者にも教えてやれば医者の質もあがり、搬送も少なくなり、医療費も抑制出来ると思い提案しました。

回答

高度な医療が必要な病気の治療には、医師や看護師などの技術はもちろんのこと、それに対応した高度な医療機器や設備が必要であり、その費用は大変高額なものとなります。
また、市立病院の200床という規模では、どのような病気にも対応ができる機能を持つことは難しい状況にありますことから、二次救急医療を中心とする脳および循環器 など一刻を争う病気に対応できる病院づくりに努めてまいりました。
今後も限りある医療資源を有効に活用するため、一次、二次、三次医療の連携を積極的に進めてまいりたいと考えております。
いずれにいたしましても、ご意見のありました医師の技術向上につきましては、各種の学会や研究会・研修会への参加を通じて日々研鑽を積んでいるところであり、今後も市民の皆様に親しまれ信頼される病院づくりに一層取り組んでまいりますので、ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報室
電話番号:0595-63-7252(秘書担当)
0595-63-7402(広報担当)
ファクス番号:0595-61-0815

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。